<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ファンタジーとマジックリアリズムの類似点
このエントリーを含むはてなブックマーク
ガルシア=マルケスの「エレンディラ」を読み返していたら、あとがきに面白いことが。
「2メートルのミミズにせよ、無数の蝶にすっぽり包まれた女性にせよ、われわれにとっては驚きであっても、そこに住んでいる人たちにとっては、ごくあたりまえの日常的なことでしかない。それを驚異と感じるためには、見慣れてしまって何の驚きも感じなくなっている魂を目覚めさせ、あらためてそれが驚異であることを発見しなければならない。」 (「エレンディラ」訳者あとがき 木村榮一)
ここで僕が「あれ?なんか近いこと言ってそうだな」と思ったのが、トールキンの言葉、「馬や犬や羊に目をひらくためにはセントールや竜にであう必要がある」でした。これは「ファンタジーには見なれた現実からいったん距離をおくことによって、本来驚異にみちている現実の姿を再発見させる力がある」というトールキンの考え方を端的にあらわした一言。らしいです。

南米マジックリアリズムを代表する作家たちは、ヨーロッパ大陸に移り住むことで祖国の土地や文化がもつ驚異にあらためて気づき、それがマジックリアリズムの手法を生み出すきっかけになったのだそうです。これって、トールキンの考えるファンタジーの仕組みになんとなく似てないでしょうか。トールキンの場合、ありふれた日常に隠された驚異に気づくためには北欧やケルトの神話や伝承に触れるのが効果的だと考えたわけですが、もしこれを架空の世界に限定しなければ、外国の文化だって初めて体験する人にとっては異世界と大差ないはずです。
つまり、ファンタジーもマジックリアリズムも、なじみのある世界となじみのない世界を相対化する体験から生まれる文芸だと考えれば、創造の動機というか、根っこはわりと近いんじゃないかなあ。という気がしたんだけどあんまり自信はない。とりあえずアイデアとして保留しておこうと思います。

ちなみに日本はどっちかというとファンタジーよりもマジックリアリズムに適したお国柄で、昔から現実と非現実を厳密に区別せずうやむやに受容する精神性があるみたいです。どこにでも何にでも神様や精霊が宿っていたり、なんでもかんでも拝んでしまったり。よく言えばおおらか、悪くいえばなあなあ主義か。日本でファンタジー文芸が育ちにくい理由として、河合隼雄もそんなふうなことを言ってた気が。

余談。「エレンディラ」の訳者あとがきには作家のミルチャ・エリアーデの言葉として、「民衆の記憶に保存されるべき精神的体験は、実在の人や事件としての歴史ではなく、神話的モデルに託されることによってはじめて生きつづけることができる」みたいなことも書かれてました。納得。ターンエーガンダムってまさにこれだ。

─────
G・R・R・マーティン&U・K・ル=グウィン インタビュー The Future of Science Fiction
ラジオ音源。「SFはidea(発想?理性?)の文学か否か」という話題で、僕もちょっと聴いてみましたが英語力不足につきギブアップ。とほー
Tear Down The Bookshelf Markers, Urge LeGuin and Martin
ちょっとだけテキスト起こしされてました

思わず身体を動かして演じてみたくなるような日本語たち
井伏鱒二、筒井康隆、鼓直、柳瀬尚紀などなど。「声に出して読みたい・聴きたい」文体だったら瀬田貞ニ、黒丸尚とかもいいなあ。町田康や古川日出男はインパクトはあるけど耳に心地よいっていう感じじゃない。

[youtube] ローリング・ストーンズ&マーティン・スコセッシ「Shine a Light」予告編
そろそろ日本公開。お元気そうで何よりです。こんな眠い演奏よりも Ladies and Gentlemen の公式DVDをいい加減出してくれ等の愚痴は思っても言わない方向で

─────
引用文を枠線でかこむようにデザイン変えてみた。この方が引用した感がはっきりしてよいかも。自分で勝手に考えたあらすじ文にもblockquote使ってたのでそのへん直したほうがいいかな。いずれそのうち。

