<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
「METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS」伊藤計劃
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_21325845.jpg遺伝子に書き込まれた死の運命に敢然と立ち向かい、世界を救おうとする老英雄のラスト・ミッション。伊藤計劃にとっては長編第二作となるノベライズです。原作「メタルギアソリッド4」に完全準拠(たぶん)したストーリー、ちりばめられたマニアックなMGSネタなど、ゲーム版シリーズのファンには広く深く歓迎されそうなリスペクト精神にあふれた作品。

ただ、「虐殺器官」や「From the Nothing, with Love」の方角から入ってきた人は注意が必要かもしれません。これまでの伊藤計劃は、現実と虚構や自己と他者についての思索を展開するにあたって無理のない程度の、そこそこにリアリスティックでやや淡白な感じのプロットやキャラクターを用いてきました。それがまた、行き着く世界の閉塞感とか諦観らしきものによくマッチしていて、なんというか、たとえるなら「村上春樹風サイバーパンク」(?)みたいな、独特の雰囲気を形づくっていました。しかしその雰囲気こそ伊藤計劃の持ち味と評価していた人が、同じものを期待して「ガンズ・オブ・ザ・パトリオット」を読んだとしたら、ひどく面食らうことでしょう。何よりもその徹底的な「ゲームくささ」に。

今回出てくるシチュエーションは「現実じゃありえないけどゲームではお約束」なものばかりだし、スネークはいくら瀕死で戦闘不能になっても次のミッションまでにさくっと回復してくるし、リキッドは何から何まで芝居がかってて超クドイし、戦闘シーンは主役補正かかりまくりだし、キャンベルやナオミは聞いてもいないのに「説明しよう」とばかりにしゃべり始めるし、説教するつもりじゃないのかもしれないけど結果的になんとなく説教くさい話になってるし。

こういった、いわば「ゲーム的な親切さ」に最適化された物語は、たぶんリアリズム志向の読者には向きません。でもMGSのプレイヤーにとっては「これぞMGS」と感じられるはずで、伊藤計劃もまさにそれを狙って書いたのだと思われます。そのためにおそらくゲーム用のシナリオをほとんどいじらずに使い、伊藤計劃は文章を補うだけに徹しようとしたのではないか。と推測していたんですが、作者あとがきにもやっぱりそのようなことが少し書いてありました。
設定やプロットを借りるだけでなく、MGSをプレイすることで味わえる「ゲーム体験の感じ」までそうやって再現しているという点では、普通の小説よりもむしろゲームのリプレイとかに近い性質の作品といえるかも。


作品のテーマとかメッセージとかについては、みんな書いてそうだしいいかなあ。と思いつつ少しだけ。
人間は消滅しない。ぼくらは、それを語る者のなかに流れ続ける川のようなものだ。人という存在はすべて、物理的肉体であると同時に語り継がれる物語でもある。スネークの、メリルの、ここに集う兵士ひとりひとりの物語を誰かが語り続けるかぎり、ここにいる誰ひとりとして消えてしまうことはない。
その言うや善し。人がまさに死ぬそのときに語ったことは、単なる言葉ではない。それはぼくという存在に根を張って、未来に向け枝を伸ばしてゆく生命の一部なのだ。
語り手であるオタコンを通してしつこいくらい何度も強調されるのが、「物語について物語る」意義についてのこの考えかたです。人生で大切なのは人から人への伝達なんだ。という、「虐殺器官」をネガポジ反転させたみたいな人生賛歌。僕はいわゆる人生論っぽいものにはあまり摂動を受けない方だと思うんですが、自身も難病と闘ってきた経験をもつ伊藤氏が書いたのだと思うとなんか襟を正さないといけないような気に……。実際にそういう境地に立った人ならではの迫力みたいなものだろうか。うーん。

余談。アーセナルに乗り込む場面で心中「DARPA人間砲弾!」と叫んだ人は北斗世代まちがいなし。DARPAってやはり「楽しい軍事開発」がモットーみたいなイメージありますよな。

余談2。リボルバーオセロットと岸和田博士はそっくりさんである。
a0030177_21354899.jpga0030177_2136348.jpg
a0030177_21301711.jpga0030177_2130664.jpg

─────
answer songs 短篇 円城塔「さかしま」配信開始
あとで読もう。しかしあのビューアの不便さはどうにかしてほしい。

UNCHARTED SPACE - MISCELLANEOUS WRITINGS
[今月の雑文]ページにて皆川博子講演会レポート順次追加中。行けなかった身にはありがたいです。

