<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
テッド・チャンの最新作「Exhalation」電子版ダウンロード
このエントリーを含むはてなブックマーク
いつまでも凹んでいてもしかたない。
今SFを読んで気分が晴れるかどうかわかりませんが、これでも読んでみようと思います。

Download Ted Chiang’s Hugo-nominated short story, “Exhalation”

英語の小説をきちんと読み切った経験はほとんどないのですが、これは大好きなチャンの新作ということで、また分量も非常に少ない短編ということで、なんとかモチベーションを保てそうです。すべてが金属からなる世界に生きる住人たちの社会とか思想とかを描いた話らしく、チャンならではの視点も楽しみ。すでにヒューゴー賞とイギリスSF協会賞にノミネートされていて、SF読みの評価も上々のようです。日本語訳が出るのはだいぶ先らしいので、とりあえずこれでテッドチャン欠乏症を癒しましょう。

─────
[ニコニコ] アイドルマスター ののワさんの勝手に生きろ!
要約不能。パーフェクト・フリーダム

─────
ペルソナ4に没頭中。ものすごい時間泥棒だこれ。おかげでまったく読書をしていない。

Exhalation は半分ほど読んでサスペンド。とりあえず、金属世界の解剖学者が自分で自分の脳を解剖するという話。英語で読んでも作品から受ける「チャンらしい」感じはまったく一緒で、なんか安心してしまいました。
読んでいて少しつかみづらい言葉がひとつ。"public crier" → 辞書によれば crier は 叫ぶ[泣く]人; (法廷の)廷吏; (布告などの)ふれ役; 呼売り商人; ちんどん屋、などと出てきますが。この作品の場合は宗教的な?新年の祭典とか説教とか朗吟とかいったようなこともする職業らしい。どうもイメージしにくい。坊さんなのか役人なのか。

G・R・R・マーティン〈氷と炎の歌〉第5部がハワード・ウォルドロップとの共作になる
と、マーティン本人がブログで発表しました。
ハワード・ウォルドロップ - Wikipedia
これによって、少なくとも第5部 A Dance with Dragons の刊行時期は早まるぽい。DWDだけに限定したパートナーシップなのか、今後もシリーズをずっと二人体制で書いていくのかについては明言されていません。共作によって作品のテイストが変わってしまうかもしれないという不安はありますが、とりあえずはモノが出されてみないとなんともいえないかな。

4月4日、あいかわらずP4漬け。ここも放ったらかしで少々気がとがめる。でもやめられない。コミュイベントが、中でもクマがらみのコミュが面白すぎる。ウザかわいいとはこういうことか。
あとこのゲーム、ふたまたかけるとどうなるんだろう。バレたら修羅場になるのかな。バレなきゃいいのかな。
→ ふたまた普通にできた。「自分には他に特別な関係になった相手がいるはずだ……」とかいうメッセージが出たけど、単に出るだけみたい。すまぬ雪子よ、俺も男だ。

ギャルゲーブログ 便利な画像ください
ほんとに便利です

ファンタジー世界の脱中世化
その前提からしておかしいのかもしれないけど、それはさておき。ゲームや漫画の分野で、中世っぽい舞台に現代のテクノロジーを平気で登場させるようなファイナルファンタジー的なつくりの作品が昔に比べて増えた、という傾向は一応あるような気がする。理由は……なんでだろう。ここ最近の現象だとすれば、やっぱりFFがバカ売れしてはずみがついたから?とかかな。まあ要因のひとつではあるかもしれない。売れたもん勝ちということで。

ブラックホールに吸い込まれると何が見えるか、という映像
これをわくてか映像といわずして何といおう。黒いところがいわゆる事象の地平面ですかね。空間のゆがみがグリッドであらわされていて、最終的にぐんにょり&ぺちゃんこになるのがわかります。こわ!怖すぎる。

BLOG希有馬屋:今川版“ガンダム”ってのを考えた
SFムーンストーン enziの日記 から。Gガンじゃなくて、ファーストガンダムを今川風にしたらこうなるよ、というもの。これは見たい。

『ワンダと巨像』がハリウッドで映画化決定 - Game*Spark
なんですとー
>プレイ動画でいいよ
って言ってる人がいた。同感だ

─────
4月9日、いまだP4フィーバー冷めやらず。ベアード様を成敗してひとまずのエンディングに到達しました。セーブのタイムスタンプでは累計プレイ時間は110時間ほど(ただし寝落ちなどによりつけっぱなしのまま放置していた時間も含む)。もう三週間近く(!)このゲームやってるけど、なんかちっとも飽きない。驚き。
まだ別の分岐で真エンドルートというものがあるらしいので、次はそっちへ行ってみようかと。

