<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
「鳳凰の黙示録」荒山徹
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_073816.jpg荒山ファンのあいだでも若干渋い評価を受けているようなんですが、僕もこれはちょっと微妙な出来ではないかと思います。朝鮮妖術と捏造日韓史の発狂ぶりについては、ほぼいつも通りのひどさ(誉め言葉)だったかと。しかし、にもかかわらず最後までさっぱり盛り上がれなかった。いったい何が原因だったんだろう。

振り返ってみるに、結局ストーリーの流れに気持ちが乗れなかった、という感じだったかなあ。登場人物の目的や利害がはっきりしないまま忍法帖スタイルの戦いだけが繰り返され、しかも行動の目的はどんどん勝手に修正されていってしまう。このせいか、どうもストーリーが終始他人事じみて見えてしまったようです。あと、ラストがひどい投げっぱなし。いつもクライマックスはきちんと盛り上げて、広げた風呂敷もそこそこ丁寧にたたむ人だと思っていたので、このやりようには困惑してしまいました。魔別抄が真田忍者衆をぺぺぺと片づけるくだりなどは明らかにネタとわかるので納得のしようもありますが、せめて玻璃鏡伯や晋陽候との戦いは、最後なんだし、もうちょっとさあ……。もしかして、なんかそういう技法上の実験なんでしょうかね、これ。

今まで荒山徹にハズレはないと信じていたけど、これを読んでちょっとショックを受けて、当然買うつもりでいた徳川家康(トクチョンカガン)のことが不安になってきました。ネットの評判をみると、鳳凰の黙示録とタメをはるダメ具合だと厳しい評価を下した人もいるようです。雑誌連載中の柳生黙示録を読むかぎり、「最近はいつもぐだぐだ」というわけでもなさそうなんだけどなあ。今しばらく手出しを控えて様子を見ようか。

─────
荒山柳生から少しはなれて、先日来「柳生武芸帳」を読み中です。五味康祐すごすぎる。寛永年間で可能な柳生ネタがこれだけであらかた網羅されてる。もめごとは全部柳生の陰謀。ここまで徹底的にやり尽くされたら他の人の仕事が何もなくなるだろ!ってくらい、ありとあらゆる柳生ネタがブチ込まれてる。きちがいだ(誉め言葉)。たぶんこの人こそ名実ともに日本一の柳生脳。ただし、十兵衛の出番はほとんどないです。ちょっと意外でした。でもその分黒宗矩全開なのでむしろ大満足。

[ニコニコ] 講談 「柳生二蓋笠」 五代目一龍斎貞丈
昔の音源なので聴きとりづらいけど、語り形式ならではの言葉づかいが面白い。他の講談だと、荒木又衛門が十兵衛の弟子にされてたりとか、けっこうめちゃくちゃな話もあるそうな。いいかげんだなあ。

小説へのいざない:奇想の系譜 最高権力者が影武者だったら
影武者家康つながりで隆慶一郎&荒山徹の紹介。どうも最近、荒山徹がやたらマスメディアで注目されはじめているような気がする。よく知らないけど戦国時代ブームの影響などもあるんだろうか。なんにせよ、知名度があがるのはめでたいことだ。

[youtube] The Cup Of Tears Trailer
これはひどい予告編。期待のトンデモサムライ映画

山田風太郎賞創設: 新人~中堅作家対象、筒井康隆氏、京極夏彦氏らが選考
期待できそう

柳生十兵衛 と 柳三厳 を合成 by まぜまぜモンスター
なぜか大武仏っぽい感じになりました。この上なく軟弱な柳三厳の意志により……
[PR]
by umi_urimasu | 2009-10-30 00:18 | 本(others) | Comments(0)
「乙嫁語り」森薫
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_20344455.jpgまさに森薫の、森薫による、森薫のための漫画。「民族衣装描きたいいい!」という作者の叫びが紙面から聞こえてきそうな、恐るべき描き込みの細かさです。しかもトーンワークの一部を除いて、作画作業のほぼすべてを森薫ひとりでこなしているのだとか。これはもう、「仕事だから手をぬかない」とかいうまともな道理の通じる次元ではないってことなんでしょうかね。本人の気のすむまで描いて描いて描き倒す、その筆ゆきを読者はただ見守ることしかできないのではないか。そんな気さえしてしまいます。エマの連載期間中に劇的な進歩をとげたこの人の絵が今後どう変化していくのか、楽しみでもあり、少々恐ろしくもあり。