[ニコニコ] 北斗のP ケンシロウプロデューサー 千早「一日署長」
鬼の哭く街と書いて鬼哭街。あいかわらずリアクションのチョイスがすばらしい

山田風太郎が“駄作”とした幻の忍法小説の直筆原稿見つかる
「忍法相伝73」。山風自身が著作のABC自己評価で「P」を付けたほどの作品だとか。それはそれで読んでみたい気もする。ちなみにその自己評価リストは山田風太郎wikiにまとめがあります。大雑把なもので、あまり未読の人の参考にはならなさそうだけど。
[PR]
by umi_urimasu | 2008-06-27 20:47 | 本(SF・ミステリ) | Comments(0)
「はるかな響き Ein leiser Tone」飛浩隆
このエントリーを含むはてなブックマーク
楽しみにしていた『Answer Songs』企画の短篇第一弾が公開されました。飛浩隆氏ご本人のサイトでもすでにアナウンスされています。いざや飛ファンよ、こぞりて読みにゆかん!

というわけでさっそく読んできたでござる。
はるかな昔、ヒトは進化の途上で知性という宝を手に入れた。だがその代償として、彼らはある大切なものを永遠に失うことになった。かつて一心同体であったはずの、懐かしい原初の〈響き〉。この宇宙のすべての知性が、ひとしく焦がれ追い求める〈響き〉。そのかすかなエコーを聴き取るために〈スウォームキャスト〉は開発されたのだ。しかし今、この荒れ果てた惑星で、何者かがスウォームキャストに奇妙な細工をほどこした痕跡が見つかり……。
意識とは何か。その輪郭をどうにかしてとらえることはできないのか。いわゆる認知的閉鎖の問題からスターチャイルド爆誕(?)までスケールが大きく飛躍する、知性テーマのSFとしては王道をゆく作品です。ただし、「音楽」や「味」や「死」の細やかな表現によって喪失の哀しみを強烈に際だたせているのがいかにも飛浩隆らしい。

アーサー・C・クラークへの真摯なオマージュとして、名作「2001年宇宙の旅」に認知科学的な新解釈を加えたアナザーストーリーとして、飛ファンにとっては「廃園の天使」の続編が出るまでの栄養補給のチャンスとして。SF好きならばチェックしておいて損なしの一篇といえましょう。無料だしね。
公開期間などは明記されていませんが、もしかしたら期間限定コンテンツかもしれませんので興味のある方はお早めに。

以下余談。
意識とか自我とかいったもののはたらきが、じつは人間の活動においては大したウェイトを占めていない。という話は、伊藤計劃の「From the Nothing, with Love」でも使われていて、つい先日もほうほうと感心していたところでした。「ラギッド・ガール」もそっちの領分のネタをいろいろ扱っていて、作中で人間の意識は「差分」しか感じ取れないっていう説が出てきます。網膜に映る映像を固定すると人間は一瞬で目が見えなくなってしまうとかね。ドラホーシュ教授に言わせれば「意識は構造ではなく現象だ。パラパラ漫画がなぜか動画として成り立っているようなものだ」つーことらしいですが。
アニメにたとえると、普通の人間が「動いてるナー」と感じてそれで終わるただの観客だとすれば、阿形渓さんは一枚一枚の絵をすべて脳内倉庫にストックしておいて、いつでも任意の一枚を取り出したりシーンを再生したりできるディレクターみたいなものか。

ちなみに映像記憶 - Wikipediaには、ヒトの映像記憶は「幼少期には普通に見られる能力」って書いてありました。まじか。知性の代償以外にもいろいろ失ってるんだなーもー。

─────
[ニコニコ] Queen - LIVE AID 1985
人類の規格外、フレディ・マーキュリー。こんな人間がほんとにいたのかと、映像を見てさえなんか信じられないような気分
[youtube] Queen - Live At Wembley Part 01
同じくクイーン、ウェンブリー1986。LIVE AIDのほうが声の出はいいっぽい?

[ニコニコ] 子安武人にアイドルマスターを実況プレイさせてみた
サムネの御大将閣下に釣られざるをえなかった。オーディションで月光蝶呼ぶんじゃない!

