カテゴリ:まぞむ( 67 )
路傍のラピュタロボット
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_198857.jpg
呑み屋さんの店先の鉢植えにひっそりと乗せてありました。なんかよい趣でした。あとで調べたら、どうやらジブリアニメのグッズとして普通に売られてるものらしい。これは湿気の多い場所において苔とかもさもさ生やしたらたいへんよい塩梅になるのではあるまいか。と思いちょっと食指が動いたのですが、苔を意のままに生やすのってかなり難しそうよな。

─────

サラン・故郷忘じたく候 (文春文庫)

荒山 徹 / 文藝春秋


2011年初読了本はこれ。感想はこんな感じ → 「魔界転生wwwwクララがwwクララがww」 そんな初笑いでした。荒山先生はやっぱりおかし 凄いなあ。ちなみに本作で波乱万丈の生涯が描かれているジュリアおたあは、実在した女性なのだそうです。
ジュリアおたあ - Wikipedia
ここ見てサランの渡日後のストーリー展開がほぼ実歴史そのまんまと知って驚愕。一から十まで全部創作だと信じ込んでたよ……。

─────
人気マンガ「ベルセルク」が劇場アニメに、原作すべてを映像化へ
蝕とかとことん描写してほしいと思う一方で、実際グロ全開でやられたら怖くて見る勇気がないジレンマ

映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作が切り捨てたもの
指輪話なのに理解不能すぎて吹いた

[画像] いつかは行きたい絶景、「アルプスの瞳」と称えられるブレッド湖に浮かぶ教会…スロベニア
これは綺麗。恐ろしいほど絵になる風景

[画像] 指輪物語に登場する食事を再現したコース料理
ゴールドベリ様のクリーム苺マジスイーツ。ついでといってはなんだけど、メニューに生魚が一匹ついてきたりするとネタフード的にお後がよろしいような。

クージョ (新潮文庫)

スティーヴン・キング / 新潮社


狂犬病のセントバーナードに襲われて記録的猛暑のさなか三日間も車の中に監禁される。そんな想像しただけで発狂しそうな絶望的シチュエーションを、ひたすらに、ただひたすらに描き込みまくった、「ごめんなさいもう勘弁してください!」と泣いて本を返品したくなるような物語。状況の不快度ではミザリー以上かもしれません。ぐったり。
個人的には、もうちょっと超自然要素が濃いキング作品のほうが好みに合うみたい。ダーク・ハーフぐらいのがちょうどええねん。

[画像] Towers of Utopia - Dieselpunks
飛行船と古い都市という組み合わせに異常に惹かれるのはなぜだろう。

HARMONY nominated for the Philip K. Dick award!
ノミネートおめ

Togetter - 小島監督が昔の企画書や資料をちょっとだけ公開
初代メタルギアやスナッチャーの創造過程を伝える貴重な資料。いつかまとめて書籍化されてー。

異星人の郷〈上〉 - マイクル・フリン
異星人の郷〈下〉 - マイクル・フリン
おいしすぎる!中世描写のガチっぷりが。SF的な目新しさとかはまるでない、けどいつまでも本棚の最前面においておきたいと思う本でした。あとで感想書こう。
[PR]
by umi_urimasu | 2011-01-07 20:53 | まぞむ | Comments(2)
すべての美しい木曽馬(?)
このエントリーを含むはてなブックマーク
近場で馬が見られる催しがあると聞いてちょっと見物に。流鏑馬などの実演の他、実際に乗ったりさわったりニンジンをあげたりできるというもので、存分にさわさわもふもふしてまいりました。大満足。

a0030177_1975175.jpga0030177_198395.jpga0030177_1983450.jpga0030177_198417.jpga0030177_1985038.jpga0030177_1985723.jpg

─────
[画像] 英国国立公文書館の歴史写真アーカイブ
昔の写真がいっぱい。スチームパンク的な意味でもおいしい
[PR]
by umi_urimasu | 2010-12-19 20:10 | まぞむ | Comments(0)
すべての美しい競走馬
このエントリーを含むはてなブックマーク
生まれて初めて競馬場へ行ってきました。驚愕の体験でした。まさか走る馬というものが、これほど美しい存在だとは。生で間近に見るサラブレッドは、テレビの映像なんかで知っているのとはまったく異質な、ほとんど未知の生物にすら思えてしまいました。あの優雅さ、力強さ、なんかみなぎってる感は、とても言葉ではいいあらわせない。
a0030177_17543198.jpg
結局、馬券も買わずにずーっと馬ばっかり眺めてました。今なら「すべての美しい馬」の、馬は世界そのものだと信じたジョン・グレイディの気持ちが少しだけ理解できるような気がする。馬よ走れ、お前たちは美しい。
次は双眼鏡もって見にこよう。