[ニコニコ] 喘ぎ声がすごくて夜中使えないエロい洗濯機
家電もついにここまで来たか

東京創元社 | 銀河英雄伝説外伝〈2〉 解説:円城塔
ああいうものに円城氏がどんな解説を書くのかちょっと気になるところ

第29回日本SF大賞に『新世界より』(貴志祐介)と『電脳コイル』
名前はよく見るけどホラーの人というイメージが強くて避けてた。トライしてみようかな。
[PR]
by umi_urimasu | 2008-11-26 21:43 | 本(others) | Comments(2)
TRPG小説を除外するSFの定義
このエントリーを含むはてなブックマーク
「その世界での厳密なルールの範囲内で、すべての事象が起きる」がハードSFの定義だとTRPGの小説版はすべてハードSFになってしまうので、もっと別の言い回しか補足が必要
SFムーンストーン enziの日記
こういうときは、SFとファンタジーのちがいに関するテッド・チャンの意見とかを利用してみるといいんじゃないかと思います。「ファンタジーでは宇宙の法則が個人の個性を区別するが、SFでは区別されない」ってやつ。

チャンの言い分は、砕いていえば「SFの主眼はキャラクター固有の物語ではない」ということです。主人公の成長とか冒険とか生きたとか死んだとか、そういう個人の運命の話がファンタジーでは重要です。TRPG小説にも似たようなのが多いんじゃないかな。でもSFの主眼はそういう部分には置かれません。SFで肝心なのは、「ルールに厳密にしたがった結果、その世界が現実と比べてどのようにズレたものに変わるか」というところです。重要なのは「ルールに起因するズレ」であり、人物の運命などはこれに比べればおまけも同然です。

「いくらルールを厳密に守っていても、その結果起きる事象がありきたりな成長や冒険や死といったものごとでしかなければSFとは呼べない。逆に、起きる事象がルールに照らして理にかない、なおかつ『そのルールのせいで』世界を意外な姿に変容せしめていれば、それはSFと呼べる。」
てな感じの見方を、僕はSF度合いを計る個人的な基準のひとつにしています。実際にはそれだけでSFと非SFにぶった切るような本の読み方はほとんどしてないし、するメリットもないと思うけど。

こういう自分用の考え方をきちんとした定義文にするのは難しいですね。シンプルな言い方が思いつかない。

─────
「氷と炎の歌」 登場人物出演章ランキング
まさかのサー・マーリン7位。おそらくサーセイとティリオンに引っぱられてるんでしょう。

尻毛を決して剃ってはいけない理由 (JGeek Log
「人体に無駄な器官など何も無いのだよ、関口君」といったところですかな。

[画像] ありえないほど満員な列車 その1  その2  その3
パキスタンではよくあること、なのかどうか

[画像] 大自然の驚異をひしひしと感じることができる異様な雲いろいろ
[画像] 巨大嵐の写真サイト Extreme Instability
恐怖症の一種に、雲恐怖症(Nephophobia)というのもあるらしい。怖い怖いといいつつせっせと雲の画像を集めたりしてるのは、Nephophobia?それともNephomania?

宮崎駿監督、麻生首相の自称「漫画好き」に苦言
公にしても恥ずかしくない程度の趣味なんて大して面白くないよ。宮崎駿がこっそり作る恥ずかしいアニメにはかなり需要があると思われる。

[ニコニコ] 魂のソフラン
まずその発想に脱帽。永世マイリスト入り

[画像] ロシアのケーキアート  (Damn Cool Pics)
「食べ物に見えない」外見に傾ける技術と情熱がすごいです。味はうまいのかなあ

[異形の群れ] Armageddon Days Are Here
クトゥルーでほっこり

[画像] 13 of the Coolest Art Installations in the History of Burning Man
アメリカ・ネバダ州の砂漠で毎年行われるアートフェスティバル。巨大オブジェがいっぱい
[PR]
by umi_urimasu | 2008-11-19 19:57 | まぞむ | Comments(2)
「クリプトノミコン 〈1〉 チューリング」ニール・スティーヴンスン
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_0362442.jpg暗号を解くということは素因数分解と同じだ。という計算理論の基本的な考え方は、ニール・スティーヴンスンのサイバーパンク小説「ダイヤモンド・エイジ」の中にもネタの一つとして出てきますが、こちらはタイトルからしてそのものずばり、暗号(クリプト)をメインテーマにした作品です。邦訳は文庫で全4巻。ローカス賞とってます。僕はまだ第1巻を読んだだけなので、そのかぎりでの印象をつれづれに語ってみようと思うのですが。

