<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
「射雕英雄伝5」金庸
a0030177_13525067.jpgもし今、「この50年間に世界中でもっとも多くの人に読まれた小説家決定戦」をやるとしたら、一位はいったい誰か?

正確な順位はよくよく調べてみないとわかりませんが、おそらくトップを争う上位ひと桁のなかに「金庸」の名が登場するのは、まず間違いのないところでしょう。


なにしろ金庸さんという人は、西のトールキンに東の金庸と謳われ、中華圏における総読者人口は10億人とも12億人とも言われている、まるで冗談みたいな作家です。12億ってそれ、ほとんど中国の総人口っていうか世界人口の1/5……。
まあこれは推定値だから話半分に考えるとしても、中国小説界における彼のネームバリューの大きさがハンパなものじゃないらしいということは想像にかたくない。たぶん、いわゆる国民的作家の筆頭的な存在なんでしょう。にっぽんでいえば、そうさなあ、まあ司馬遼太郎みたいなポジションかな。「射雕英雄伝」の破天荒なストーリーやキャラクター像なんかは、個人的なイメージだと司馬遼よりむしろ山田風太郎に近いような気もするんですが。

そして、そんな世界的作家・金庸の作品群の中でも随一の人気を誇る代表作、それが「射雕英雄伝」。凄いですよこれは。ほんとに。ジャンルでいえば中国武侠小説ですが、実際にはありとあらゆる娯楽の要素が絶妙のバランスで入ってます。怒濤のストーリー、躍動するキャラクター、活劇と恋愛と憎悪と歴史、人間のいとなみの面白さと悲しさ。物語という娯楽のかたちで人に愛される何か、本来形のない何かが、このたった5冊の本のなかに、恐ろしいほどの高密度で詰まっているのです。
頭ごなしに人に読め読めいうのは気がひけますが、しかしそれでも読め、とにかく読んでみろと、あえて節をまげ強硬姿勢でおすすめさせていただきたい。特にラストスパートに当たる第5巻はまさにワールド・衝撃の展開・オンパレードですから。とんでもねーことになっとりますから。

1957年ごろの作品らしいけど、たぶん余裕で100年ぐらい保つよ、これは。


ストーリーをちょっとだけ紹介します。ほんのちょっとだけ。

江南五怪、惨殺さる! やったのは東邪か、西毒か!?
桜花島、襲撃さる! 島主・黄薬師はいずこに!?
鉄掌党VS乞食党、激突! 党主のゆくえは!? 唾かけちゃらめえええ!
因縁の決闘、超絶の大乱戦! ぶっちゃけ、これはアリなんでしょうか!?
モンゴルの大地を鳴動させる軍馬の波濤! めぐりあいサマルカンド!

そしてついに時は満ちた。今、天が彼らの武を試す!!


華 山 論 剣 → 未 曾 有 の 展 開



いやはや。おもしろかったのです。浮かれすぎて恥ずかしいアホ文を書きなぐってしまったのですが侠者はそんなこと気にしないのです。あと黄蓉がなんかもう凶悪にかわいいんですが仕様です。
「なにがそんなに楽しいんだ?」
郭靖が不思議そうにたずねると、黄蓉は笑って言った。
「靖さん、すごい贈り物をあげるわ」
「なんだい?」
「サマルカンド城!」

郭靖やのうても惚れるっちゅうねん。

そして物語は続編「神雕剣侠(神雕侠侶)」へとつづく。もはや読む以外に道はない。
[PR]
by umi_urimasu | 2007-04-28 15:09 | 本(others)
「射雕英雄伝4」金庸
「許嫁? 靖さん、許嫁がいたの? そんなこと、一度も聞いたことがないわ!」
「言おうと思ったんだけど、どうしても言い出せなかったんだ。それにおれもあまり思い出さなかった」
「許嫁のことを思い出さないの?」
「分からない、でもずっと妹のように思っていたんだ。これは大カーンさまがお決めになったことで、その時は大カーンさまの言いつけだから、それでいいと思った。でも今は阿蓉がいるからちがう」
「じゃあ、どうするの?」

「分からない」

a0030177_22224577.jpgって、待てやコラ郭靖。

わからんてことがあるかい。まったくこの男は……いかに中国広しといえど、黄蓉以上に料理上手で武巧も超一流で郭靖に全身全霊ラヴーな完璧娘がそう何人もいると思っているのでしょうか。その黄蓉にあれほど一途に慕われておきながら、いざ生涯の伴侶を選ぶ段になって正妻はコジン姫、黄蓉は心の妻などとどの口で言うつもりですか。てめえこのやろう。なんてうらやまし。じゃない、せめてどっちか一人にしろと言いたい。

で、そんなどっちつかずな郭靖の本音を聞いた、黄蓉のレスポンスがこれ。

「靖さんがずっと私のことを思ってくれるなら、別に奥さんがいてもいいわ……、でもやっぱりいやね、靖さんがずっとほかの女の人といっしょなら、私その人を殺してしまうかもしれない。そしたら靖さん怒るでしょ?」

てめえこのやろうてめえこのやろう!