競馬の馬の名前にはネタでつけられたようなのも多いようでして、もし「メアラストビカゲ」とか「ユキノタテガミ」みたいな指輪物語っぽい馬がいたら、僕も応援してしまうかもしれんなあ。とか思っていたら、こはいかに。
Ex-Kiwi racehorse Shadowfax set for a bright future
海外の現役競走馬の中に、その名もずばり、シャドウファックスさんがいるではありませんか。色は灰色じゃないみたいだけど。馬主がトールキンファンなのか、あるいは映画の撮影地つながりか。ともあれ、飛蔭とはこの上なく縁起のよい名。ご活躍をお祈りします。

─────
[画像] ヒマラヤの僧院 キー・ゴンパ
本年度ベストオブ黄金館で賞。絵画みたいだろ……写真なんだぜこれ

「300」の監督最新作「Sucker Punch」予告編映像
BGMがZEP版レヴィー・ブレイクなのがよい。どんなにおバカなB級映画でも、ツェッペリンやジミヘンの曲を流すとそれだけでかっこよさ1~2割増しに感じてしまう。ふしぎ。

[画像] 完全に別世界!! ドバイの電車、線路、駅が未来過ぎてヤバイ。
奇妙につくりものめいて見えるのは、つくった街のキャパシティに比べて人口がまだ少なすぎるせいかな。あと数十年?ぐらいして超過密都市になったら、そのときこそが都市景観として真の味わいどきではあるまいか。

[画像] Test Station of Naval Armament in Makhachkala
カスピ海に浮かぶ兵器試験場の廃墟。これをもっとずっと大規模にするとリアルICOの城みたいな感じになりそう。仮想空間上でなら、いずれそういったものも作られて体験できるようになるかもしれない。というかなってほしい。

「ゼロ年代SF100」(大森望選)
ここに挙がってないもので個人的マストアイテムを挙げるとしたら、「WORLD WAR Z」、上田早夕里「魚舟・獣舟」、津原泰水「綺譚集」とかかな。古い本の新訳もありなら「エンジン・サマー」。あと荒山徹もSF扱いで。荒山作品でいちばんSFっぽいのってどれだろう。忍法さだめうつし、処刑御使あたりか。

Amazon.co.jp 「柳生大戦争」(講談社文庫): 荒山徹
とうとう文庫化。朝鮮いじりの凶悪さ、家光×友矩の爆笑合体、司馬遼太郎へのツッコミ祭りなど、荒山作品中もっとも「自重していない」のはこれかもしれない。

12/04 S・キング「キャリー」読了。デビュー作ということで、後の作品ほどのゴゴゴゴ感はまだなかったみたい。一種清新な印象。
次は超怖いと評判の「ペット・セマタリー」に行ってみようかと。

[ニコニコ] 【アイマス】アイドルinエルシア 完結+後日談【DnD】
めでたい。純粋に読み物として楽しかった。
D&D世界では人名に英語でそのまま意味の通る苗字や渾名をつけることがあるようだけど、言語の設定とかどうなってるのだろう。架空言語の翻訳なのか、それともベタに現代英語をしゃべってる世界なのか。ドラゴンランスの翻訳版では全部カタカナで処理されてて、そのへんのことがどうもあいまいだった気がする。

NHKアニメワールド 「へうげもの」
監督/真下耕一、制作/ビィートレイン。真下演出でへうげもの……なんかうまく想像できない。NHKだと信長両断などの描写もNGか。やりづらそう。

Togetter - 都知事が規制を推し進める一方、○○では
笑い事ではないと思いつつもやっぱり笑ってしまい誰にともなく申し訳ない気分に
[PR]
by umi_urimasu | 2010-11-20 18:01 | まぞむ | Comments(0)
統計: ファンタジーにおけるドラゴンの流行色
このエントリーを含むはてなブックマーク
ときどきファンタジー系の出版物に関するしょうもないトレンドリサーチをしてくれている Orbitが、またへんな調査結果を出してました。「今年のファンタジー小説の表紙に描かれたドラゴンの体色の中でもっとも多いのは何色か」を調べた図、というものです。 The Chart of Fantasy Art Part 3: Dragons うん。毎度ご苦労さまといわざるをえない。
a0030177_23225388.jpg
示されたデータを信ずるなら、1位は緑、2位はオレンジ、3位が青と黒。以下、黄色(金?)>白>赤>灰色(銀?)>その他(茶?)、といった感じ。1位はまあ妥当のような気もする。自然界におけるトカゲの色でもおそらく緑はメジャーな色だろうし。でもオレンジ2位とかなあ。わりと強そうなイメージのある赤竜が白竜より少ないというのもちょっと意外でした。 ちなみに、このサンプルされた竜のうち、15%は人間を乗せていたり人間に友好的な態度を見せているんだって。ほんとどうでもいいデータですが。
この調査、もし日本でやったらどうなるだろう。やるほども数がないかな。
あと、他にはない珍しい色の竜ってなんかあったっけ。「万色にして無色」のタキシスとかでしょうか。