まず「クリプトノミコン」がどういうジャンルに属するのか、ということについては、分類の無意味さを承知で「ノンジャンル」とでも答えるしかないでしょう。少なくともSFとかスパイものとかいった既存のジャンルにきちんと収めるのは無理っぽい。この作品は冒険小説であり、戦争小説であり、企業小説であり、歴史小説であり、コンピュータ小説でもあります。物語がすすめば、さらにラブストーリーや友情ドラマやその他有象無象の小説要素がどんどん投入されてくるはずです。読者はその巨大な複合体から、なんでも好きなジャンルの成分を切り出して自分の流儀で楽しめばよろしい。膨大な量のディテールと思索とジョークを込めた、しかも読みやすい語り口がそれを可能にしてくれるでしょう。ただし、物語の中でもいちばん重要そうなポイントに打ち込まれた礎石のようなものが一応は存在していて、それがあらゆる計算方法の基礎原理、「チューリングマシン」についての概念です。
こういった、それによって全体に一本の筋を通すようなキーアイデアを小説の核と考えるなら、この大作を、たとえば「計算娯楽小説」という新ジャンルの一例と考える手もありではないかなと。
そんな嗜好の僕が第一巻で個人的にいちばん喜んだ箇所は、アラン・チューリングが漕いでいる自転車をアナロジーとして用いてエニグマ暗号機の基本原理を説明するところでした。これよこれ、こういうのを期待してたのよ。もうどんどんやってくれといいたいですね。

チューリングが何した人かよく知らないという人には、手始めに下↓のページあたりがお役に立つかと思います。
  チューリングの悲劇 ~毒リンゴを食べた天才~
  チューリングの遺産 ~エニグマ暗号とTM~
  チューリングマシンの原理
ゴシップなども含めて伝記風に書かかれており、Wikipediaよりもやや下世話で娯楽的な読みものになってます。

暗号とか人工知能とかいったものは、本質的に「解きにくい計算問題」=「めんどくさい素因数分解」だとみなすこともできるので、暗号ミステリやAIネタのSFなども計算エンターテインメントとは袖をふりあう間柄といえます。暗号小説の領分(?)だと、日本が誇る巨匠・江戸川乱歩もなかなかの暗号マニアだったようで、コンピュータの概念すらない時代に「二銭銅貨」などの巧みな暗号トリックを用いた推理小説をいくつも書いていました。もし乱歩並に淫靡で妖奇な、しかも同時にニール・スティーヴンスン並にサイバーパンク的でユーモラスな計算小説がこの世にあったとすれば、それはもう吐血しかねないほど僕好みな作品かもしれない。どっかにそういうのがないものかな。

話がそれました。戻す。
「クリプトノミコン」における物語のタイムラインは、第二次大戦期から現代までです。そこにアラン・チューリングなど実在の人物を配置し、その時代にないテクノロジーは一切使わず、もっともハイテクなものでもせいぜいWindows95が関の山(原著の出版は1999年)。要するにかなり現実そのままの世界設定です。そういう縛りの下ではSFらしさを出すことも難しそうに思えるのですが、それでもどこかしらサイバースペース的な遊離感覚を感じさせずにはおかないのがじつに不思議なところなので。そこがポストサイバーパンクの代表とされるこの作家のオリジナリティ、ということなんでしょうか。わからん。わからんが嫌いじゃない。

─────
クリプトノミコンとはまったく無関係なネタですが、ノミコンつながりで傑作な事典パロディのページがかかりました。
UnBooks:初めてのネクロノミコン - アンサイクロペディア
とりわけ「抜粋」の項目がひどい。こんな感じです。
ディックはよみます。くねくねした ふるいかみさまの ほんをよみます。
よみます よみます よみます。ディックはよんで、よみます。
ディックはよびます。ふるいあんこくのかみさまの じゃあくななまえをよびます。よびます、ディックは、よびます。
ツァトゥグァ! クトゥルフ! ヨグ=ソトース! ばんぶつのおう アザトース!
ディックは アザトースがみているものをみます。アザトースは めがみえない まぬけなかみさまです。ディックは にんげんがしってはいけない くるってしまうほどの うちゅうのこんとんにふれます。ディックは うちゅうのことわりを しったのです。
ちちなるダゴン! ははなるハイドラ! イタカ! ハスター! イア! イア! シュブ=ニグラス!
シュブ=ニグラスは、せんびきのこどもをみごもった もりのくろやぎです。やぎ やぎ やぎ。
─────
ひとつ終わった。 桜庭一樹オフィシャルサイト Scheherzade - Diary
>赤朽葉のスピンオフ作品のタイトルが「バリバリ毛毬伝説」に決まる
これ、まさか本気とは思ってなかったけどもしかしてほんとにやるんだろうか?
↓には「あいあん天使」のプロットつくったと書いてあるし。
予告広告。箱買い。あいあん。特設ページ…。