“文豪の名作”ד人気漫画家”!川端康成『伊豆の踊子』の表紙カバーを荒木飛呂彦先生が手掛ける
僕がもってるのは古い集英社文庫版でした。カバーだけ荒木版と取りかえたい……

電脳コイルナイト - END_OF_SCAN
すげえ。あとで読む

[ニコニコ] ∀キプロガンダム  vol.2
エキプロでターンエーせいいっぱい再現動画。ローラにおっぱいが!ユニヴァース!
[PR]
by umi_urimasu | 2008-06-21 14:10 | 本(SF・ミステリ) | Comments(0)
G・R・R・マーティン「乱鴉の饗宴」発売決定
このエントリーを含むはてなブックマーク
冬が)きたあああっ!

ジョージ・R・R・マーティン〈氷と炎の歌〉第4部邦訳、上下巻同時刊行!
ハヤカワ・オンライン 刊行予定
オンライン書店ビーケーワン:乱鴉の饗宴 上

刊行日は早川書房のHP情報によれば2008/07/25、価格は各々2,940円。
訳者は岡部氏から酒井昭伸氏にスイッチ。マーティンのタフシリーズやシモンズのハイペリオンシリーズなども訳されている超ベテランなので、心配無用ですね。

ちなみに乱鴉の饗宴の原題は「A Feast for Crows」というのですが、以前2chのSF板のマーティンスレで邦題予想の話が出た際に「鴉たちの宴」「黒鴉の饗宴」とかを挙げていたのは誰あろう僕でした。惜しい。一字違いだ。

「剣嵐の大地」の感想、どうしようかな。もうけっこう忘れてるしな。

─────
[ニコニコ] 俺らインスマスさ行ぐだ (旧支配者のキャロル) アイドルマスター
アストロPがクトゥルーネタにてつかまつる。

─────
(6/15追記) 皆川博子講演会関係。昨日の今日で、まだ質疑応答のくわしい内容とかはあまり検索にかからないんですが、漏れ聞こえてくる感想の断片だけでも。みんなが口をそろえて彼女を「かわいい人」だと云う……
UNCHARTED SPACE
皆川博子スレッド@2ch
皆川博子さん講演会 - FAIRY TALE

無題のドキュメント やる夫で学ぶ戦国の女性武将
小田原攻めの際、圧倒的戦力差をものともせず秀吉軍をこてんぱんにのしたという伝説の美少女・甲斐姫。彼女が「風来忍法帖」の麻也姫のモデルなのであった。あやふやな歴史ってすばらしい

24時間アイマスTV!~みんなまとめてアイドルマスター~ これから見る人向け番組表
今日6/16。およそ48時間遅れでフォロー中。みんな楽しそうでよいよい

伊藤計劃「GUNS OF THE PATRIOTS」買えたー。読書欲をもてあます。
他の人の感想をチラ見したところでは、「ポジティブな虐殺器官」という評価が多いっぽいかな。

─────
ティリオンって作中では醜貌の侏儒として描かれてますけど、僕の脳内ではなんとなく、ちょっとかわいいイメージだったりもしてますねえ。↓こんなん。a0030177_22594875.jpg
誰かこの素材ティリオンに改造してくれ。
[PR]
by umi_urimasu | 2008-06-14 01:24 | ニュース | Comments(2)
「エンディミオン」(下) ダン・シモンズ
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_0482816.jpg小説に対し、「どこを楽しむか」「何を期待して読むか」という読み手のスタンス、事前の心がまえによって、同じ小説でもその読み心地はまるで別の作品かと思えるほどに変化する。そんな経験を、本好きならば誰しももっていると思います。僕もこれまでに何度となくそういうことをくり返してきました。多くの場合、それは見当ちがいな方向に期待をかけてしまって空振りをかまして消沈する、というネガティブな形ででしたが。その結果得られた教訓が、