「乙嫁語り」の舞台は19世紀中央アジアのカスピ海沿岸地域で、劇中の衣装もそのあたりのものを参考にデザインされているらしいです。では、元ネタにあたる実際のその土地の民族衣装はどういう感じなんだろう。気になって検索してみたんですが、なかなか似た衣装って見つからないもんですね。イメージとして比較的近いと思われるのは、たとえばこういうの。 ↓
Traditional AZERI FOLK clothing
アゼルバイジャンの民族衣装。アミルの着物に似てなくもないかな。ただし遊牧民の服ではなさげ。

A Tajik woman wearing traditional costume
タジキスタンの女性服。メダルのようなアクセサリはそこはかとなく似てるかも。

Tajik Wedding
同じくタジキスタン。帽子の形状がそれっぽい。

森薫の新連載「乙嫁語り」に出てくる“テュルク系民族”を追う
トルクメニスタン的な要素も含まれていそうだとて調べた人がいなさる。

Uzbek Man in Traditional Clothing
ウズベキスタンの男性。縦じま柄の前合わせ着物は作品中にも頻出。

最初は「カスピ海ってどこらへんだっけ?」という状態だったんですが、画像を見てまわっているうちに多少はご当地の人々の生活感などが身近になったような気がします。無駄ではなかったと思おう。

─────
[画像] Autumn scenes
無駄にカッコイイ七面鳥の写真

この模様を見てピンときた人はオタクですって。
「この模様を見てピンときた人は○○○」のまとめを誰ぞつくりたまえかし。

五味康祐「柳生武芸帳」にとりかかりました。面白ええええ!ブラック宗矩かっけえええ!とテンションあがりまくりでガシガシ読みながらふと検索 → 未完と判明。なんてこった。
→ 10/27 今日も読む。ガッシガッシ貪り読む。大久保彦左衛門がナイスジジイすぎる。

せがわまさき 新連載は「山風短」
風太郎の短編から原作をいくつか選んで順に漫画化していくということらしい。まずは「くノ一紅騎兵」から。
[PR]
by umi_urimasu | 2009-10-23 21:11 | アニメ・マンガ | Comments(4)
「すべての美しい馬」コーマック・マッカーシー
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_1172125.jpg「越境」がツボに入りすぎた勢いでこちらも読了。すばらしい。
この作品の一番のすごさはやはりその圧倒的な「馬描写」にあると思います。これはまわりくどい説明をするより本文を読んでもらった方がわかりやすいでしょう。引用が長すぎるのはあまりよくないかもしれませんが、とりあえず二つほど例を挙げてみます。


ジョン・グレイディが両膝ではさむ肋骨の穹隆(くさかんむりに隆)の内側では、暗い色の肉でできた心臓が誰の意志でか鼓動し血液が脈打って流れ青みを帯びた複雑な内臓が誰の意志でか蠢き頑丈な大腿骨と膝と関節の処で伸びたり縮んだり伸びたり縮んだりする亜麻製の太い綱のような腱が全て誰の意志でか肉に包まれ保護されて、ひづめは朝露の降りた地面に穴をうがち頭は左右に振りたてられピアノの鍵盤のような大きな歯の間からは涎が垂が流れ熱い眼球のなかで世界が燃えていた。
彼と馬たちが高い地卓を駆けると大地に蹄の音が響きわたり彼らは流れ向きを変え走り馬たちの鬣と尾は泡のように体から吹き流れ高地には彼ら以外にはなにも存在しないかのようで、彼らはみな自分たちのあいだからひとつの音楽が沸き起こったというようにひとつの響きとなり牡馬も仔馬も牝馬も恐れを知らず彼らがそのなかで駆け回るひとつの響きは世界そのものであり言葉で言い表す術はなくただ礼賛するほかないものだった。
この猛烈な文体。いかがでしょうや。少年がいだく野生へのあふれんばかりの賞賛と畏敬の念がだだ漏れで、読んでて呼吸困難になりそうな文章ではありませんか。句読点?なにそれおいしいの?