─────
「パプリカ」「千年女優」などの作品を手がけたアニメ監督の今敏さん死去
癌ですと。やんぬるかな……。虚構の多重連鎖を見せる表現のあざやかさ、失見当識的な幻惑感が筒井康隆好きとしてはツボ直撃で、千年女優などくり返し見たものでした。なんとしても惜しい。

[画像] カラー写真でみる100年前のロシア - The Big Picture - Boston.com
セルゲイ・プロクジン=ゴルスキーの仕事。鮮明な写真から当時の人々の生活の様子がありありとうかがえます。ゴルスキーさんほんまGJやで

【本人降臨?】漫画家やってるけど質問ある?|VIPPER速報
高遠るい氏ご本人らしい。好きな漫画家が魔夜峰央とは意外、でもないのかな。確かに、ギャグシーンで猫目のチビキャラになる表現とかけっこうパタリロ的かも。

「俺の屍を越えてゆけ」の続編企画が提出中、ソニー内部でも賛同する動き
これは期待。子づくり三昧の日々よもう一度。

荒山先生トークショー再び ~やっぱり荒山先生は荒山先生だ~
荒山徹トークセッション「百済・新羅 石田三成を巡る時空」(その一)
ああ、最早何も言うまい
語るべき言葉、ここにあらず
話すべき相手、ここにおらず
徹、ただ前を向き、ただ斜め上を目指す
ただ前を向き、ただあらぬ方を目指す

Viz Haikasoru Imprint - Japanese SF 刊行予定リスト更新
マルドゥックスクランブルに書影画像が。あと、グッドラック雪風、ロケガ、荻原規子の勾玉シリーズ白鳥異伝?が新たに追加。だんだん伸びてきたこのリストを眺めてると、ハードSFからファンタジーまでゆるいSFのくくりでわりとなんでも扱うようでいて、ニューウェーブっぽいのだけは避けられてるような気がする。飛浩隆マダー

テッド・チャン “The lifecycle of software objects” @ val it: α → α = fun
これと「息吹」、「商人と錬金術師の門」、「予期される未来」にエッセイを一、二本たせば、邦訳作品集がまた一冊つくれるのではなかろうか。
[PR]
by umi_urimasu | 2010-08-23 23:54 | まぞむ | Comments(2)
覚悟のススメみたいなノベルゲーム探してます
このエントリーを含むはてなブックマーク
久方ぶりにひとつノベルゲームでもやってみよっかなあ、という気を起こしまして、よきソフトはあるまいかと物色中。虚淵風かデモンベイン風か、いずれにせよ初期ニトロのような燃えに特化した娯楽大作がいい。理想としては「覚悟のススメを彷彿とさせる」ような作品が見つかるとうれしいのですが。あそこまで破天荒なものがそうそうあるかどうか。
装甲悪鬼村正 -公式サイト
これとかどうなんだろう。歴史改変された架空の日本で、意志をもつ鎧を装着したサムライがチャンバラ空中戦をやらかすといった内容だとか。なんかちょっと覚悟っぽいかも。ただ、ストーリーはかなり重苦しくて外道な感じらしいので多少躊躇するところもなくはない。まあニトロ10周年記念作品というふれ込みだし、ダークな話でもやたらにめそめそうじうじしてなければ大丈夫かも。思いきって買ってみようかのお。

─────
「WORLD WAR Z」マックス・ブルックス
これまでの人生、ゾンビものは完全に守備範囲外でした。しかしホラーというよりむしろ災害SF小説的な観点から傑作と褒めている人も多くて、読みたくなりかけている一冊。たとえば小松左京みたいな感じなのでしょうかね。

今、読んでる本は「遠野物語」。
どこかなつかしく、またほのかに恐ろしげな、古い香りのする東北民話がぎっしり。これは手ごわい。年月をへて元の事件の前後関係とかディテールはとうに失われ、なにもかも曖昧模糊として、「どうしてこうなった」と途方にくれてしまう奇譚の数々。でもこれらが「実際に聞いた話をそのまま記録」したものならば、そのような逸話が生まれ、伝わり、変形しつつ生き残ってきた、そうなるべくしてなった理由が必ずあるはずだ。お~い誰か、京極堂呼んできて……。

[画像] 召喚師の浮世絵画像を貼ってみる
すご!なにこの江戸画像天国。一枚ずつじっくり眺めてるとあっというまに時間がすぎてしまう。これとかこれとか、絵に対する文章配置の無頓着ぶりが面白い。

江戸読本に見る造本意識
客は物語の内容よりもまず表紙や挿絵で本を選んでいた。作家の中には絵のモチーフ、デザイン、レイアウトなどまで病的なほど細かく指定する馬琴のようなこだわり屋もいた。あんまり現代と事情は変わらない。それにしてもさすが北斎は発想が自由すぎるな