こんなストロベリーオーラ全開な方向性の小説でしたっけ? 射雕英雄伝て。
いや、まあ、こんな小説だった気もするが。

えー、そんなわけで第4巻。はるばるモンゴルからやってきた許嫁・コジンと現地妻(?)の黄蓉がついに鉢合わせしてしまいます。しかも武林最凶のお義父さんの前で、どちらの娘と結婚するか選ばされるという面白、ゲフゲフ、恐ろしい状況に。黄薬師、殺る気満々だ。さあ、冗談でもコジンと答えようものなら即死確定のこの危機を、郭靖はもちまえの愚鈍さでどう切り抜けるのでしょうか。
じつはここは切り抜けるっていうか……なんですけどね。ま、そこはそれ、郭靖だし。郭靖ですから。

次回最終話「蒙古、襲来」。ちがう。「サマルカンドの攻防」。

ええ!? 次、もしかして攻城戦っすか!?
さすが金庸、俺たちにできないことを平然とやってのける……。


─────
余談。
楊康のヘタレ度が半端でない件について。
この楊康という男、出生の設定をほどほどに活かせば容易に"因縁の好敵手"になれるはずのキャラクターでありながら、なぜか作者の金庸はそのメリットをあまり活用していません。物語もそろそろ終盤だというのに、そのチンケな卑劣漢ぶりに改善の兆しは見えず、むしろますますダメ度に磨きがかかってくる始末。このような楊康の扱いについては、僕はちょっと金庸の意図をはかりかねているのですが。もともと、単に好漢郭靖にいじわるするだけのダメ男という位置づけの人物だったのでしょうか。うーん。でもそのわりに、妙に出番多いのはなぜ。

まあ射雕英雄伝の場合、「楊康、いたの?」状態でも物語上はなんの不都合もないわけで、些細なキャラクターバランスの不均衡にこだわって深読みしたりする意味はあんましなさそうなんだけど。なにしろ主人公すらさしおいて、強烈な老人キャラたちが大陸せましと暴れまくってるような話ですからなあ。

─────
余談+α。
中国では「人の尊卑の基準として善悪よりも器量の大小を重んずるべし」的な考え方が昔からあるのでしょうか? 黄薬師のむちゃくちゃな唯我独尊ぶりを見てたら、ちょっとそんな疑問が湧いてきました。曹操やチンギスハーンや、それに水滸伝の梁山泊なんかがフィクションの中で英雄として描かれたりするのは、あるいはそういう思想が根底にあるせいなのだろうかと。
いや、単なる思いつきなんですが。もっと中国の文化についての知識をたくわえて、注意深く読まなきゃいかんかなあ。とオモタ。マル。

─────
余談+β。
黄蓉萌へ。天衣無縫、天空海闊、そして小悪魔でちょっぴり残虐姫。1950年代に書かれたキャラクターとは思えん。金庸すごいよ金庸。
[PR]
by umi_urimasu | 2007-04-20 22:28 | 本(others)
ドラえもん のび太の恐竜2006
a0030177_18123766.jpgぬはー。
あのタケコプター離陸シーンにはちょっと感動しました。ドラえもん史上、これほどダイナミックにタケコプターを飛ばした例がかつてあったでしょうか。
これはもはやタケコプター革命といっても過言ではない。
まあ、あれは本当は航空力学で飛んでるわけじゃないらしいけど。


この例にかぎらず、リメイク版「のび太の恐竜」ではアニメーターの領分の仕事にやたら根性入ってるところが目立ちます。それも、旧来のアニメ版ドラえもんのイメージを思いっきりくつがえすような方向に。
基本的には原作の藤子Fの絵柄に近いタッチの絵なんですが、ざらざらした描線やリアルな画風を導入したり、意図的にキャラクターの輪郭を崩したりと、けっこう冒険的な表現が頻繁に出てきます。背景美術も旧版ドラえもんみたいな平板な塗りかたではなくて、陰翳の濃い緻密なもの。あの見慣れすぎるほど見慣れたのび太の部屋にも、見ちがえるような奥行き感が……。