主人公のジョン・グレイディは馬を何よりも愛する少年であり、彼にとって馬は世界が存在する意味そのものです。そんな純粋さをあざ笑うように、運命は彼に苦難の道を歩ませ、希望を打ち砕き、多くのものを奪います。自分の流儀では大人の世界で生きていけないことを思い知らされ、愛した女性とも別れて、命からがら故郷へ戻ってゆくジョン・グレイディ。その心の底には、たとえこの世界が滅び去ったあとでも「馬の心臓のなかにある秩序」だけは永遠に消えない、という思いが結晶していました。放浪の果てに彼の手元に残ったものは、馬と、馬のなかにあるこの永遠のもの(ただしそれは人間には決して触れることができない)だけだったといってもよいでしょう。

「すべての美しい馬」で躍動する馬たちの中にジョン・グレイディが見たものと、「越境」で死にゆく狼の中にビリーが見たもの、そして「ザ・ロード」で少年の中に父親が見たもの。それらはすべて究極的には同じもののように思えます。しかしその本質を言葉で言い表す術がない以上、ジョン・グレイディやビリー同様に、人間はただひたすらそれを礼賛することしかできないのかもしれません。

なんか馬のことばかり強調してしまいましたが、ストーリーの方もたいへんなものでした。流浪のカウボーイと裕福な牧場主の娘の身分ちがいの恋、映画のような命がけの刑務所サバイバル、少年たちが未知の世界めざして旅をする青春西部劇などなど、じつに波乱万丈で盛りだくさんな内容になっています。基本的な素材は「越境」と同じでも、こちらは若干明るい雰囲気と派手なストーリー性のおかげでずいぶん読みやすい印象があります。ただしその分、神話的な色合いはやや薄めかも。個人的には陰鬱で内省的な「越境」の方がより好みに合ってる気がしました。このへんは人それぞれかな。

─────
[ニコニコ] 【そらのおとしもの】空飛ぶパンツのようなもの【実体化】
野尻抱介、不惑を越え久しくもいまだ稚気をまぬかれず。でもSF作家というのはこうして年甲斐もなくアホなことするくらいのネタ体質加減でちょうどいいのかもしれない。
空飛ぶパンツのようなもの - 野尻blog
いまだ稚気を……パンツソプターオフ会へのいざない

[画像] こまけぇことはいいんだよ!てきとうな建物の世界
奇妙でまぬけで、どこか寂しげでもあるトマソン建築の数々

萌え絵で読む虚航船団 肥後守篇/その1
見にいくたびに着々と進んでる。この作品、もし文房具を全員分やり終えたらそこでおしまいになるんだろうか。それともそのままつづけていくんだろうか。原作ではちょうど肥後守のあたりからクォール侵攻へとストーリーが動きはじめます。ここからの展開が気になる。
[PR]
by umi_urimasu | 2009-10-18 11:41 | 本(others) | Comments(0)
「順列都市」グレッグ・イーガン
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_10475741.jpga0030177_1048848.jpg今さらすぎて恐縮だが、ありのまま起こったことを話すぜ……
「仮想空間で宇宙のシミュレーションを走らせていたと思ったらいつのまにか自分の宇宙の方が逆にシミュレートされていた」
だいたいこんな話。だったよね?