著者インタビュー:長山靖夫先生 『日本SF精神史 幕末・明治から戦後まで』
日本近代SFの黎明についての話。トリビアいっぱいで楽しい。こんな話もある↓
『偽史冒険世界』によると、明治41年に「冒険世界」を読んで刺激を受けた愛知県の中学生数名が、仲間とボートで冒険旅行に出かける計画を立てたが、親にばれて未遂に終わったエピソードが紹介されてますね。その計画の首謀者が、なんとあの江戸川乱歩(平井太郎少年)だったとは。
大乱歩自重。大事にいたらなくてほんとによかったね

Togetter - まとめ「ダークエルフの起源」
「ホビットの冒険」における闇の森のエルフはちょっとイジワルなほのぼのドジキャラ集団にすぎないんで、日本の一般的なダークエルフのイメージ(邪悪で高性能?とか)のルーツ候補としてはやや弱いんじゃなかろうか。

[画像] 京都大学にすごい寮があるらしい(画像21枚):デジログ!
現存する日本最古の大学寄宿舎。探検してみたい。でも住むのは遠慮したい

続編の構想もあった――Xbox 360版『ファントム』虚淵玄さんインタビュー
「クロウディアルートは『ToHeart』長岡志保EDに背中を押されて作った」 な、なんだってー

─────
5/28
今週は「装甲悪鬼村正」にかかりきってます。おかげでネットしてるヒマがない。今、ようやく一条ルートと糸目ルートを消化し終えたとこ。当面のお気に入りキャラは六波羅四天王(?)のみなさんですな。特に童心坊の外道すぎる破戒僧ぶりには拍手を惜しまない。もっとやれ。
小説は 野阿梓「バベルの薫り」 のさわりを読みかけ。鬼哭街ばりのサイバー中華伝奇、やりすぎなルビ芸、未来SFなのに征夷大将軍など、笑いどころ多し。これは先が楽しみだ。

『少女外道』 (皆川博子) | 文藝春秋
これも読みたい。皆川先生ラブ。

ウィリアム・ギブスンによるおすすめSF小説10選
既読はベスターの虎とバラードの結晶世界だけでした
[PR]
by umi_urimasu | 2010-05-15 19:36 | まぞむ | Comments(5)
PCが壊れると積読が崩れる
このエントリーを含むはてなブックマーク
なんか「風が吹くと桶屋が」みたいですが、実体験してこれは真理だと思った。
先日自宅用のメインPCが壊れてしまい、すったもんだした挙げ句、新品がとどくまでのあいだは就寝前に本ばかり読んでいます。このおかげで読書ペースが劇的に上がりました。一週間もかからずに「ナルニア国ものがたり」1~3、小川一水「天冥の標」第1巻の上下巻を消化して、今はサンダースンの「ミストボーン」にとりかかり中。これもたぶん一日一冊ペース。どれも読みやすい小説ばかりだからってのもあるだろうけど、それでも普段の僕からすれば驚異的なスピードです。ありがたいことです。単純な読書時間の増加のせいだけじゃなく、ひとつの事に集中することでより効率が上がるといった効果もあるのかもしれません。

ともあれ、不測のトラブルがもとで、だらだらとネット巡回などに費やしている時間がいかに他の趣味を圧迫していたかに気づけたのはいわば不幸中の幸いでした。これだけ読書がはかどるんだったら、週に2日ほど「家では決してPCにさわらない日」を設けるぐらいのことをやってみてもいいかもしれん。それぐらいの覚悟でないと、これから先死ぬまで積読本は減らんだろう。てなことを半ば本気で考え始めていたところに、明日新PCがとどくとの連絡がきました。わーい。NO PC DAY の制定は当分おあずけ。

─────
そういえば、SFマガジンにマルドゥック・スクランブル劇場版アニメのイメージ画?が小さくのっておりました。
a0030177_2247582.jpg
ちょっと微妙な感じ。もう少し小説版の寺田絵のテイストに近い世界を期待してたんだけど。

【2ch】ニュー速クオリティ:世界一周してきたから写真うpする
これはいい。僕も一生のうちに一度は世界一周旅行しよう

多元: やる夫で学ぶ柳生一族 まとめ
しばらく遠ざかってたのでがんばって現行スレまで読んだ。宗矩の苦労話がすげー面白い

ミストボーン読了。何この少年ジャンプ……。アメリカとかでは日本の少年漫画やラノベみたいなものがあまりないようで、男の子はいったい何読んでるんだろう?と不思議に思ってたんですが、もしかしてこの手のヤングアダルトノベルがそれに近い役割をになってるんだろうか。

