<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
日本はいつから「未来」であることをやめたのか?(サイバーパンク的な意味で)
このエントリーを含むはてなブックマーク
「ブレードランナーやニューロマンサーの頃って未来の日本がやたら流行ってたけど、あれってなんで廃れたの?バブルがはじけたから?」「いや、アニメやマンガがあたりまえになりすぎて目立たなくなっただけだろ」みたいなことをアメリカのSF好きな人たちが言っています。日本のSFファンにとっても面白い話題なのではないでしょうか。で、少し訳したりしながら僕も考えてみました。
米国のサイエンスフィクションはかつて、ブレードランナーからニューロマンサーまで、日本に魅了されていた。 日本のものはすべて、アメリカの小汚い美意識よりもクールで洒落ていて輝かしく見え、日本は支配者となるべく運命づけられた存在だった。(中略)
ウィリアム・ギブスンが「ニューロマンサー」の執筆中にブレードランナーを見に行ったというエピソードの中で、彼は、映画が描く未来のヴィジョンと彼の小説のそれがあまりにも似すぎていたことにショックを受け、ものの数分で映画館から飛び出したという。

「現代の日本はまさしくサイバーパンクだった。 日本人自身もそれを知っており、そのことを喜んでいた。 渋谷を初めて目にしたとき、私をそこに連れて行ってくれた東京の若いジャーナリストのひとりが、まばゆいばかりのネオンサイン──塔のようにそびえ立ち、のたうち流れるコマーシャルの光──に濡れたこう顔で言ったことをおぼえている。『ほらね?ほらね?これがブレードランナーの街なんですよ』 その通りだった。まったくそれは疑いようがなかった。」 ──ウィリアム・ギブスン
io9 - When Did Japan Stop Being The Future? より)
こう聞くと、わが国ながら、なんかとてつもないところのようです。実際には、アメリカの人々が夢想した未来の日本とリアル日本の姿はかなりかけ離れていたでしょう。しかし彼らは夢想の街にこそ熱狂したのであって、日本が実はどんな所であるかについてはけっこうどうでもよかったのかもしれません。ヘンな日本でも平気で描いてるし。

io9の記事は、はっきりした因果関係があるとは言ってないものの、サイバーパンクの流行と同時期の社会現象として日本経済のバブル景気をあげています。1980年代初期にマクロスやヤマトなどのアニメが米国に輸出されはじめ、米国のコミックファンがMANGAを発見し、そしてブレードランナーとニューロマンサーが登場したことで、アメリカ人にとっての「未来的な日本像」が定着した。以後、1980年代後半~1990年代前半にかけて多くの作品がその影響を受けたが、バブル終了の頃にはサイバーパンクは目新しくなくなっていた。しかしバブル崩壊後も日本のポップカルチャーだけは元気で、米国の作品は継続的にその影響を受けつづけている。アニメについてはだいたいそのような流れらしいです。

では、小説の分野はどうだったんでしょうか。ハヤカワの「80年代SF傑作選」の解説を読むと、米国の小説界において作家、編集者、批評家の誰が誰と組んで何を書いたかがこまごまと書いてあります。いわば個人と個人を人脈でむすんだサイバーパンク・ライターズ・ツリーです。ただし残念ながら、日本のことについては何も言及されていません。たくさんのサイバーパンク作家が、怪しげな(実像とはかけはなれた)日本趣味をとりいれるのに熱心だったことは作品からもうかがえて、それはつまり、みんながそうするだけの理由があったからだろうと思うのですが。

SFシーンではなく社会学的な方向から流行りすたりの分析をしている人もいます。東浩紀による「あいどる」の解説はそのようなものです。この記事のお題からすれば、これがもっとも答えに近い言説なのかもしれません。でも、人間関係とか版元の意向とかいった個人レベルの要因をまったく無視した一般論でひとりの作家の作風や動向がちゃんと語れるのか、という疑いを僕はぬぐえないのですが。
一応、簡単にいうと、当時不況でへこんでいたアメリカから見た経済大国日本の羽振りのよさが過剰に進んだ情報技術国家のイメージを生んだ。一方で、1970年代の反体制文化やニューエイジ思想からくる東洋への憧れが前近代的で神秘的な日本のイメージを生んだ。この二つがギブスン作品誕生の条件である。また、ギブスンが日本で熱狂的に受けたのは、彼の幻想が1980年代末の日本社会の肥大した自意識を肯定してくれるものだったからだ。という主張のようです。ほんまかいなこれ。
東氏はギブスンのオリエンタリズム(地理的に遠い土地の神秘化)はグローバル化後の今では機能しない、だからギブスンはもう古い、ともいうんですが、そういうものでしょうか。僕の中では、もともとはるか遠いアジアのどこかの未来暗黒街への憧れは、グローバル化しようがしまいがさほど変わんないような気もします。