というか、僕がドラえもんのアニメにまともな空間性を感じたのってこれが初かも。

こんなふうに書くとあるいは「絵しか見どころないんか」とまずい意味にも取られそうですが、そんなこと全然ないです。物語もいい感じです。ただ、あまりにシンプルな王道ストーリーなのでとりたてて書くことがないってだけで。手元に原作漫画がないため、きちんと比較したわけじゃないのですが。


絵と話、共にこれだけのクオリティならば、誰がどういう見方をしても見た分の時間が丸損ということはまずないでしょう。子供は子供らしく素直にお話を楽しむだろうし、アニメ世代の大人の客は映像のすばらしさを評価するだろうし、それ以上の人は昔をなつかしみながら見ることもできるだろうし。
娯楽アニメの客層が細分化され、世代を問わず受け入れられる作品がほとんど存在しなくなっている今、これは貴重な汎世代型コンテンツと言えるかもしれません。


─────
ちなみにこれまで「のび太の恐竜」「魔界大冒険」と旧作のリメイクがつづいてきて、次の候補は流れ的に鉄人兵団が有力らしいという噂が。マジすか! 実現切望。


─────
射雕英雄伝の4〜5巻を入手。黄薬師おもしろすぎ。あれだ、デッド・オア・ダイ!? それどっちでも一緒じゃね!? 的な人物だ、この人は。
しかしこの作品、基本的に「偶然」と「勘ちがい」の二大要素だけでドラマができてるんですよね。先の展開がまったく読めないのはそういうわけ。

─────
ヴォネガット没。"さよならを言っておけば、まず間違いはない"……
タイタンの妖女は開かないまま本棚の肥やしになっている。なんだか申し訳ない気がする。
[PR]
by umi_urimasu | 2007-04-13 20:39 | 映画
「王狼たちの戦旗」I ジョージ・R・R・マーティン
a0030177_14114988.jpgドラゴンや異形人なんていませんよ、ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから。というリアリストたちのためのリアリスティック異世界戦記〈氷と炎の歌〉第二部、開幕篇。


「王狼たちの戦旗」の原題は"A Clash of Kings"。その名の通り、本作では第一部「七王国の玉座」から激化の一途をたどる血みどろの王位争奪戦の模様が描かれていきます。ひとつの玉座をめぐって四人の王が(デーナリス姫も加えれば、次からは五人?)、さらに彼らを取りまく何十人もの登場人物がくり広げる果てしない陰謀劇。いったい誰と誰が手を組み、誰が誰を裏切り、誰が生き残って誰が死ぬのか、フタを開けてみないとわからない。たとえ主人公格のキャラクターであろうとも、端役の人物とまったく同様に命の保証はありません。
甘ったるい「お約束」の通用しない作品であることは、すでに「七王国」を読んだ人ならおわかりでしょう。ジョージ・R・R・マーティン、やるときは断固としてやる男だ。

しかし、ティリオン大丈夫かなあ。シェイの存在がいかにもアキレス腱っぽい気がしてならんのですが。


「七王国」では基本的に謀殺やら内乱やらの現実的な人間ドラマに重きがおかれ、超自然的なできごとはあまり表だっては出てきませんでした。「王狼たちの戦旗」でも、文庫版一巻の段階ではそんなに派手な動きはありません。しかし、そういったファンタジーの領分に近いものごとが徐々に重要になっていくという含みを感じさせる部分は、わずかずつ増えてきているような気もします。
たとえばブランの超能力(?)の描写とか。長い昏睡状態からうぐぅ並みに奇跡的な生還を遂げた彼は、最近、夢のなかで森に放たれた狼と意識をシンクロさせているらしい。これは単なる子供の夢なのか。それとも冬の到来や伝説の「森の子供たち」と何か関係があるのだろうか。うーん。わからんが気になる。
あと、第二部で新登場のメリサンドルの件もありました。全身赤色づくめのこの女司祭は、毒入りワインを飲まされたというのになぜかぴんぴんしており、いかにも魔性の女っぽい感じ。

これらファンタジー風の要素が、もともと現実的な路線の物語のなかにどのようにからんでくるのか、そのあたりのさばき方も個人的に楽しみなところです。つづきが待ち遠しい。


─────
ネタバレ補足。
おそらくシリーズ中もっとも読者の共感厚きキャラクターであろう醜少女(ぶしょうじょ?)ヒロイン・アリアですが、彼女はヨーレンにつかまって虎刈りにされたうえ、今は犯罪者の群れといっしょにナイツウォッチ方面へ護送中です。すごいよアリアさん。齢十歳にして並みの大人の数十倍はハードな人生送ってますよ。でも暴君ジョフリーの手に落ちていた場合の悲劇的な運命を思えば、むしろいい境遇と言うべきなのかな。
無事にジョン兄に会えるといいね。ジョンはその頃、壁の向こうへ遠征に行ってて不在かもしれないが。


