<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「天地明察」 冲方丁
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_0223532.jpgなんという爽やかさ! これが本当にあの“皆殺しの冲方”の作かと、にわかには信じがたいほど清涼感にあふれた小説でした。マルドゥックヴェロシティみたいな暗黒系が好きな人にはかえって猛毒だろ、これは。プロジェクトX的な意味で、感動的な「いい話」ではあるのですが、思わず修造動画が脳裏をかすめてしまった。がんばれ絶対やればできる。そんなスーパーがんばり学者侍のお話。

僕は杉浦日向子効果で江戸風俗に少し興味があるので、江戸期の天文学や数学についての描写をたいへん楽しく読みました。「算額奉納」や算術をおしえる塾、天体観測装置、絵暦など、江戸時代のいろいろな学問・娯楽・文化が物語に絡んで出てきます。ある意味、チャンバラよりもはるかにリアリティを感じさせてくれる部分です。チャンバラがない代わりに、将軍上覧の囲碁勝負(争碁)がちょっと熱いのですが、それはまあ余禄。

ストーリー自体は、よくある理想化補正入りまくりの歴史偉人伝です。生きがいを見つけられずにいた算術好きの若者・渋川春海が、さまざまな分野の天才たちに出会い、成長し、やがて貞享の改暦という国家的事業に人生をかけて挑んでいく。ただし、その仕事は渋川ひとりの学問上の目標にとどまらず、武断主義から文治主義への移行という武士社会の大転換を象徴するひとつのエポックでもあって(という解釈を作中では採っていて)、「そのとき歴史が動いた」的な大きな視点も描かれています。なかなか壮大な歴史的視野の広がりを楽しめて、よい感じです。

ひとつ、個人的な不満としては、関孝和、水戸光圀、酒井忠清、保科正之ら、登場人物のほぼ全員に強烈な名君・好人物補正がかかっていて、話全体がやたら美談くさくなっていること。そこまできれいごとにせんでもええがね。

文体について。冲方丁の小説はおおむねいつもそうだと思うんですが、この作品も言い回しに凝ったりせず、常に主人公の感情にぴったりくっついた、なんというか、非常に「気持ちがそのまんま」出る文章で書かれています。読みやすく、よく伝わる文章です。美文家とはいえないかもしれないけど、こういうのもある種の達文なのかな。いまいち時代小説っぽくはないけど。あと、冲方丁には一度ヴェロシティ文体でも時代小説を書いてみてほしい。すごくユニークな代物ができそう。

最後に、各所で指摘されていることで、当時すでに地動説が天文学者の間では常識だったとか、渋川春海がケプラーの法則を独自に発見したとか、その他史実に即していない記述がちょこちょこあるらしいです。いわれなければなんとなくそのまま納得してしまうところでした。気をつけよう。小説は意図的か否かを問わずウソの塊なのだという認識は常にもっておきたい。特に歴史伝奇とSFでは、考証の失敗で作品全体が台なしになってしまうこともありうるから。

─────
Time Traveler Caught in Museum Photo?
1940年ごろにカナダ?で撮影されたという古い写真の中に、現代人っぽいファッションの男性が写っていて「タイムトラベラー発見www」と話題に。加工でないとしたらいったい何者だろう。

a0030177_2137169.jpg「歪み真珠」 山尾悠子
ゴールデンウィーク中に読めた本これだけ。でもすばらしかった。彫刻じみた文章美と絶望的なまでの意味不明感。クセになります。夢ってのはこう、理不尽だけど妙なふうにロジカルなことが多いな。全部大好きですが、特に好きな作品をあえて選ぶとしたら「美神の通過」「娼婦たち、人魚でいっぱいの海」「ドロテアの首と銀の皿」あたり。