ギブスン以外で日本テイストを取り入れたサイバーパンク系の作家といえば、僕が思いつく中ではニール・スティーヴンスンがいます。「スノウ・クラッシュ」の主人公は日本刀をかついだアジア+黒人ハーフのハッカーで、メタバース内でニッポニーズのビジネスマン剣士と斬りあいを演じ、残心(ザンシン)だのケンドーだのについて講釈を垂れていました。実剣で人を斬る際の注意事項を得々として語るなど、あんたいったいどこでそのネタ仕入れたんだよ、と呆れるような部分もあります。「クリプトノミコン」では比較的まともな日本人も描くようになっていましたが。あともちろん、親日家としても知られるブルース・スターリングです。「招き猫」という短編は、日本的美徳らしきものがかなりそれっぽく書かれていて、それだけにあまりにも翻訳小説的な語り口のギャップがきわだち、日本人読者にとってはもう「果てしなく微妙」としか形容できないものでした。文化の壁は厚い。

最後に、アメリカ人の想像する未来的日本像が廃れたということについて、日本びいきらしい対抗意見を。
The Future is Japanese. Really. - Haikasoru
Haikasoruのエディター nickmamatas 氏が言うには、「経済成長が停滞したから、日本がSF的未来の舞台としての座をしりぞくことになったのだとは思わない。それよりも単純に文化圏の中での競争で優位になれたからではないか。その証拠に米国の大手書店を見たまえ、マンガコーナーには日本のマンガがあふれている。20年前の本屋で「日本のマンガ売りたいです」などと言おうものなら、精神病院に放り込まれかねなかったのに。 もし、日本がかつての未来像のように見えないとしたら、それは私たちがすでにその未来に生きているからだ」だって。ぜひ、その心意気で翻訳出版がんばっていただきたいです……。飛浩隆と伊藤計劃のUS版もどうぞよろしゅう。

余談。
珈琲を淹れさせてみたのだが・・・‐ニコニコ動画(ββ)
こういう動画を見たりすると日本人未来に生きてんなーという気もするけど、欧米では動作が人間らしすぎるロボットはキリスト教的にアレとかでかわいがりにくいのでは、と思ったら全然そんなことなかった件。
『コーヒーを淹れさせてみた』の海外の反応の勝手訳
国は違えどOTAKUのMOEに垣根なしか。よいことじゃまいか。

(追記)
ブクマコメントを眺めていて、インドのSF小説って今どういう感じなんだろうという疑問が浮上。あれだけ人口多いしIT系も盛んな国だから、それなりに書かれてるんじゃないかと思うんですが、ちっとも噂を聞かないし邦訳作品もほとんどなさそう。検索してみたところ、かろうじて「カルカッタ染色体」というのが見つかったけど、これはあまりSF的じゃないらしい。謎多きインドSF界の実態。いつか調べてみよう。
「ムトゥ踊る科学者」とかそんなようなマサラSF映画もひょっとしたらあるかもしれない。探してみよう。
(追記2)
特集インドSF - 本とか音楽とかニュースとか
現代インドSFの注目作家いろいろ。活発な業界のようで重畳至極。しかしそれよりもcatalyさんの海外SF情報の網羅ぶりに驚愕した。

─────
VM アメリカ人おおいに SushiDisk を DIS る - イン殺 - xx
ギークコントってお笑いジャンルとしていけるかも。食エナーイヨ!It's USB Memory!

[ニコニコ] 【ジョジョ第3部】うろ覚えで振り返る 承太郎の奇妙な冒険 PART17
紙芝居+活動弁士=視聴覚マンガという新しい芸に時代の可能性を感じる
[PR]
by umi_urimasu | 2009-06-22 22:07 | まぞむ | Comments(2)
荒山徹「柳生黙示録」第2回
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_23494985.jpgオランダ商船が長崎に持ち込んだ謎の積荷をめぐり、柳生一族と神聖ハポン騎士団の間で死闘が始まったことなどつゆしらぬ柳生十兵衛は、宮本武蔵気分で巌流島クルージングを満喫していた。そこへ突如わき出す奇怪な霧!爆発四散する軍船!出たな、神聖ハポン騎士団!忍術ファイト、レディーゴーッ!受けてみよ、忍法かなぺうむ!来るか、極東十字軍!?何やつ、黒い戦闘菩薩!?何を言ってるのかわからねーと思うがおれもわからない。荒山徹の最新作「柳生黙示録」は季刊誌「小説トリッパー」にてむちゃくちゃ連載中。