「スプーク・カントリー」ウィリアム・ギブスン
クリスマス刊行予定。パターン・レコグニション路線の作品らしいので期待はしてるが渇望まではしていない。
昔の自分の感想を見てみたらおぞ気が立つほど高慢ちきで恥ずかった。二度とあんなふうに書くものか。

SCI FI Channel、「ダイヤモンド・エイジ」を6時間のシリーズ化
HBO、「氷と炎の歌」パイロット版の制作決定
アメリカのケーブルTV局では現代SFやファンタジーのドラマ化など大して珍しくもないようで、うらやましいかぎりです。日本はその方面はもう全然。

氷と炎の歌 予想キャスティングリスト (スタークラニスターバラシオン、他多数)
これだけ数が多いと一部はほんとに当たるかも

TVアニメ「ホワイトアルバム」設定画
調子に乗って痕もアニメ化されたりしないかなあ。

伊藤計劃「ハーモニー」近刊情報きたー
〈生府〉を基盤とする医療福祉社会は、ある衝撃的な事件を機に崩壊の危機に瀕した。WHOの監察官・霧慧トァンはその背後に自殺したはずの親友の影を見るが……『虐殺器官』に続く待望の第2作
医療サスペンスっぽい話なのだろうか。とりあえずわくてか

[ニコニコ] im@s雀姫外伝 エンディング
「ムダヅモ無き改革」アニメ化への布石

小川一水「第六大陸」漫画化 (FlexComixネクスト)
Webコミックだそうで。なんかえらくゆるいイラストが載ってるけど大丈夫かな。
[PR]
by umi_urimasu | 2008-11-13 01:23 | 本(SF・ミステリ) | Comments(2)
「Boichi作品集 HOTEL」
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_10342970.jpg方々で絶賛されてるSF漫画短編集。でもなんか、普通だったかも。SFとしては大して新味のない、ごくありきたりなものに思えます。遠い未来に目をこらしてちゃんと見ようとする姿勢はクラークなどにも通じますが、個人的には落としどころが素朴すぎるのが物足りませんでした。泣ける話だったね、長いあいだ大変だったね、で?っていう。そこから先こそSFの領分だろうと思うんですが、そこで話が終わってる。

僕は自分の好みに合う漫画しか読んできていないので、これが世間一般的にみて漫画としてどの程度すぐれたものなのかはよくわかりません。ただ、「これは遠い未来の風景なのです」というわかりやすい視覚的説得力をもった絵は僕も大好きだし、そういう技量については相応に評価されてほしいと思います。Boichiという人は韓国で映画づくりもやっていたらしく、日本で主流な漫画のスタイルよりはやや映像寄りな、挿絵とかイメージイラストなどに近い手合いのものが得意そうな印象も受けます。「HOTEL」ももしかしたら話は後づけで、烈風の中にそびえる錆びた巨塔のイメージから先に生まれてきたものだったのかもしれません。

蛇足ツッコミ。とりあえず恒星間航行宇宙船なんか建造できる技術があるんだったら月面コロニーとか作ればいいのに。余裕で作れるだろ。それに人類のDNAを保存するにしたって地上施設なんかより月に埋めとくほうがずっといいのに。2700万年の壮大な無駄働きだと思うと別の意味で泣ける。読みやすさや絵づらを優先してるせいだと思うけど、単なる「SF風味」ですませたくないなら科学考証という穴うめ作業もがんばってほしいところです。

─────
山尾悠子放置プレイ中。ニール・スティーヴンスン「クリプトノミコン」第1巻を半分くらい読んでみました。予想に反して非常に読みやすい戦争冒険活劇。「ダイヤモンド・エイジ」のウルトラバロックサイバー児童文学風な奇矯さは微塵もなくて、まるでハリウッド映画みたい。これ、ちゃんと暗号理論炸裂な話になっていくのかなあ。

美女すぎると話題騒然…ウクライナのユリア・ティモシェンコ首相
素で映画女優レベル。ほんとにいるもんだなあ。でも金融危機で肩の荷は重そう。人呼んで「ウクライナのジャンヌダルク」……それなりにヤバイ人という噂もあり。

座布団投げは警察に通報 九州場所
4枚つづりで10kgにもなる恐ろしい座布団。ヘタすりゃ凶器だ。こんなの導入するより、いくら投げても安全な軽くて柔らかいざぶとんにした方がいいのでは。

太陽帆船、金星へ出航準備 H2Aに搭載計画
川口研究室 projects
太陽の風背にうけて、青を心に一、二と数え――東方にソーラーセイルで惑星間航行をめざす者どもあり!