「大抵の小説は、あらかじめ期待したものとはかけ離れている」
「続編を読むときは前作と比べるな」

思えば、今回「エンディミオン」の上巻を読み始めたときも、僕の胸中は「もう一度ハイペリオンと同じ感動を!」という狭い期待感でいっぱいになっていました(→上巻の感想)。おかげでハイペリオンのような重層性をもたないシンプルなストーリーに対して、無用の不満をもてあますはめになってしまったわけです。その反省から、この下巻を読むにあたってはとにかく素直に、描かれるままを受け入れよう、もし上巻のように定石通りの冒険活劇に徹した内容なら、こちらもそれに応じてハリウッドアクションばりに脳ミソ空っぽにして楽しんでやろう、というのを心がけてみました。結果は上々。
かつて星から星へ一瞬にして人々を運び、銀河連邦の繁栄を支えた驚異のテクロノジー、星間転移ゲート。連邦の崩壊以来、数百年もの間沈黙していたそれらの門が今、ひとりの少女を通すためだけに次々と開きはじめた。誰が、どこへ、何のために、彼女を導こうとしているのか。尽きせぬ謎を抱えたまま一行は旅をつづける。だが彼らはまだ気づいていなかった。あの〈シュライク〉すらしのぐ力をもつ恐るべき暗殺者が背後に迫ってきていることに――。
てな感じのノリで、さまざまな自然の驚異に満ちた星々を、ロール、アイネイアー、A・ベティックの三人組は手づくりの筏で乗り越えてゆきます。そこにハリウッドライクな意味で期待通りな試練が次から次へと、まるでわんこそばのように投入されると。中でも一番凄かったのがアレですね。あのターミネーター子さん。なんかもう、プッチ神父のメイド・イン・ヘブンとディアボロのキング・クリムゾン能力を両方かねそなえたT-2000みたいなやつでした。どないやねん。それがアイネイアーの首を刎ね落とそうって追っかけてくるの。シュライクとかひとひねりなの。

いやほんと、ハリウッド顔負けでしたわ。べつに皮肉じゃなくて、エンタメの王道って意味で。

ちなみにこの「エンディミオン」は、前作までを読んでいない人でも一応は大丈夫なように配慮して書かれているようです。しかしあくまで一応です。人類を滅ぼそうとしているらしい超AI群=〈テクノコア〉の真の目的とか、さらにその上位にいるらしい謎の存在とか、めったやたらに張りまくられた伏線は「エンディミオン」の中では何ひとつ、まったく何ひとつとして回収されません。いさぎよいほどのまる投げっぷりです。もちろんこれは構成が半端なのではなく、「エンディミオン」と「エンディミオンの覚醒」は単に製版の都合で上下巻に分かれただけのひとつづきのお話であり、すべては「覚醒」でケリをつける(はず)、という意味です。この点は前作を読んでいる人なら了解済みでしょう。

僕が初めてハイペリオンを読んだときはそういう事情をまったく知らなかったので、とにかく驚きましたが。ここで切れてるのかよ!って。あのときの衝撃は、たとえるなら、目をつむって断崖絶壁から踏み出してしまったときの落下感にも似たような……。いや、誇張じゃないと思う。それぐらいの勢いで落ちた気がする。

もうあんな思いはしたくないのう。

─────
『図書館戦争』と”不気味の谷” - 三軒茶屋 別館
言いたいことの方向性はわかるけど、「不気味の谷」のアナロジーはちと苦しいような気が…。

[ニコニコ] タグ検索 めるりP
自分で巡礼用。今までずっとぬるりPだと思ってました

サイバーパンクの傑作ってなんですか?:アルファルファモザイク
72 名無しは無慈悲な夜の女王 :02/10/21(月) 18:16
すっごい先行していた埋もれた名作『神鯨』を推す。/
ベスターの霊がスクリプトを書いたジブリ作品みたいな。/
深海から引き上げられた自動販売機(牝)が主人公を誘惑する場面とか、
ネット上の定期人気投票で、5票を割ると追放される社会とか、
神鯨のセンサである鋼鉄三葉虫のこどもが、肉体労働系の巨人ロボットに
「機械としてのしあわせ」について諭されるシーンとか、/
公園を散策したときの、料金の単位が「526フットプリンツ(足跡)です」とか
T・J・バス「神鯨」、すごく読んでみたくなった。探そう。

皆川博子講演会 @同志社大学
もう明後日ですね(あ、いま6/12)。にしても、5時間て!どんなプログラムだ。僕は行けないので詳細レポをあげてくれる人の出現を切に望む。

『Answer Songs~作家と科学者の対話が生んだ短篇~』がスタート
飛浩隆 『はるかな響き Ein leiser Tone』 6/20(金)
円城塔 『さかしま』 6/27(金)