「ゲド戦記」訳者の清水真砂子さん 青山学院講堂で最終講義
「光を求めてやまない子どもたちが、ついに『どうせ』と希望を放棄してしまうことがある。そう言わせてしまうのは大人の責任で、最もモラルに反すること」 「闇の中で不安におびえながら生きている子どもたちに、生きてごらん、大丈夫だよ、と背中を押してくれるのが児童文学。そんな1冊に自分もなりたいし、皆さんにもなってほしい」
胸をうつ言葉です。だが、あまり多くを期待なさるな!暗い時代だから。

マッカーシー「ブラッド・メリディアン」読了。超すごかった……判事が。
[PR]
by umi_urimasu | 2010-02-04 23:16 | まぞむ | Comments(0)
Yahoo! 剣豪知名度ランキング
このエントリーを含むはてなブックマーク
「やる夫で学ぶ柳生一族」シリーズの作者、神無月久音さんによる興味深い調査結果。日本の有名な剣豪の知名度を検索エンジンのヒット数で比較してみようという試みです。これは壮観だー。
【ヤフー検索でのヒット数ランキング (1位~63位)】

1: ”宮本武蔵”     約2,980,000件(”新免武蔵” 約18,800件)
2: ”土方歳三”     約2,330,000件(”内藤隼人” 約11,100件)
3: ”斎藤一”       約1,960,000件(”藤田五郎” 約48,000件)
4: ”沖田総司”     約1,480,000件
5: ”近藤勇”       約1,320,000件(”大久保大和” 約12,900件)
6: ”柳生十兵衛”     約929,000件(”柳生三厳”  約 5,630件)
7: ”佐々木小次郎”   約685,000件(”佐々木巌流” 約 2,420件)
8: ”永倉新八”      約355,000件
9: ”藤堂平助”      約355,000件
10:”山岡鉄舟”      約202,000件
11:”岡田以蔵”      約174,000件
12:”山南敬助”      約173,000件
13:”原田左之助”     約152,000件
14:”堀部安兵衛”     約126,000件(”堀部武庸”  約1,010件)
15:”荒木又右衛門”   約125,000件(”荒木保知”  約3,210件)
16:”柳生宗矩”      約118,000件(”柳生但馬守” 約36,000件)
17:”伊東甲子太郎”   約112,000件
18:”上泉信綱”      約 79,900件(”上泉伊勢守” 約41,200件)
19:”千葉周作”      約 76,300件(”千葉成政”   約2,940件)
20:”中村半次郎”     約 74,400件(”桐野利秋”   約55,200件)
21:”伊庭八郎”      約 63,500件(”伊庭秀穎”   約29件)
22:”柳生石舟斎”     約 40,900件(”柳生宗厳”   約30,200件)
23:”胤栄”          約 40,400件(”宝蔵院胤栄” 約12,000件)
24:”伊藤一刀斎”     約 38,400件(”前原弥五郎” 約120件)
25:”胤舜”          約 27,900件(”宝蔵院胤舜” 約9,000件)
26:”吉村貫一郎”     約 26,800件
27:”柳生兵庫助”     約 26,100件(”柳生利厳”  約 3,100件)
28:”東郷重位”      約 22,200件
29:”柳生連也”      約 23,000件(”柳生厳包” 約2,190件)
30:”愛洲移香斎”     約 20,400件
31:”小野忠明”      約 19,300件(”神子上典膳” 約1,200件)
32:”塚原ト伝”       約 16,200件
32:”丸目蔵人”      約 16,200件(”丸目長恵”  約11,100件)
34:”林崎甚助”      約 15,700件
35:”千葉定吉”      約 15,000件
36:”島田虎之助”     約 14,300件
37:”富田勢源”      約 13,400件
38:”斎藤弥九郎”     約 13,100件(”斎藤善道” 約163件)
39:”針ヶ谷夕雲”   .  約 12,400件
40:”大石進”     .  約 11,300件(”大石種次”   約36件)
41:”男谷精一郎”     約 10,400件(”男谷信友”   約2,590件)
42:”柳生宗冬”      約 10,200件(”柳生又十郎”  約1,420件)
43:”富田重政”      約 8,920件(”名人越後” 約8,760件)
44:”桃井春蔵”      約 8,910件
45:”吉岡憲法”      約 7,930件(”吉岡直綱”   約282件)
46:”奥山公重”      約 3,080件(”奥山休賀斎” 約837件)
47:”榊原鍵吉”      約 2,830件
48:”疋田文五郎”     約 2,610件(”疋田景兼” 約1,810件)
49:”辻月丹”        約 2,460件
50:”柳生宗章”      約 2,300件(”柳生五郎右衛門” 約393件)
51:”柳生友矩”      約 2,290件(”柳生左門”      約854件)
52:”柳生厳勝”      約 2,030件(”柳生新次郎”    約396件)
53:”飯篠長威斎”     約 1,560件(”飯篠家直”      約488件)
54:”高柳又四郎”     約 1,930件
55:”白井亨”        約 1,860件
56:”浅利又七郎”     約 1,180件
57:”斉藤伝鬼坊”     約  527件
58:”念阿弥慈音”     約  516件
59:”田宮平兵衛”     約  511件
60:”中条長秀”      約  354件(”中条兵庫頭” 約251件)
61:”中西忠兵衛”     約  340件(”中西子正” 約190件)
62:”長沼四郎左衛門”  約  318件(”長沼国郷” 約122件)
63:”真壁暗夜軒”     約  261件