[ニコニコ] ブロリープロデューサーでてってってー
さすがマンタPとほめてやりたいガンバッバ

[ニコニコ] Dschinghis Khan めざせモスクワ
[ニコニコ] Dschinghis Khan ジンギスカン
ときどき猛烈に見たくなる動画
[PR]
by umi_urimasu | 2008-11-08 12:47 | アニメ・マンガ | Comments(0)
映画「レッド・クリフ」
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_11515799.jpg封切がちょうど映画の日だったので、混雑をおして観てきました。それなりに楽しかったです。大人数の戦闘シーン、巨大なセット、贅を凝らした衣装など、目の保養によろしげな映像が満載で。なんでも中国映画史上最高額の制作費(100億円)が投入されたとか。さもありなんという感じでしたよ。
ジョン・ウー監督、「レッドクリフ PartI」の魅力を語る

パート1の今作では、長坂の戦いから赤壁の戦い前夜までが描かれます。友情バンザイ的な真心が通じて劉孫が同盟したり、孔明が理不尽な洞察力を発揮して曹操軍を撃破したり、なんだか腑に落ちない描写もちらほら目についたけど、三国志演義ってこういうノリだったかな。一応、横山三国志を子供のころに一度だけ通読してはいるんですが、ほとんど覚えてないのでなんとも……。

この映画では登場人物はみんな義侠と高徳の権化みたいな人ばかりで、なんでも奇麗ごとで話がついてしまいます。いかにもウーさんの好きそうな。でも僕はどちらかというと、登場人物がもっと生々しくエゴまるだしで衝突してひどい目に遭ったりするのをドラマ的に心地よく感じる癖があるようです。歴史劇の場合などは特に。つまりは富野イズムっぽいやつが好きなのか。
あと、気になったというほどでもないけど、周瑜(トニー・レオン)と諸葛亮(金城武)が二大主役として出ずっぱりなのに比べて劉備をはじめ他の英雄豪傑たちがバトル以外ではほぼ空気になっていたところ、もう少しバランスをとってくれれば嬉しかったかなと思わないでもない。

冒頭の戦闘シーンなどは素人目にもかなり「七人の侍」を意識しているように見えましたが、ジョン・ウー自身も黒澤明からの影響について語っています。影響というか、お手本?
今こそ蘇らせたかった、リアルな『三国志』群像
最近のジョン・ウーは、見得を切るような型のアクションをしたりくどいほどのスローモーションを使ったりということはもうあまりしないのでしょうか。あの水中の舞のようなアクションが見られないのを残念がるべきか、むやみにトリッキーな演出に走らない大物の風格が出てきたと喜ぶべきなのか。でもあいかわらず二刀流はやってた。変わらない部分もあるんだろうな。

ところでこの映画、もともと劉備のキャストにはチョウ・ユンファが予定されていたそうです。劉備役から周瑜役に変更、その後結局降板。ギャラが原因だそうですが、じつに残念なことです。
「レッドクリフ」のジョン・ウー監督、「ユンファと夢かなえたかった」
かえすがえすも残念です。そのユンファは男たちの挽歌の新作を製作するつもりのようです。
チョウ・ユンファの名作「男たちの挽歌」復活へ、全編英語で...
で、その監督はウーじゃないのかい。

─────
「大神」終了。ヘボプレイヤーなりにかなり楽しめました。特にコミカルな雰囲気の強いゲーム前半は個人的に満足度100%。前半だけもう一周したいぐらいです。ただし、後半は笑いの要素がやや乏しくなり、純粋にテクニックを試されるだけの場面が多くて、もともとアクション下手な僕はいまいち余裕のないプレイになってしまいました。残念。しかしそれでも「やってよかった」という気持ちには変化なし。できれば月を舞台にした続編を発売してほしい。イッスンとアマ公をもう一度会わせてやりたいなあ。
[PR]
by umi_urimasu | 2008-11-02 09:53 | 映画 | Comments(0)