「へうげもの」山田芳裕
a0030177_12385074.jpgパイナップルのボウルに桃、柿、ビワを盛りあげ練乳とヨーグルトであえる、戦国時代究極の贅沢珍味「安土盛り」。戦勝宴でこの常軌を逸した怪デザートを出された徳川家康は激怒し、得意顔の接待役に切腹を迫ったという。


もちろん家康は料理の味にけちをつけたわけではなくて、彼なりの倹約主義にもとづいて過度の贅食に対する怒りを表明したまでなのでしょうが。というかそもそもこの逸話自体たぶん創作なんですが。

それにしても、こうした「数寄」を愛する数寄者とはいったいどういう人たちなのか?
辞書を引くと「茶の湯や和歌など、風流風雅を好む人のこと」とあります。これだけ聞けば特に珍しい人種という印象ではありません。ただし、時代が戦国時代となると………それはそもそも、現代と同じ感覚で語れる「趣味」なのだろうか。戦争がさほど日常から遠くない領域の出来ごとだった400年前の日本で「趣味人」たらんとすることの意味は、もしかしたら現代の「趣味」とは比較にならないほど重いものではなかったのだろうか。

本来なら生存競争に勝つためにのみ消費すべきリソースを茶碗だの茶室だの傾きファッションだのに注ぎこみ、集めたコレクションを眺めてはニヤニヤしていた戦国武将たち。達観の極なのか、はたまた単なる刹那主義なのか。彼らの精神において、生と死と趣味、それぞれの価値のバランスはどのようになっていたのだろう。うーむ。
いったいどのようにしてか、乱世ならではの無常観と子供じみた物欲とを武士としてのアイデンティティの中に矛盾なく融合させて生きていた戦国時代の芸術オタク=「数寄者」たちの姿は、僕の目にはなにやら無性に魅力的に映ってしかたがないのです。面白おかしいやつらがいたもんだなあ、って。


ちなみに上のパイナップルのエピソードで、早すぎた料理センスが災いしてあやうく首を飛ばしかけたお茶目武将の名前は古田佐介さん。織田信長や豊臣秀吉ほどの強烈な個性はありませんが、このひとが一応「へうげもの」の主人公です。のちの名は古田織部。当代随一の数寄者として千利休に茶道を師事し、有名な織部焼きの開祖としても名を残した人物です。「へうげもの」の「へうげる→ひょうげる」は「おどける」ってこと。
よいか等伯殿……これは合戦ぞ
その方はその筆鉄砲で見事狩野派を打ち破られい
そしてそれがしはこの目利き刃をもって 並み居る大大名を劈き……
数寄の天下を獲る!
この啖呵、しびれる!
彼の革新的なひょうげっぷりはパイナップルの件をはじめとして本編の中で存分に語られていますので、興味をもたれた方はぜひご一読を。

あと、日本史の伝記漫画に堅苦しくてとっつきにくそうなイメージをもってる人がいるかもしれないけど、この作品に限ってそれはないです。笑いあり泣きあり燃えありのパワフルなストーリー、史実とは一味違う個性的なキャラクター、緻密な歴史考証のすき間をかいくぐる大胆な"裏"歴史の面白さ、骨太で精密な作画などなど、消化しきれないぐらいに読みどころ山盛りなんで。
実際、4冊合計2000円少々でこの満腹感はありえんって。
もう強力にプッシュしてしまいますよ。買え! 買い求めおろう! そして漫画読みの至福を味わえ!


──────
最近の連載漫画でがんばって追いかけてるのはこの「へうげもの」とSBR、それ町、ヴィンランドサガぐらい。不精者なのでたったこれだけでも全チェックはしてないんですけど。

それ町はいいです。異常なまでに和みます。アニメ化されないのが不思議。

──────
冲方丁『ばいばい、アース』文庫になって復刊
おお。中古がバカ高でずっと買えずにいた作品だ。食指が動きます。表紙の天野義孝絵はそのままの方がいいかな。

──────
時をかける少女がすて6にまるごと上がってるよ。いけないこ。

[ニコニコ] 【らき☆すたMAD】ジンギスカン Ver1.01
あと一歩で化けそうなのに…という微妙な歯がゆさ。

[ニコニコ] ソ連兵による革命的コサックダンス
宣伝の方向性に疑問はあるけど、とにかくすごいです。
[ニコニコ] 赤軍合唱団コサックダンス inバチカン公演
舞台演舞として洗練されたバージョン。かちょいい。

[ニコニコ] がんばれプレストン
ガン=カタMAD。やはり本家最強。しかしなんだこの再生数は。

[ニコニコ] 【なのは】【MAD】なのはさんでいいよ
応用範囲広そう

[ニコニコ] リバーダンス LIVE FROM NYCより『リバーダンス』
足技系音楽。タップのドライブ感が癖になります。
[PR]
by umi_urimasu | 2007-06-24 12:46 | アニメ・マンガ


<< アニオタ受けする色彩 「太陽の塔」森見登美彦 >>