【比較用】
”新撰組”       約9,020,000件
”柳生”         約6,970,000件
”織田信長”    約7,530,000件
”徳川家康”    約7,000,000件
”豊臣秀吉”    約5,380,000件
”坂本龍馬”    約4,650,000件
”西郷隆盛”    約3,030,000件
”勝海舟”      約1,890,000件

上のリスト以外で、umi_urimasuが思いつきで調べた分。多少アヤシイ人物も含む。
"田宮坊太郎"   約 9,010件
"鐘捲自斎"     約 2,100件
"木村助九郎"   約 2,020件("木村友重" 約524件)
"柳生友景"     約  579件
"山田浮月斎"   約  564件(”山田勝興” 約 68件)
"神後伊豆守"   約  474件(”神後宗治” 約243件)
"幕屋大休"     約  363件("幕屋清信"  約 21件)
参考:剣豪人物一覧 - Wikipedia

それにしても新撰組強すぎる。柳生一族たじたじではないか。将軍家御家流の名が泣くぞ。

上記リストの引用元であるところの現行スレはこちら。
やる夫で学ぶ柳生一族(パー速版その3)
グーグル検索は信頼がおけないと判断してヤフーを使用した経緯についてもスレの方で言及されています。理由は柳生友矩のヒット数が不自然に多すぎたためとか。尻ひとつで49万ヒットとは、やってくれる喃。

─────
柳生武芸帳、そろそろ読み終わります。とてつもなく豪華な話だった……。内容も、文章も。これが未完とはあまりにも無念。朝鮮柳生への布石、兵庫VS浮月斎の対決の可能性など、これからもますます面白くなるはずだったのに。五味康祐よ、なぜ死んだ!

[youtube] ちいさなクトゥルーの冒険 The Adventures of Lil Cthulhu
[ニコニコ] ルルイエ★ナイトフィーバー
一見タコがかわいく踊るだけの無害な動画だがもちろん教団の洗脳工作でありたぶらかされてはならない。

グレッグ・イーガン インタビュー October 30, 2009
新作情報、作者の近況、人工知能の未来、注目している分野などについて。「Zendegi」は知ってのとおりイラン取材を活かした脳マップVRもの。執筆中の「Orthogonal」は、ちょっとだけ異なる物理法則に支配された宇宙(ある基礎方程式のマイナス記号をプラス記号に変更)で生じるアンビリーバボ-な諸現象を描いたものらしい。楽しそう。

[画像] 火星の地表の写真集
火星すごすぎる……。それぞれの画像にスケールも書かれていたらもっとありがたかった
[PR]
by umi_urimasu | 2009-11-03 22:14 | まぞむ | Comments(0)
cocoさん語る、ホラーとSF、感性と理性
このエントリーを含むはてなブックマーク
著者インタビュー:coco先生

「今日の早川さん」の中の人へのインタビュー記事を発見。話題は海外ホラーの魅力、SFとホラーのちがい、早川さんのキャラ造形などについて。ホラー好きならではの小説の読み方が面白かったです。
それ以上に強く思うのは、自分の心に植えつけられ成長すると共に開花した種みたいなものがあって、そういうごく私的な哲学に根ざした読み方をしたいということが一番にあります。
その一つが簡単にジャンルで言ってしまえばホラー。これは心のおののきとか未知への畏怖みたいなものを忘れない心ですね。センス・オブ・ワンダーとはまたちょっと違って、もっと身近にある世界の驚異を見過ごさないようにしようってことなんです。
これと同じか、近い欲求は僕にもあるような気がしますね。SF、ファンタジー、いわゆる幻想文学、そのほか空想的な小説が好きなのも、空想と現実の対比によって「身近にある世界の驚異」に気づく驚きを味わいたいから、っていう部分が大きいです。
これは誰でも日常的に無意識的にやっていることなんじゃないかな。「空想と現実の対比」という行為自体は。ただ、SF好きな人はそれをわざわざ娯楽としてやっている節がある。だから「空想のような現実」や「現実のような空想」の珍しいバリエーションに出会うと、それだけで無邪気に大喜びしたりするのではないでしょうかね。