[youtube] アニメ「戦国BASARA」 第2話より 伊達政宗VS真田幸村
戦国時代が舞台なのに戦闘シーンがこのありさま。久しぶりに追っかけてみようかと思うテレビアニメに出くわしました。ちなみにこの場面だけが異常というわけではなく、基本的にいつもこういうノリの作品らしいです

[ニコニコ] 菓動戦士PUNDAM~逆襲のシャア
アンパンマンをガンダムで吹き替え。これはすごい。恐ろしいほど合ってる
[PR]
by umi_urimasu | 2009-03-25 21:53 | 本(SF・ミステリ)
PS2「ワンダと巨像」
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_23171679.jpgを買ってまいりました。面白い。というか、きれい。
ステージを攻略する、敵をやっつける、いわゆるゲーム的な部分ももちろんあるんですが、それよりもやわらかい光がさす荒原や廃墟をあてどなくさまよったり、破壊のかぎりを尽くす巨大な彫像とじゃれあったり、そういう行為自体が僕の場合は気に入っていて、半分世界体験ソフトみたいな感覚でプレイしています。風景が非常に美しいので、無目的にただうろうろしてるだけでも意外に飽きないし、古そうな謎の建造物とか見るとそれだけでわくわくしてしまうし。たまに変な生きものとかもいるし。
それに、なんといってもあの彫像です。こいつらはすごい。巨大感が尋常じゃない。巨大なものが怖い、にもかかわらず好き、という二律背反的な巨大物体フォビア/マニアの気がある僕にとっては、なんていうかもう、みぞおちにズゴンとくるゲームなのでございますよ。

ひとつ個人的な要望をいえば、誰かに倒されて動かなくなった巨像とか、はじめから動かない巨像の遺跡とかいったようなものが世界のあちこちにあって、それに好き勝手によじ登ったりできればさらにすばらしいだろうと思ったんですが、このゲーム世界の巨像はきわめて特殊な存在で、そのへんに意味もなくごろんと転がっていたりはしないようです。ちょっと残念。

「ワンダと巨像」の前に買ったPS2のゲームは「大神」でした。ほぼ半年ぶりですね。ほとんど置き物同然の扱いだったうちのPS2をもそっと有効に活用すべき、というのが去年からの懸案で、これまでのところ、ありがたいことに途中で飽きて投げ出すようなゲームには出会わずにすんでいます。しかし、ワンダが思いのほか楽しくてちょっとゲームづいた勢いで、ペルソナ4もポチってしまった。さすがに過剰供給かもしれない。

─────
4人の学生がたった8千円のカメラと風船を使い、宇宙から見た地球を撮影に成功
すばらしい。8000円というのがすばらしい。宇宙ってまだまだ手の届かない遠い所なイメージがあるけど、こういう話聞くとあれ?じつはすぐそこなんじゃね?と思えます。

魚石庵: 読書録「増補 聖なるロシアを求めて」
コサックが夢みた地上の楽園、「白水境(ベロヴォージエ)」。それはじつは日本のことだったという。実際に日本へたどり着いた人までいたというから、幻想とはいえそのリアリティは筋金入りだ。キングゲイナーのエクソダス設定とかも、もしかしてこういうものをベースにしているのでしょうか。

[画像] チェスに興じるエイリアンとプレデター
「写真でひとこと」的な笑えるセリフを誰かに考えてもらいたい一枚

円城塔「ホワイトスペース」第1話 (YOMBAN)
複雑系ネタ?のライトノベルだそうです。あとで読む

[画像] 旧ユーゴスラビアのエヴァンゲリオンみたいなモニュメント群
名状しがたき形をした石碑の群れ。でも荒涼とした風景になぜか不思議と似合っている

傑作との呼び声が高いテッド・チャンのExhalation
噂を聞けば聞くほど超面白そうに思えてきてしまう。翻訳版は年末のSFマガジンに掲載されるらしいです。おとなしく待つのが我慢しきれなくなったら朗読のmp3に挑戦するかも。