ゴラムをゴクリ、アラゴルンを馳夫さんと訳した指輪物語の翻訳は糞
「馳夫なら、めったに人の通わぬ小道を通って、あなた方の道案内を勤めることができる。あなた方はかれを連れていくか?」 踊る子馬亭でアラゴルンがみずからを三人称で呼んだ、あの態度がふしぎと印象に残っています。本来は蔑称なのに、さりげなく誇りをもって自称しているようにも思える態度でした。馳夫さんかっこいい。王朝名にまで採用しちゃったくらいだから、じつはアラゴルン本人も相当気に入ってたのではあるまいか。

パオロ・バチガルピ "Small Offerings" 翻訳 - 送信完了。:読書系小日記
バチガルピと聞いて俺様が釣られクマー。読む。うへあ。出産グロ注意

[ニコニコ] マイリスト「人類は組織的抵抗を諦めました」
発売から十年。いまだに時々、無性にガンパレードマーチをやりたくなるときがある。もちろんこんな神プレイはとてもできないのですが。バグ潰し&22人プレイモード付きの完全版発売は見果てぬ夢か。
[PR]
by umi_urimasu | 2010-04-30 00:33 | 本(others) | Comments(0)
映画 「第9地区」
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_17122516.jpgネットで評判になってて、SF系のブログでも注目度が高そうで、「じゃあわしもわしも」と見に行ってしまいました。あーなるほど。これはえげつないな。人種差別と格差社会を皮肉ったブラックな風刺SFなのですが、風刺対象を笑うんじゃなくて、あたかも美徳であるかのように描ききるといういやらしいタイプです。オーウェルとかスターシップ・トゥルーパーズ的ないやらしさですね。これは疲れるわ。反差別をうたうストーリーなのに描写が差別意識まるだしで、胸糞わるい話のくせにどこまでもいい話のふりしてる。無自覚な差別主義者のウザすぎる主人公が家族思いの友情ヒーロー扱いされてて、「ここはオレにまかせてお前だけでも生き延びろ!」と感動で押し流そうとしてくる。じつに意地がわるいです。超げんなりできます。(「げんなりできる」は一応褒め言葉的な意味で)
たぶん、みんなでよってたかってツッコミ入れながら見るほうが精神衛生上よさそうです。

【ネタバレ】「第9地区」をようやく観ました/ヨハネスブルグからの不敵な挑戦状 - 万来堂日記2nd
げんなりできるポイントを広く細かく拾ってまとめてくれている記事。

風刺SFとしては非常にいやらしい、もとい、よくできた作品ではないかと思います。ただ、「特定の社会問題に対する風刺のための寓話」としてみごとにブレがない反面、おそるおそる未知のなにものかに触れるようなSF的な驚きとかいったものは皆無であって、そうした要素をわずかでも期待して見にいった僕としては忍耐が報われない映画でもありました。この映画のエイリアンって姿形がエビなだけで、中身はただの人間だもんな。

─────
バチガルピ・ショートインタビュー - 送信完了。:読書系小日記
フィクションをほとんど読まないというのはちょっと意外かも。好きな短篇作家はテッド・チャンとケリー・リンク。

[ニコニコ] 【アイマス】『アイドルinエルシア』 【D&D】
すいませんTRPGナメてました……。遮蔽とか間合いとか、位置取りがものすごく重視される戦闘をやってるらしい。TRPGときいて思い浮かぶイメージと全然ちがってた。あとホブゴブリン軍団がかっこよすぎて惚れた。

チャールズ・ストロスさん日本で足止め中
なぜか秋葉原の格安ホテルに泊まることにしたという。せっかくだからアキバ見物でもいかが

手塚治虫文化賞大賞は「へうげもの」
祝。これからの柳生描写にも期待しております。また柳生の里いきたいな

[画像] ミナス・ティリス by Rizo
うほっいい城砦都市。でも普通に人が生活する場所としては、あまりに不便で非現実的な気がしてきた。最上部の白の塔の高さは地上300メートルぐらい。東京タワーとほぼ同じ。心臓破りの町だ。

[画像] Magic the Gathering ラヴニカ by Richard Wright
コメント欄で教えてもらいました。グラッツェ。こんなふうな架空都市が3Dモデルデータ化されて、VR環境上でぶらぶら散策できるように……なる日がくるといいなあ