実体のないものを一瞬だけでもあるかもしれないと思わせるに留めるのがホラーの美徳と考えるなら、それを暴くのがSFの仕事。着地点はかなり違うんじゃないかなあ。
これはホラー読みの視点でSFも愛するcocoさんらしい分け方かも。ホラーは感性で、SFは理性で自然界にないものを見ようとする、というふうに言い替えてもよいかと。
ちなみにファンタジーだとどうなるんだろうな。SFやホラーの場合、「身近にある世界の驚異」に対してその善悪を問うことはあまりないんです。でもファンタジーはそれこそがメイン。ファンタジーとはいうなれば「善いもの」を探そうとする言葉の旅なので。だから審美とか倫理とかそういったことがとても重く扱われるし、それが作品世界そのものを律するルールにすらなる。そのへんがSFともホラーとも異なるところなのでは。まあ、そんなふうにいちいち分けてどうするのっていわれたらどうもしないんですが。

“SFを読まないあんたたちこそ地球にひきこもってるじゃないか”

こちらはブログのWeb漫画からのカット。いかにも早川さんらしいトホホな捨て台詞ではないでしょうか。SFを一冊読むごとに、その人は一般人から一歩ずつ遠ざかる。SF道は獣道。しかし負け惜しみしかいえない時でも、銀河市民としての誇りは忘れずにいたいものです。

あと、上のインタビューでもスティーヴン・キングの魅力がいろいろ語られていますが、僕はどうもキングがとっつきにくくて弱っています。そもそも多作すぎてどれが自分に合いそうかわからんというのもあるし。語り口も冗長に思えてあんまり好きになれないし。キング版指輪物語ともいわれる「ダーク・タワー」の1巻をかじってみて「どこが指輪じゃ!」と挫折したりとか。小野不由美の「屍鬼」を読もうとして序盤の退屈さにギブアップした経験から「呪われた町」も敬遠中だったりとか。出会い方がよくなかったんだろうか。

今のところ、先に読んでみたいのは「ドラキュラ紀元」かな。キム・ニューマンも僕にとってはファーストコンタクトに運がなくて、「ドラッケンフェルズ」のゲームくささが今いち楽しめずサスペンド中でした。でも歴史改変ものならいけるかもしれん。そういえばストーカーのドラキュラも何だかんだ言って積んだままだった。コッポラの映画版だけ観て、「まあいいか原作は暇なときで」とか思ってた。たるみすぎです。どうにかして昔の貪欲さをとりもどさなきゃ。

SF方面の読書としては、ここ二週間ぐらいリチャード・モーガンの「オルタード・カーボン」をちまちま読んでいて、やっと読了しました。見かけによらずじつは全然SFじゃなかった罠。そっち向きの期待は完全に空振り。ハードボイルド自体になじみがなかったので、物珍しさに助けられてなんとか投げずに読み終えられたという感じでした。作者本人もSFではなく「フューチャー・ノワール」と言っているそうです。なるほどね。これはもう、遺憾ながらご縁がなかったということで……。

─────
筒井康隆『夢の検閲官』テレビドラマ化
原作は大好きなんだけど、ちっとも夢っぽくない映像に仕上がっていそうであまり興味がもてない。

宗教に勧誘されたのでとりあえず呪いかけて帰ってきた
京極堂顔負けの逆洗脳テクニック!華麗にキャッチ&リリースされました

北米版『ICO』はカバーアートが違えばもっと売れていた
文化の違いが反映された日米カバー比較。やっぱり日本版のがいいと思う。
↓ミニマルアート?っぽくゲームのポイントをシンプルに表現したカバーもあらまほし。
海外ゲームファンの自作カバーアートがかっこよすぎる件

荒山徹 『徳川家康 トクチョンカガン』刊行記念対談
あとでじっくり読もう。→読んだ。今後、視点を広げて中国史なども含めたものを書きたいという希望をおもちの様子。荒山流アジア伝奇、楽しみです。あと、山風の創作ノート読んでみたい……風太郎記念館に行けば少しは閲覧できるんだろうか。
[PR]
by umi_urimasu | 2009-09-20 00:43 | まぞむ | Comments(4)
統計: ファンタジー小説の表紙でもっとも人気のある題材は
このエントリーを含むはてなブックマーク
ちょっと面白そうなグラフを見つけました。海外のものですが、2008年に出版されたファンタジー小説の表紙(10社分すべて)に対し、カバーイラストに描かれている題材(剣、竜、魔法、城など)を数えあげて出現頻度を比べたものらしいです。どんなモチーフが人気なのかという売れやすさの指標?に、一応なってるかも。
Proof That Every Fantasy Book Cover Must Contain a Sword

a0030177_2321135.jpg
1位 剣
2位 魔法の光
3位 城・砦
4位 ドラゴン
5位 馬
6位 小舟
7位 弓矢
8位 銃
9位 狼
10位 完全な暗黒

グラフではやはり剣と魔法がダントツ。上位はおおむね妥当な並び順っぽいです。むしろ、下位の方にどんな妙なモチーフが入るかが興味深いと思うんですが、残念ながら画像には18位までしか載ってない。
可能ならほかの項目についても統計結果を見てみたいところです。たとえば人物の男女比率とか、年齢分布とか、カラー分布とか。同じことをSFでやってみても楽しそう。SFで多そうなモチーフといえば、宇宙船、星、宇宙服、太陽、ロボット、あたりかな。誰かやってる人いませんかな。