SFマガジン50周年アニバーサリー企画 Sync Future(仮)
日本を代表する25人のクリエイターと25冊のSF小説がコラボレーションを果たしたアートブック。実際にどういうものなのか、まだよくわかりませんが。とりあえずラインナップは豪華です。磯光雄×飛浩隆でグランヴァカンスのPV作ってほしい。

[画像] トンガ付近での水中火山噴火
水面から大爆発写真こわすぎ。お腹きゅ~ってなっちゃう。でも保存する。

[画像] マリー・アントワネットの乳房碗
おふらんすの歴史的おっぱい茶碗。「はにゃあ」というより「つるりん」て感じか。マリーアントワネット自身の胸をモデルにしたもの、というのはただの噂らしい。

[ニコニコ] 「iM@S KAKU-tail Party SP」 2nd night - Opening
ダンスシンクロはアルファにしてオメガなり

a0030177_21295095.jpgワンダは6体めの巨像を倒してひと休み。ペルソナ4に手をつけてみました。これも楽しい。スタンドっぽいデザインの超能力、田舎町での異常殺人と、まるでジョジョ第四部のような道具立て。戦闘中にカットインが入って漫画のケンカみたいに煙がもくもく出てボコスカできたりするノリの軽さ。青春まっしぐらな学園生活。嬉し恥ずかし友情パワー。あまずっぱい。
不安要素があるとすればプレイ時間です。鬼のように時間食うよこいつ……。クリアまで100時間くらいかかるらしいけど、ちゃんと付き合いきれるだろうか。ちょっと予想がつかない。

時代伝奇夢中道 主水血笑録 弐: 荒山柳生二題
荒山徹の新連載「柳生黙示録」があらすじを聞いただけでものすごい件。魔界転生フラグ立ちすぎ。

[ニコニコ] アイドルマスター プロデューサー年鑑199X
世紀末Pによる北斗系MADアイマスプロデューサー動画まとめ+没ネタ集

─────
篠房六郎日記 09年03月23日(月) 伊藤計劃先輩のこと
伊藤計劃さんが亡くなられたそうです。これからというときに。ほんとうに残念です。
[PR]
by umi_urimasu | 2009-03-18 23:25 | ゲーム
「柳生陰陽剣」荒山徹
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_19432074.jpgこの人の作品に対して、「これはひどい」はそのまま誉め言葉なんだろうなあ。いっそすがすがしいほどに突き抜けてた。普通の小説家はたとえ思いついても実際に書いたりしない。ヘタすれば正気を疑われる。でも荒山徹はためらいなく書く。「フィクションとして面白ければ何やってもいい」という創作姿勢の徹底ぶりは「覚悟のススメ」にも通じるものがあります。「あ、いいんだ。ここまでやっちゃっていいんだ」と。本当にここまでやっちゃって大丈夫なのかどうかよくわかりませんが、まあ小説が面白いので気にしないでおこう。

収録作の「恨流」でひとつ気になったのが、へその緒をたどって武寧王陵の玄室への霊的通路をひらく「胞衣返しの秘術」です。あれって、棺姫がやったのとまったく同じ術を友景もやったわけですね。ということは、「術の間はあさましき姿を晒しますれば」云々というのは、つまり友景も、棺姫と同じそういう状態になってたということになるんだろうか。想像したくない図だな。

「柳生逆風ノ太刀」では狂おしいほど一途な母の愛情を描いておいて、オチがそれかよ!この外道!と凄絶な結末に涙しましたが、じつは淀君の最期には明確な証拠がなく、生存説もあったことをあとで知りました。これをいい方に考えれば読後感も少し変わってきそうです。まあ外道な話であることには変わりないけど。

収録作の中でも特にお気に入りなのは「第十一番花信風」。人間から人間へ憑依(寄生)をくりかえして大奥に忍び込んだ妖術師を、あくまで秘密裏に始末しないといけない。でもいったいどうやって?という、制約つきのトラップ合戦がスリリング。こういう山風っぽいの大好きです。決闘場面も切なくて泣ける。でもってオチがまたひどい。

この作品集、荒唐無稽といえば全編そうなんですが、「八岐大蛇の大逆襲」あたりから相対的にカオス度が増していってる気がします。ベルサイユのばらとか、怪獣映画とか、チャングムの誓いとか。最後の「杏花の誓い、柳花の契り」などはまさに狼藉のかぎりを尽くしていて、征東行中書省の本拠が邪悪なカルト教団の地下宮殿みたいだったり、友景が朝鮮の歴史的偉人たちを片っぱしから惨殺しまくったり。ほんとむちゃくちゃやってます。韓国の人に読ませたらどうなるんだこれ。嫌いだからじゃないんです。むしろ好きすぎてこうなったんです。日本のいわゆる TSUNDERE がちょっと度を越しただけなんです。って言ったら納得してくれるのかな。