─────
氷と炎の歌、HBOでドラマ化決定
出来がよければ見てみたい。ただしゲド戦記みたいなこともままあるらしいからあんまり過度の期待はしない。
[PR]
by umi_urimasu | 2007-04-07 14:41 | 本(others)
「孤島の鬼」江戸川乱歩
a0030177_0535442.jpgこれはおすすめ! 超おすすめっ!
まだ乱歩読んだことないって人はすぐさま買いに行くとよいです。いえ、何をおいても買いに行くべきであると断言します。表紙がおどろおどろしいので抵抗感があるかもしれませんが、そこは我慢です。中身の美味さは保証します。僕の読書人生を賭けたっていいぐらいです。万が一、つまんなかったら僕が買い取ってあげます。

ウソです。言いすぎた。
でも実際、凄いよこれは。初めて読んだら美味すぎて涙腺壊れるよ。マジで。


「孤島の鬼」の発表は1929年(昭和2年)。今から80年近くも昔に書かれたものだそうです。しかし……これは、普通に「古い」っていう古さとは、なんか根本的に違う気がする。古いとか新しいとか、そんなレベルを超越した、歴史という大河に打ち込まれた鉄杭のようなものではないか。そんな気がする。

簡潔ながらあでやかな語りことばの文章には、つい音読したくなるなめらかさと、ひそやかな毒があります。ストーリーは推理小説の意外性と冒険活劇のスリルを兼ねそなえ、妖しくグロテスクな伝奇と幻想に満ちています。主人公とヒロインの交流には、純朴な恋愛小説の潤いとすがすがしさがそなわっています。書き出しは異様な、冒頭一頁で強烈に読み手を引き込むミステリアスな幕開けです。物語は探偵ものから伝奇ものへ、恐ろしい近親愛憎劇へ、息づまる冒険活劇へと、多彩なスタイルをきわめて自然に、けれど意外な方法でつなぎ合わせ、片時も読者を飽きさせないように細心の配慮がされています。
伝奇風味あふれる物語のなかでも、土蔵の中で育てられた双生児の美少女による手記のパートにはひときわ強烈なインパクトがあり、倒錯と禁忌の愉悦が読む者の背徳感をいやというほど煽り立てます。
そして最後には涙なくして読めない大団円に、切なさ核爆のエピローグまで付いてくるのです。

まさに完璧だ。娯楽小説として、いったいこれ以上、何を望めと?
すべてが美しい。なにもかもが犯罪級に美しい。自分が今、平成の世にいるのか、大正の世にいるのか、そんなことすらどうでもよくなってしまうほどに。

たぶん僕のこの感動は、初めて甲賀忍法帖と魔界転生を読んだときに受けたのとほとんど同種のものだろうと思います。ていうか、そもそも江戸川乱歩が山田風太郎の師匠みたいなもんなんでしたっけ。ということは、スタイル上の類似はむしろ当然なのだろうか。
でも、それにしたってなあ。師弟そろって神すぎだろ、こいつら。

恐るべし山風! 恐るべし、江戸川乱歩!!


─────
ところでこの「孤島の鬼」の読後、横溝正史を読みはじめたんですが。
面白いことに、「八つ墓村」のなかには「孤島の鬼」にどことなく似た要素がちらほらと見受けられるのです。地底の迷路に隠された財宝とか、それにまつわる謎の暗号とか、他にもいろいろね。「獄門島」も、舞台装置がやや「孤島の鬼」風味と言えなくもない。田舎社会の近親愛憎ネタは、この手の小説のベースとして必ず入っている基低音みたいなものなんでしょうけど。それに金田一は基本的に純正ミステリ指向らしくて、「孤島の鬼」ほど幻想大爆発な感じではないですけど。
もしかしたら横溝も、この驚異の作品に激しくインスパ、もとい、多大な影響を受けて金田一シリーズを発案したのかもしれませんね。なんてな。


─────
追憶。まだちっこい子供のころ、僕はそこそこ本好きな子だったのですが、乱歩作品は表紙が怖いというのでかなり力いっぱい避けていたような覚えがあります。今にして思えばなんと愚かな……。まあ小学生で「孤島の鬼」が愛読書だったりしたら、それはそれでちとアレな気もするが。
[PR]
by umi_urimasu | 2007-04-04 01:03 | 本(others)