感動の前に塗りつぶされる敗北の事実――『とある飛空士への追憶』感想
(注)ネタバレあり。絶賛派と否定派があのラストをそれぞれどう評価したか。コメント欄でクリティカルな議論がなされています。
[PR]
by umi_urimasu | 2008-06-10 01:48 | 本(SF・ミステリ) | Comments(0)
「エンディミオン」(上) ダン・シモンズ
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_0145343.jpg
我々はこの老人を知っている!いや、その不敵なまなざしと口の悪さを知っている!
我々はこのアンドロイドを知っている。その青い肌と慇懃な物腰を。
我々はこの宇宙船を知っている……そのかつての持ち主と、彼が愛したピアノの音色を。

そう、これは物語が伝説となった時代に始まる新たな物語。銀河全体を震撼させた最後の巡礼の事件より三百年後、老詩人の頼みを受けて青年ロール・エンディミオンは惑星ハイペリオンをあとにする。〈時間の墓標〉の中から現われた少女――いずれこの世界の救世主となるべき存在――を、襲い来るパクスの手から守りぬく使命を帯びて。だがそこに突如、あの恐るべき〈殺戮者〉シュライクが立ちはだかった!
と、できるだけ景気よく紹介したかったんですが、残念ながらそういうわけにもいかなくなりました。現段階では、つまりこの「エンディミオン」上巻にかぎっていえば、正直微妙と言わざるをえない出来ばえだったからです。「ハイペリオン」と「ハイペリオンの没落」で見せてくれた、一糸乱れぬオーケストラの演奏にも似た壮麗な人生劇場のハーモニー、あの美しさはいったいどこに消えてしまったのでしょうか。延々500ページにわたってだらだらとつづく、これなんてスターウォーズ?と皮肉のひとつも言いたくなるような陳腐な逃避行ごっこが、どうしてハイペリオンの続編でなければならないのでしょうか。

本来なら、ひとが勝手に書いた話を勝手に読んでいるだけの僕が作者に責任を問える筋合いではありません。しかしあえて、筋ちがいを承知であえてひとこと文句を言わせてもらいたい。

ダン・シモンズさん!あなたこれ、ぜんぜん本気出してないでしょう!

プンスカ。

ちょっと悪く言いすぎました。これは僕が抱いていた過剰な期待の反動で、ことさら出来が悪いように思い込もうとしているせいもあるのだろうと思います。ハイペリオンと比べながらではなく、これ単独でひとつの未来冒険譚としてニュートラルな状態で読んでいたら、十分すぎるほどの良品という評価になってたのではないかなーと。

余談。
「ハイペリオン」と「没落」では登場人物たちのたどる運命がけっこう壮絶で、ネタとして笑えるようなところはあまりなかったように記憶してるんですが、「エンディミオン」はその点ややユーモラスというか、こう言うのもなんだけど、よりバカっぽい話になってる気がします。たとえばホーキング航法をやると船の超加速のGのおかげで乗員が分子厚のペーストになってしまうとか。つまり、デ・ソヤ神父大佐がアイネイアーたちの行く手に先回りするためには毎回ぺちゃんこにならないといけないわけです。本人はもちろん悲壮な決意でやってるんだけど、それにしても潰れすぎだろ。ほんとご苦労様ですね。神父がこんなにぺちゃんこでがんばってるのに、あいつらときたら無重力水泳にキャンプファイヤーに河下りってもうなんかUSJばりのアトラクション三昧だもんな。まるっきり夏休み感覚ですよ。まったく腹立たしいっすねえ。はい、エンディミオン(下)につづく。

─────
ナチスが発明したものの一覧 : ロケスタ社長日記
あの時代に公衆テレビ電話って。ナチスの科学力は世界一、できんことはない!とシュトロハイムがあれほど威張っていたのもこれだけの業績があればこそか。

世界で初めてつくられた自販機はどのようなものですか?
紀元前のエジプトに、すでに自販機が。コインの重みに応じて聖水が出るというものだったそうです。アレキサンドリアの科学力は世界一!でき(ry

現代からしてみれば驚く江戸時代の技術
江戸幕府の科学力は(ry

[ニコニコ] ブロリープロデューサー タキシード真 スイーツフォレスト
安心のブランド、マンタP

[ニコニコ] 機動紳士 シャアプロデューサー 「敵の補乳艦を叩け」
これも期待のコミュ系シリーズ。(´;ω;`)ウッ…P、とかち祇園精舎の人だったのか
[PR]
by umi_urimasu | 2008-06-05 01:09 | 本(SF・ミステリ) | Comments(0)