それにしても「十兵衛両断」と「柳生陰陽剣」の二作で「柳生面白い」との確かな手ごたえを得たのは僥倖でした。荒山徹からさかのぼって柳生ものや日本伝奇を読んでいくのに、五味康祐、隆慶一郎、柴田錬三郎の三人はいずれ押さえたい。もちろん山風ももっと読みあさりたいし。先は長いですね。

─────
[ニコニコ] 【蝉丸Pの】ニコニコ仏教講座【一問一答】
[ニコニコ] 【蝉丸Pの】ニコニコ仏教講座・其の二【一問一答】
[ニコニコ] 【蝉丸Pの】ニコニコ仏教講座~其の三【一問一答】
煽り荒らしの跋扈するネットライフに疲れた者はこの人のありがたい説法動画など見てしばしニコニコするがよい

FLASHゲーム:無限テトリス
こ、これは……ごく普通のテトリスのはずなんですが。このやるせなさはいったい何。

─────
a0030177_1853326.jpg映画「スカイ・クロラ」のDVD見ました。「上官が痴女」の噂は本当だった……。

機体のおしりにプロペラが付いてる戦闘機ってSFではおなじみだけど現実ではまず見ないよなあ、と思いつつぐぐってみたら、旧日本軍がとっくに開発してました。仕事はやっ。実際の震電と、アニメの散香。まんまだなこれ。
第一次~第二次大戦期のドイツ軍なども後世に残る珍兵器を次から次へ開発していたと聞きますが、戦争に負ける軍隊は珍兵器を開発する、というのはもう経験則みたいなものなんだろうか。というかむしろ珍兵器ばかり作ってるから戦争に負けてしまうのか。それならなんか納得できる。

[画像] 建設中の巨大テトリス
積み方ヘタすぎなのがかえっていい感じ。(alltelleringet.com

[画像] 木の上に造られた茶室「高過庵」
古田織部になった気分で風流なお茶が飲めるかも。でもちょっと怖い。いやかなり怖い

[ニコニコ] タグで動画検索 熊峰P
期待のほっこり動画メイカー

[画像] 名作ゲームブックの萌え化 悲劇的ビフォーアフター
ホビージャパンよりゲームブックが復刊! ゲームブックっていいよね!
挿絵なども容赦なくリフォームされたらしいです。ここまでやるなら、もういっそ「モンスター誕生」を萌え化復刻してみてはどうか。全部美少女モンスターに改変、ただし内容はそのままで。もちろん倒した敵は食うの。猟奇なの。
[PR]
by umi_urimasu | 2009-03-12 20:40 | 本(others)
わずか6語の超短編SFいろいろ
このエントリーを含むはてなブックマーク
Wired: Very Short Stories
ヘミングウェイにならって著名なSF・ファンタジー作家たちが「6語」という制限つきで書いた小説集がありました。クラーク、ル=グウィン、ギブスン、カード、ブリン他、メンバー豪華すぎです。いくつか選んで訳してみました。

【アラン・ムーア】
マシンを。偶然にも私は発明していた、タイム
Machine. Unexpectedly, I’d invented a time

【デイヴィッド・ブリン】
真空衝突。 軌道分岐。 さらば、愛。
Vacuum collision. Orbits diverge. Farewell, love.

【ケン・マクラウド】
太陽光発電に切り替えた。太陽が新星化した。
We went solar; sun went nova.

【オースン・スコット・カード】
赤ん坊の血液型?人類さ、ほぼね。
The baby’s blood type? Human, mostly.

【ニール・スティーヴンスン】
チク、タク、チク、タク、チク、チク
Tick tock tick tock tick tick.

【アーシュラ・K・ル=グウィン】
落ち着いて。とにかくマッチをそれにつけて…
Easy. Just touch the match to

以下は2chで訳されていたものを抜粋。

【アーサー・C・クラーク】 (制限字数オーバー)
神がいった。「創世記計画を中止せよ」宇宙は存在を止めた。
God said, 'Cancel Program GENESIS.' The universe ceased to exist.

【アイリーン・ガン】
コンピューター?我々はバッテリーを持ってきてたっけ?コンピューター?
Computer, did we bring batteries? Computer?