難解で理屈っぽいというイメージをもたれがちなイーガンですが、じつはこの順列都市はけっこう「笑える」小説なんじゃないかと思います。特に終盤、飼ってた虫に「あんたらの宇宙論ないわー」と否定されたせいで宇宙崩壊!逃げるぞ急げ!いやじゃわしはここで死ぬんじゃ!と大騒ぎしてるあたりとか。登場人物にとってはシリアスな状況だけど、見ようによってはパニックコメディみたいにも見える。そして話のスケールがあまりにもでかすぎ。それが水も漏らさぬ論理展開の帰結だからよけいおかしみを誘う。そんなふうに感じる僕がおかしいのかな。

塵理論についてはどうも理解があやふやでした。でも、
グレッグ・イーガン自身による塵理論の問答集
Q2 最終状態が同じなら記憶も同じ、コピーは違いを認識できない。ダラムの実験の意味なくね?
A ないよ
Q3 発進とかいらなくね?
A いらないよ、でも、人間だもの by みつお
このQ2とQ3で「なんだそうか、まあいっかこれで」と思えてしまったので再読は当分なし。ネットで軽くおさらいする程度で妥協しようかと。

あと、関連しそうな用語や話題のリンクを少し拾ってきました。イーガン読むならこのへんの周辺知識はあればあるほどよいでしょう。
セル・オートマトン - Wikipedia
エデンの園配置 - Wikipedia
シミュレーテッドリアリティ - Wikipedia
強いAIと弱いAI - Wikipedia
スーパーコンピューターでネズミの脳活動の再現に成功

以下おまけ。イーガンスレで見かけたディアスポラのポエム。ヤチマはかわいい。これは数学的真理だ。

661 : 名無しは無慈悲な夜の女王[sage] : 2007/05/28(月) 00:44:46
デブリニモマケズ

デブリニモマケズ
宇宙線ニモマケズ
トカゲ座ニモコアバーストニモマケヌ
丈夫ナポリスヲモチ
身体的慾求ハナク
決シテ気ヲソラサレズ
タイテイコウザンニモグッテイル
星ヾノ光ト
星間ガスト少シノ宇宙塵ヲタベ
アラユルコトヲ
シュカンニトラワレズニ
ヨクカンソクシリカイシ
ソシテワスレズ
銀河ノ外レノ恒星間ノ
ナニモナイ空間ニタダヨイ
東ニ病気ノヤドカリアレバ
心ノ中デハゲマシ
西ニツカレタイノシロウアレバ
ソノ悲シミヲ負イ
南ニ死ニソウナ肉体人アレバ
移入ヲコワガラナクテモイイトネンジ
北ニポリス間ノセイリョクアラソイアレバ
ツマラナイカラヤメロトオモイ
ヒデリヲミタラナミダヲナガシ
肉滅ノトキハオロオロアルキ
ミンナニデブリトヨバレ
ヤクニモタタズ
ジャマニモナラズ
ソウイウモノニ
ワタシハナリタイ

662 : 名無しは無慈悲な夜の女王[sage] : 2007/05/28(月) 07:38:32
いけない価値ソフトでも使ったの?

─────
[ニコニコ] 【MikuMikuDance】ミクトラセブン
[ニコニコ] 【MikuMikuDance】ミクトラマン【フルVer.】
何よりもその巨大感の表現に、民家の撮りかた次第でこんなにも絵になる画面がたくさん作れることにびっくり。エヴァもウルトラマンからこの方法を借りてたのか

世界が期待する「人喰いの大鷲トリコ」について,上田文人氏にそのこだわりを聞いてみた
あとで読む → 読んだ。今回はやはり動物表現に凝っているらしい。早くやってみたい。

Amazon.co.jp: 「爆撃聖徳太子」 町井登志夫
これが気になってます。題名のひどさ、表紙のひどさ、共によし。「すごい努力をして『京都の料亭に出してもおかしくない広島風お好み焼きを作った』ような」本、という評もあり。でもじつは伝奇分はそれほどでもなさそう?どうも方向性がよくわからない。念のため、もう少し人の評価を見まわってからにしよう。

[youtube] アニメ そらのおとしもの 第2話ED(HD)
世界平和を願い生命を讃えるという清らかで気高いメッセージが込められたよいED

“描き込み魔”森薫、新作「乙嫁語り」の制作過程をお届け
こ、こまか……。人間のりんかく線などをさっとひと筆で決める人もいるんだろうけど、森薫はほんの少しずつコリコリ線を重ねていくタイプ。さらにあの病的なまでの服飾描写。時間かかるのも納得
[PR]
by umi_urimasu | 2009-10-10 10:57 | 本(SF・ミステリ) | Comments(2)
「越境」コーマック・マッカーシー
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_2153581.jpgこれはものすごい。圧倒されました。メキシコの荒野をひとりで放浪する少年の体験を、まるで自分自身の体験と錯覚しそうなほど、リアルというか実感のともなった孤独感がもうなにこのすごいのわけわからない。いつも思うんですが、古今の高名な小説家たちはどうしてただの文章で、文章だけでこんなとてつもない芸当ができるんだろう。まるで魔法だ。高度に練達した文章技術は魔法と区別がつかない。