─────
『ニコニコ動画』で仏教を説く人/蝉丸Pさん(せみまるぴー) - お坊さんインタビュー集
期待の住職。さすが悟っておられる。ustreamもやっておいでだと。これは聴かねば

立方体地球 - JGeek Log
立方体地球では水や空気は面の中央にたまる。頂点や辺のあたりは急傾斜かつ真空となるため、有人ロケットでもないと他の面には行けない。よって各面ごとに断絶した文明が発達する。そこにはどんな社会ができ、人々は世界をどのように認識しているんだろうか。おお、SFだ。
立方体惑星超個人的まとめ - ふんだりけったり。
ネタ元のまとめページ。こちらもすごく面白いです。

[ニコニコ] 【3DCG歪音エナ】ぶっちぎりにしてあげる♪【腹筋ローラー最強♂伝説】
もう何と言ってよいやら……これぞエンターテインメント。必見!

「マルドゥック・スクランブル」漫画化
冲方丁×大今良時。なんだ漫画か。なんだとはなんだ

小川一水 (ogawaissui) on Twitter
今度はこの人
[PR]
by umi_urimasu | 2009-08-20 23:34 | まぞむ | Comments(0)
柳生一族の墓を見てきた
このエントリーを含むはてなブックマーク
先日、ひょんなことから奈良方面に行く機会がありまして、せっかくだからと柳生の里に寄ってきました。時間がなくて家老屋敷と芳徳寺ぐらいしか見られませんでしたが、とりあえず行けただけでも僥倖です。柳生分チャージ完了。ただしカメラを持参し忘れたため、写真は痛恨の携帯画質。でもまあ、行ったよウヒョー!という記念に貼っておこうかと。


左は柳生家の墓地全景、右は上泉伊勢守を供養した柳眼塔。剣聖ここに眠る、だったらかっこいいんですが、実際にはどこで死去したかはっきりしないらしい。いかにも漂泊の剣豪って感じではある。



左は十兵衛、右は宗矩の墓。山風の「魔界転生」で二人が凄絶な父子対決を演じたその場所に、自分自身もいるというのは妙な気分でした。とりあえず柳生忍法帖がアニメ化されますようにと拝んでおく。



左が宗冬、右が友矩の墓。僕は宗冬というと荒山徹「柳生大戦争」のねじくれたイメージが強いけど、実際には家督をついで将軍家兵法指南役もつとめて特に悪い評判もない、つまり普通に有能な人だったのかも。宗冬の墓からは総入れ歯が発見されているそうです。きっとメイド・イン・コリアだと思います。



左が宗厳(石舟斎)の墓、右は厳勝の墓。厳勝は兵庫助のお父さんね。 宗厳は本来なら一族の中でもっともうやまわれてしかるべき人のはずですが、お墓は息子や孫のものに比べても小さく、後ろの方にひっそり建ってます。なして?大名と単なる一武芸者の格式の差ってやつでしょうか。



左は宗矩、三厳、宗冬による自筆の和歌。なんとなく各人の性格が筆跡にあらわれていそうにも思えます。 右は柳生新陰流の奥義について説明した巻き物っぽい何か。伝書とかそういうやつかな。親切にもイラスト付き。これ誰が書いたんだよ。

というわけで、初めての柳生観光の成果はこの程度でした。やはり時間がなかったのが残念。もしまた行く機会があったら、次はまる一日かけてじっくり見てまわりたいです。

─────
SFファン度調査 SF本の雑誌オールタイムベスト100版
僕の既読は3割ぐらい。平均値あたりかな。

ホラーマニア度調査 (coco's bloblog - Horror & SF
こっちは既読+積読をあわせても一桁。ほとんど未知の分野。

大和田秀樹「ムダヅモ無き改革」ついにアニメ化決定!!
極東の火薬庫ともいわれるあの作品が…!OVAなら大丈夫とかそういうレベルなのかあれは。

[画像] 砂漠の中の難破船
場所はナミビア、骸骨海岸。大統領が海を売っちゃった……わけではもちろんない

[画像] WHERE I WRITE SF作家たちの仕事部屋の写真集
優雅で広々した部屋から平積みで壁ができてるような部屋まで、十人十色のワークスペース

既読と未読の間  coco's bloblog - Horror & SF
読んでないことは恥ではない。見栄を張ることが恥なのだ!覚悟完了。謙虚さを忘れぬ読書人生を送りたい

おたくが愛す近未来世界 | ニューズウィーク日本版
なんだろうこの違和感。ギブスンとディックの比較がなんか微妙に思える
[PR]
by umi_urimasu | 2009-08-06 22:32 | まぞむ | Comments(0)