【ルーディ・ラッカー】
ペニスがとれた。彼は妊娠したのだ。
His penis snapped off; he’s pregnant!

【ヴァーナー・ヴィンジ】
墓碑銘「愚かな人類よ。地球から脱出できなかった」
Epitaph: Foolish humans, never escaped Earth.

【ブルース・スターリング】
高くつきすぎるぜ、人間のままでいるってのは。
It cost too much, staying human.

【ハリイ・ハリスン】
タイムマシンが未来に到達したぞ!!!...誰もいねぇ...
TIME MACHINE REACHES FUTURE!!! … nobody there …

【ウィリアム・ギブスン】
ブッシュが真実を語った。地獄が凍り付いた。
Bush told the truth. Hell froze.

補足。
▼ アラン・ムーアの作品は、本来は「偶然タイムマシンを発明した」であるべき文章が、タイムマシンを発明した時点(ちょうど time と machine のあいだ)で時間が過去に飛んでしまったというもの。さらにタイムパラドックス回避のために時制も変更され、「すでに発明していた」ことになっている。6語しばりでこれはうまい。
▼ ブリンのはなんだか映画のコピーみたい。この人はこういうドラマチックな感じの短文とか大好きそうなイメージがあります。スタータイド・ライジングでもイルカに俳句を詠ませたりしてた。
▼ ケン・マクラウド。韻を踏みつつエネルギー問題ネタ。何事もなければ太陽の新星化まで50億年ぐらいかかるらしいですが、無理やり新星化って可能なんだろうか。木星とかぶつければ。
▼ ニール・スティーブンスンのは……つまりどういうこと?誰かこの意味わかる人いたら説明プリーズ。
▼ ル=グウィン。これも漠然としていて意図を測りかねました。to以下は想像におまかせってことだろうか。

元記事には他にも有名作家の作品がいろいろ載っています。まだ見てなくて興味のある人はゴーするよいね。

─────
超大作がついにアニメ化! 『蒼天航路』、2009年4月より放送開始決定
「曹操の死をもって終わる」とあるので最後までやる気らしい。細部はかなりカットされそう。キャラクター画にはゴン太キャラの精悍な色気がよく残っています。でもこれ動かせるのかね。

米国で日本SFの翻訳出版専門レーベルスタート 野尻抱介や乙一ら
この話の補足情報。SFマガジン4月号に掲載されたHaikasoru編集長のインタビューで、作品を選ぶ条件のひとつとして「メインキャラクターに女性がいる」ことがあげられていました。英米の、特にハードSF系の小説では女性がメインキャラの作品があまりないからだとか。そうだったかな。そう言わればそんな気もする。でもあんまり本の売れゆきとかには影響なさそうな気もします。いくら女っ気出してもハードSFじゃなあ。ともあれ、一応第一弾のラインナップは(ZOOはさておき)女性が活躍する作品がチョイスされておりました。第二弾はどうなるか。
あと、Haikasoru.comには刊行作品からの抜粋などもアップされる予定らしい。立ち上がったら見に行こう。

[youtube] 3DCGアニメ「ジャスパー・モレロの冒険」
これはすごい。30分間ガッツリ見入ってしまった。(ヴェルヌ+ポー)×スチームパンク?

「柳生陰陽剣」が面白すぎて死ぬ!「柳生逆風ノ太刀」で完全に魂抜かれた。荒山徹こそは山風の魔界転生成りし人物に相違なからん。
なんか逆風っていう技、ほんとうにあるようですね。実際にはどんなものなんだろか。戦国時代にビデオカメラがあったらよかったのに。
→つづき。「第十一番花信風」まで読み終えた。泣ける!しかも決闘シーン超かっこいい!あがが。
「十兵衛両断」では気がつかなかったけど、こちらの作品集では、逆風ノ太刀の淀君、十一番花信風の杏姫、「八岐大蛇の大逆襲」のインモク大妃など、母子愛がストーリーに深くからむケースがかなり多いです。山風作品にはないウェットな感じ。こういうのもおいしいな。
→さらにつづき。勢いがついてしまって一気に読了。至福!最後の一頁までわくわくし通しでした。いやあ、伝奇って本当にいいもんですね。
十兵衛両断を先に読んでおいたのは運がよかった。いきなり柳生陰陽剣から読みはじめていたらかなり混乱したかもしれない。
[PR]
by umi_urimasu | 2009-03-03 21:15 | まぞむ