あらすじはシンプルで、牧童の少年ビリーがアメリカからメキシコへ旅をしていろいろなものを見たりいろいろな人に出会ったりいろいろな揉め事を起こしたり、という話です。「ザ・ロード」や「血と暴力の国」同様、どことなく神話的な趣のあるロードノベルという感じ。

作中のサブエピソードの中で特に印象的なのは、「崩れそうな教会に住んで神に議論を挑む男」、「眼球を吸いだされて盲目になった元革命軍兵士」、「山の上に墜落した二機の飛行機を運ぶジプシーの男」、の三つです。どれも神話的というか、なにやらマジックリアリズムっぽいような、超時間的な幻想性があります。でも何を言わんとしているのかは正直よくわかんない。「世界の真の姿とはいったいなんぞや」という哲学の領域の話なんだけど、とりあえず論理的に議論を追うことはできても、 「言葉」でなく「心」で理解できたッ!とまではいかない。僕が日本人で神の概念とかがあいまいなせいもあるのかもしれないけど、そこまで厳しく自己と世界の境界を線引きしなければいけない切実さが、荒野という舞台の地形効果を加えてもいまひとつ実感できないようでして。哲学って苦手だ。まあ、この本はおそらくマルケス並に「一生のおつきあい」になりそうな気がするので、いつかそのうちわかるようになればいいかなあと。

「越境」は四部構成になっていて、毎回ビリー君がメキシコに不法侵入をくりかえしてはそのたびにどんどん世捨て人レベルが上がって孤独になっていくんですが、個人的に一番好きなのは第一章です。傷ついた狼をメキシコの山へ返してあげるために家を捨てて長い旅に耐えて、そしてあの残酷な結末。もうこの一章ラストが好きすぎて言葉にならない。文章の美しさも含めて、今まで読んだマッカーシー作品三つの中で一番気に入っている箇所です。いやはや美しい。

次はどれを読もうかしらん。「すべての美しい馬」にしようかな。

─────
もしも、関ヶ原で東軍が勝っていたら
歴史上、関ヶ原で西軍が勝ったことになっている架空の日本の2ch住民が「もし東軍が勝っていたら」と妄想するありさまを実際の2ch住民が妄想するというややこしいスレ。ちょっとSF的な逆転構造だ。なるほど、「高い城の男」っぽいかも。こんなふうに日本の首都が京都にあったり、徳川幕府じゃなくて豊臣幕府だったり、明治維新でそれを倒すのが伊達×最上の奥州藩連合だったりするような世界をガチで描き込んだ小説がもしあったら読んでみたいです。あるかなあ。

<ルー=ガルー>京極夏彦のSF小説、劇場版アニメ化 2010年公開
京極作品としては最大限アニメ向きな素材だと思うけど、それでも長々しい薀蓄やら雑学やらはまるごと削られて結局すっきりさっぱりしたものができてしまいそうな予感。

G.R.R.マーティン 「氷と炎の歌」第5巻 執筆状況
今までにできあがった部分が原稿枚数1100ページで、すでに「王狼たちの戦旗」に近い分量になっているとのこと。ちなみに「剣嵐の大地」で1521ページ。こんなペースでほんとにシリーズ完結まで行けるのか。近頃だんだん不安が現実味をおびてきて、気が気でない。

[ニコニコ] 【MikuMikuDance】ミクを異世界各地で撮ってみた - Where the Hell is Miku?
有名なあの動画のパロディを新ツールで実現。初音ミクは電脳世界に遍在する……そして変な踊りをおどる
[PR]
by umi_urimasu | 2009-10-05 22:13 | 本(others) | Comments(5)