朝鮮いじりにかけてはもはや天下無双といってもよい荒山徹ですが、本作では「西洋」に目が向けられているのが新鮮です。「黙示録」というタイトルが示す通り、題材はキリシタン。時代は寛永年間、島原の乱が起こるころ。舞台は豊前小倉藩。十兵衛の敵となるのは島原の乱の指導者、森宗意軒。どっちを見てもキリシタンネタがいっぱいです。さらに太平洋を越えてマニラの話までからんできて、世界スケールに広がる可能性もあり。ただし荒山徹のことゆえ、あるいはストーリーそっちのけで朝鮮キリシタン差別ネタを掘りまくる方向に突き進んでしまうかもしれませんが。どうなるにしろ、先の展開がとても楽しみな作品です。早くつづきが読みたい。

「柳生黙示録」は「柳生薔薇剣」&「柳生百合剣」につづく続編で、前作ではシスコン廃人ニートと化していた十兵衛が、歳相応に貫禄がつき、仕事も一応まじめにやっています。えらいぞ十兵衛。これも柳生百合剣をきわめたればこそか。でもあれマジでやったらいくら剣豪でも死ぬよな。腎虚で。

史実では柳生十兵衛は一時期、徳川家光の機嫌をそこねたか何かで小姓をクビになり、柳生庄にこもっていたとされていますが、じつはその間、公儀隠密として日本中を飛び回っていた──というのは伝奇小説では定番のネタです。「黙示録」もその設定で書かれているんですが、伝奇はおいといて、まじめな話として実際には十兵衛は何してたの?という疑問については、「やる夫で学ぶ柳生一族」の神無月久音さんが考察されたりしています。
やる夫で学ぶ柳生一族(やる夫板版4)
ふむふむ。まあ、おとなしく新陰流の研究してたってのがやっぱり妥当でしょうなあ。

─────
伊藤計劃の遺稿「屍者の帝国」プロローグをようやく読みました。お、面白い……。むちゃくちゃ面白そうな世界だ。それだけにますます悔しい。

殺陣基本講座 刀の構え
剣豪小説によく出てくる正眼(青眼)や八双(八相)などの基本ポーズを写真つきで示した紹介ページ

偉人たちの偉大な一言 - ぶらりずむ黙契録 (冲方丁)
・「家のことは奥さんに全部任せている!」 モンテスキュー
・「ぐだぐだ言わずに、ページをめくれ」 ゲーテ
・「陛下、予算が足りません」 ワーグナー
・「やあやあ君たち、私がベートーベンだよ」 ベートーベン
・「わかってるんだ、君たちにも理解できないということは」 ウィトゲンシュタイン
偉大で、そして変な人たち。

[ニコニコ] 逆転裁判春香 第2話「逆転花嫁」1日目探偵A
待望の続編開始!前作よりもさらにクオリティ上がってるのがすごい。今回は本家の成歩堂も登場。検事は誰がくるんだろう

[画像] 20世紀初頭 日本の雑誌表紙、 書籍表紙
何だか知らんがとにかくよし

[ニコニコ] 珈琲を淹れさせてみたのだが・・・
やばい超かわいい。ヒューマノイドロボットKHR-2HV、近藤科学製。価格は90000円くらいだそうです。

大英図書館、19世紀の新聞200万ページ分をネットで公開
British Newspapers - Home
これはよい。日本もやってほしい
[PR]
by umi_urimasu | 2009-06-18 00:37 | 本(others) | Comments(0)
時代伝奇小説のルール/荒山徹という鬼才
このエントリーを含むはてなブックマーク
時代伝奇小説のジャンルでは、不文律のようなものとしておおむね守られているひとつのルールがあります。それは「物語の架空の部分と史実との接点において矛盾があってはならない」ということ。この制約は、史実から遠い(架空性の高い)作品ではゆるく、実在の人物や事件を扱う史実寄りの作品ではきつく作用する傾向があるようです。

たとえば曲亭馬琴の南総里見八犬伝には、室町時代ではまだ日本に伝わってないはずの鉄砲が普通に出てきます。でも登場人物や事件のほとんどが架空のものなので、史実との間に深刻な齟齬が生じる心配はまずない。信憑性には乏しいけれども、その分自由奔放なストーリーを語れる、制約のゆるいタイプといえます。