「天地明察」にとりかかる。殺戮も陵辱もないきれいな冲方作品を読むのは初めて。まぶしい。目が、目が~
[PR]
by umi_urimasu | 2010-04-17 16:36 | 映画 | Comments(4)
映画 「シャーロック・ホームズ」
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_21175122.jpg目指したのは「とにかく今までのホームズらしくないホームズ」か。推理よりも暴力で敵をなぎ倒す戦闘探偵とその相棒の戦闘軍医、怒れる筋肉紳士コンビの鉄拳が今日もベーカー街の石畳を朱に染める。いや染めないけど。古典のイメージからの、粗暴ともいえるほどの逸脱ぶりが面白おかしい(と笑ってすませられる人向きの)にぎやかな冒険アクション映画でした。

僕はガイ・リッチー作品というと「スナッチ」と「ロック、ストック~」しか見たことないのですが、ダーティなケンカ描写、短いカットをつないで時間をスキップする演出、それに強烈な訛り言葉のセリフ回しが印象に残っています。今回もそういった要素はあちこちに見られました。スナッチばりの痛そうなボクシングシーンもあるよ。これはあれですかね、ジョジョでいうところの「ゴロツキどもがやる貧民街ブース・ボクシングの技巧」というやつですかね。親指を目につっこんで殴りぬける的な。
主人公がほんとにそこまでしたら正義のヒーローとしては失格だろうけど、このホームズもなかなかえげつない戦法を使います。欧米の作品はどちらかというと、ヒーローのやりすぎ攻撃に対して日本より寛大なイメージがある。民族性の差かなあ。

ストーリーは単純明快、世界征服(笑)をもくろむ怪しげなカルト教団をやっつけてやるぜ。みたいなノリ。僕はヴィクトリア朝ロンドンで冒険活劇というだけですでに上機嫌で、ストーリーよりも背景やセットにばかり見入ってました。煤煙にうす汚れた街、水晶宮にタワーブリッジ、どろり濃厚なテムズ河、謎の中国人。おいしいヴィクトリア朝おいしい。

主演のロバート・ダウニー・Jr(アイアンマンの中の人)については、イメージがちがいすぎる、ミスキャストではないかという声もあるようです。確かにちょっとな。むしろ悪役側のブラックウッド卿の方がずっとホームズらしく見える。みんな頭にジェレミー・ブレットのイメージがあって、なおさら「配役逆だろ」感が強いのかも。
あとこっちのワトソン高性能すぎて吹いた。あんたもう同格の主役でいいよ。

もしこの映画の狙いが既存のホームズ像からの脱却にあるのなら、確かに今までとはちがう方向に進んではいるようです。でもそれならそれで、何かもっと、客が心底唖然とするような無茶な要素を加えてもらえると嬉しかった。キャラ造形のアレンジがメインなのは、パロディとしては少しおとなしいように思えました。まあ、その分格闘やチャンバラをめいっぱいがんばってるから、基本そっちで楽しんでくれということでしょうか。

─────
日本の人気ライトノベル、桜坂洋「All You Need Is Kill」をハリウッドでワーナーが映画化
先んじて英訳出版していたHaikasoruに隙はなかった

イギリスの大学で吸血鬼を学ぶ修士課程が開始予定
就職面接とかで「ご専攻は?」「吸血鬼学です」って答えることになったらけっこう恥ずかしいかも

フィクションモチーフとしての吸血鬼 - Wikipedia
従来ホラーやエロ・グロの文脈で扱われてきた吸血鬼に対して、悲劇のイメージが加えられたのは、萩尾望都「ポーの一族」やアン・ライス「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」以降のこと
あれ?そんな最近のことだったとは。意外だなあ。

[youtube] Pixels by patrick Jean - Invasion pixels
ドット絵のレトロゲームキャラに現実世界が侵食されていくショートフィルム。滅亡SFは好物です
[PR]
by umi_urimasu | 2010-04-05 21:24 | 映画 | Comments(5)