一方、隆慶一郎の「影武者徳川家康」などは制約がきついタイプ。これは家康が関ヶ原の合戦で暗殺されていたという設定の作品なんですが、史実の扱いについては厳格で、「徳川実紀」などの公式文献に照らしてまったく矛盾がないように創作されています。ストーリー上の制約は厳しいけれども、だからこそ「史実の隙間にどうやって面白くてもっともらしい話をねじ込むか」という工夫が語り手の腕の見せどころとなります。山田風太郎も、基本的には史実をまげないスタイルを固く守っていたとか。

実在の史料などに記録されている歴史的事実というのは大抵、現実的で味気ないものです。しかしそれだけに、記録に残っていない部分については「もしかしたらこうだったのかもしれない」「こうだったら面白いのになあ」という思いも強くなり、その思いは昂じて物語を生む原動力となるはずです。源義経生存説、上杉謙信女性説、忠臣蔵など、その手の俗説が物語に仕立てられるケースは昔からたくさんありました。

この「もしかしたら」という思いを込めて、史実の隙間を荒唐無稽な法螺話で補完するのが時代伝奇のやり方です。ただし、法螺話が法螺話たらんとするためには、ウソ話であることをわきまえつつ、あくまでも「これは本当にあったことですよ」としらを切り通す姿勢を維持しなくてはいけない。「十中八九ウソだろうけど、でももしかしたら」と読み手がうっかり信じてしまいそうになる信憑性こそが、法螺話の面白さを支える基盤だ(と僕は思う)からです。捏造の信憑性を保つためにも、史実との接点だけはきちんとつじつまを合わせる必要がある。これを守らない法螺話は、時代伝奇だか多元宇宙SFだかわからないシロモノになってしまうでしょう。

というふうに時代伝奇のルールを考えたところで、じゃあ荒山徹は?あれっていったい何なの?という疑問が……なくもないんだがこれはどうすれば。この人は異端すぎます。妖術とか怪獣とか巨大ロボとかタイムスリップとか多国籍忍者とかワープとか、伝奇どころか特撮映画レベルの怪現象が日常茶飯事でありながら、そのほとんどに実在文献の出典が付加されていて、しかも史実との矛盾がない。もちろんむりやりな超解釈を加えてのことですが、とにもかくにもやってのけている。時代伝奇のルールは頑ななまでに守られています。決してSFではない。ファンタジーでもない。架空戦記でもない。既存のジャンルでいえば、やはり時代伝奇以外のものではありえないが、でもさすがにどうなのこれっていう。仮に荒山徹がこのまま史実厳守のスタンスを堅持しつつ超伝奇路線をきわめていった場合、時代小説の限界を突破してまったく未知の表現への扉をひらいてしまうのではないか。そのような未来を想像すると、なんかもう本能的な恐怖を禁じえないのです。

余談。
個別の感想にはならないかもだけど、「柳生百合剣」「柳生大戦争」「魔風海峡」「魔岩伝説」読了しました。

a0030177_2035073.jpga0030177_204770.jpga0030177_204221.jpga0030177_2043125.jpga0030177_2044278.jpga0030177_15493878.jpg
既読の3作ともども、緻密さとむちゃくちゃさは甲乙つけがたし。今回特にひどかったのはやはり、ドン・マクシミリアン・デ・ジンゴイズ伯爵の話。このせいで「じんごいず」という文字列を見るだけで吹くようになってしまった。もういいよこれ史実で!次は「柳生薔薇剣」を読みます。

(追記)「柳生薔薇剣」も読了。矩香エロカワすぎて死ぬる。
「薔薇剣」と「百合剣」は、荒山徹作品にしては珍しく朝鮮史にあまり深入りせず、比較的普通の剣豪活劇っぽいおもむきでした。こういう肩がこらないのも楽しい。ただし、比較的普通といってもあくまで相対的なもので、決め技は石破ラブラブ天驚拳だったりする。やっぱ頭おかしい。

余談2。
「柳生大戦争」の中で、ジンゴイズ、もとい、神後伊豆守(笑)を描いた至高の傑作として作者が絶賛しているのが戸部新十郎「花車」という作品です。これはぜひ読んでみたい。荒山氏いわく、「未読の方は自身の目で確かめられよ。本邦剣豪小説のこれが極北である」だって。いったいどんな凄い作品なんだ。

─────
妖異大年表
時代伝奇作品上の諸事件を史実と合わせて年表化したもの。荒山作品にもこういうの欲しい

「柳生非情剣SAMON」 柳生家の名誉を賭けた兄・十兵衛と弟・左門の戦い
徳川家光と柳生友矩の関係は時代もの方面では有名なネタらしい。「柳生大戦争」では友矩×家光ぐちょぐちょシーンがたいへんでした。

映画 「ジェイムズ・ティプトリー・Jr」 企画進行中
数年前に出た伝記をもとにした映画のよう。日本ではSF好きな人以外には誰それ?な感じだろうと思うので、制作されても日本公開の可能性はあんまり高くないかもなあ

菊地秀行と菊地成孔が実の兄弟だということを初めて知った。な、なんだってーー!?

宇月原清明 「信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」
ブクマの方で作家名を見て、ためしに購入。タイトルからしてひどい。これは期待せざるをえない。日本ファンタジーノベル大賞受賞作品。

[youtube] 映画 「サマーウォーズ」 劇場用予告
どうやら、少年がネットを通じて世界の危機に立ち向かうというストーリーらしい。デジモンウォーゲームに近い、というかほとんどそのままか。
[PR]
by umi_urimasu | 2009-06-12 20:24 | まぞむ | Comments(2)
ワンダと巨像のサキソフォン・コロッサス風味な画像
このエントリーを含むはてなブックマーク
「ワンダと巨像」クリア記念。感動にまかせて勢いで作りました。このゲームを満喫できたよろこびを、なんでもいいから形にしたくて、でも結局大したことないネタ画像しか作れなかったけど、ともあれ、楽しい時間をくれたことにめいっぱいの感謝を。すばらしい作品をありがとう、Team ICO!
a0030177_2344263.jpg

冷静に見ると、なんか怖いですねこれ。目とか。別の巨像にしたほうがよかったかな。

─────
[ニコニコ] 【ジョジョ第3部】うろ覚えで振り返る 承太郎の奇妙な冒険
ジョジョ好き爆笑必至。現在PART15までつづいてます。
最近こういう「漫画弁士」的な表現形式(紙芝居+話芸)のものが、「オーディエンスがいてリアクションが返る」環境がネット上にできたことによって復活しつつある……ような気が。

無料&手続き不要で3400曲以上ある日本ファルコムの全楽曲が利用できる「ファルコム音楽フリー宣言」
むやみに勇ましすぎて公共の場では使いにくい曲も多そうですが。運動会とかで流せば盛り上がるかも

[画像] ジャン=レオン・ジェローム『Pollice Verso〈指し降ろされた親指〉』
剣闘士 - Wikipedia
古代ローマの頽廃と暴力の象徴。でも戦いに負けたら即、死なのかと思ったらそんなことはなく、100試合に出場した200人の剣闘士のうち、死亡者は19人(生存率90%)だったという研究もあるらしい。腕に自信のある者にとってはおいしい商売だったのかもしれない
(追記)コメント欄にもらった情報で、「コロッセオで剣闘士が死ぬと、剣闘士の強さにあやかろうと観客がなだれ込んで死体の血を啜った」という話があるのだそうです。凄惨!
また、こちらの日記には「ローマ時代には人間の生血が治療薬と考えられ、傷を受けて瀕死の剣闘士から滴る血に患者が直接口をつけて血をすすった」とある。出典はO・テムキン『てんかんの歴史』またはクロード・ダレーヌ『外科学の歴史』か。

『ICO(イコ)』『ワンダと巨像』に続く最新作『人喰いの大鷲トリコ』
おおおおお!PS3ですか。ハードともども購入しよう。あの獣は猫じゃなくて鳥だったらしい

[動画] 人喰いの大鷲トリコ (The Last Guardian) 公式トレーラー
なんとうつくしい……しかも癒される。流出版から細部はけっこう変わっているようです。羽毛のふさふさ感とかすごい進化してる。でも巨獣は流出版のほうが子猫みたいでかわいかった

江戸時代って本当に良い時代だったのか?
スレからリンク貼られてるページも面白いのが多い。
江戸生艶気樺焼【上】(山東京伝)
こういうネタ系が得意な京伝と堅物で鳴らした馬琴では、やはりそりが合わなかったんじゃなかろうか

実物大ガンダム、台場に立つ
バカだけどすごい。これシリーズ化できんかな。そしていつか実物大ターンXを

日本SF翻訳レーベル Haikasoru 公式サイト
ろーんちー。めでたい
今週のHaikasoruまとめ - 本とか音楽とかニュースとか
日本SFと英語圏SFのちがいに関するHaikasoru編集者の記事を和訳してくれています。すばやい。
その元記事の方を読んでみると、Haikasoruの人は日本SFにおけるMANGAの影響力をかなり重くみているような印象を受けました。僕にはあまりピンとこなかったのですが。日本の漫画文化になじみすぎているせいで、自覚しにくいような何かがあるんだろうかな。
[PR]
by umi_urimasu | 2009-06-05 00:13 | イラスト | Comments(6)