テッド・チャンの最新作「Exhalation」電子版ダウンロード
このエントリーを含むはてなブックマーク
いつまでも凹んでいてもしかたない。
今SFを読んで気分が晴れるかどうかわかりませんが、これでも読んでみようと思います。

Download Ted Chiang’s Hugo-nominated short story, “Exhalation”

英語の小説をきちんと読み切った経験はほとんどないのですが、これは大好きなチャンの新作ということで、また分量も非常に少ない短編ということで、なんとかモチベーションを保てそうです。すべてが金属からなる世界に生きる住人たちの社会とか思想とかを描いた話らしく、チャンならではの視点も楽しみ。すでにヒューゴー賞とイギリスSF協会賞にノミネートされていて、SF読みの評価も上々のようです。日本語訳が出るのはだいぶ先らしいので、とりあえずこれでテッドチャン欠乏症を癒しましょう。

─────
[ニコニコ] アイドルマスター ののワさんの勝手に生きろ!
要約不能。パーフェクト・フリーダム

─────
ペルソナ4に没頭中。ものすごい時間泥棒だこれ。おかげでまったく読書をしていない。

Exhalation は半分ほど読んでサスペンド。とりあえず、金属世界の解剖学者が自分で自分の脳を解剖するという話。英語で読んでも作品から受ける「チャンらしい」感じはまったく一緒で、なんか安心してしまいました。
読んでいて少しつかみづらい言葉がひとつ。"public crier" → 辞書によれば crier は 叫ぶ[泣く]人; (法廷の)廷吏; (布告などの)ふれ役; 呼売り商人; ちんどん屋、などと出てきますが。この作品の場合は宗教的な?新年の祭典とか説教とか朗吟とかいったようなこともする職業らしい。どうもイメージしにくい。坊さんなのか役人なのか。

G・R・R・マーティン〈氷と炎の歌〉第5部がハワード・ウォルドロップとの共作になる
と、マーティン本人がブログで発表しました。
ハワード・ウォルドロップ - Wikipedia
これによって、少なくとも第5部 A Dance with Dragons の刊行時期は早まるぽい。DWDだけに限定したパートナーシップなのか、今後もシリーズをずっと二人体制で書いていくのかについては明言されていません。共作によって作品のテイストが変わってしまうかもしれないという不安はありますが、とりあえずはモノが出されてみないとなんともいえないかな。

4月4日、あいかわらずP4漬け。ここも放ったらかしで少々気がとがめる。でもやめられない。コミュイベントが、中でもクマがらみのコミュが面白すぎる。ウザかわいいとはこういうことか。
あとこのゲーム、ふたまたかけるとどうなるんだろう。バレたら修羅場になるのかな。バレなきゃいいのかな。
→ ふたまた普通にできた。「自分には他に特別な関係になった相手がいるはずだ……」とかいうメッセージが出たけど、単に出るだけみたい。すまぬ雪子よ、俺も男だ。

ギャルゲーブログ 便利な画像ください
ほんとに便利です

ファンタジー世界の脱中世化
その前提からしておかしいのかもしれないけど、それはさておき。ゲームや漫画の分野で、中世っぽい舞台に現代のテクノロジーを平気で登場させるようなファイナルファンタジー的なつくりの作品が昔に比べて増えた、という傾向は一応あるような気がする。理由は……なんでだろう。ここ最近の現象だとすれば、やっぱりFFがバカ売れしてはずみがついたから?とかかな。まあ要因のひとつではあるかもしれない。売れたもん勝ちということで。

ブラックホールに吸い込まれると何が見えるか、という映像
これをわくてか映像といわずして何といおう。黒いところがいわゆる事象の地平面ですかね。空間のゆがみがグリッドであらわされていて、最終的にぐんにょり&ぺちゃんこになるのがわかります。こわ!怖すぎる。

BLOG希有馬屋:今川版“ガンダム”ってのを考えた
SFムーンストーン enziの日記 から。Gガンじゃなくて、ファーストガンダムを今川風にしたらこうなるよ、というもの。これは見たい。

『ワンダと巨像』がハリウッドで映画化決定 - Game*Spark
なんですとー
>プレイ動画でいいよ
って言ってる人がいた。同感だ

─────
4月9日、いまだP4フィーバー冷めやらず。ベアード様を成敗してひとまずのエンディングに到達しました。セーブのタイムスタンプでは累計プレイ時間は110時間ほど(ただし寝落ちなどによりつけっぱなしのまま放置していた時間も含む)。もう三週間近く(!)このゲームやってるけど、なんかちっとも飽きない。驚き。
まだ別の分岐で真エンドルートというものがあるらしいので、次はそっちへ行ってみようかと。

[youtube] アニメ「戦国BASARA」 第2話より 伊達政宗VS真田幸村
戦国時代が舞台なのに戦闘シーンがこのありさま。久しぶりに追っかけてみようかと思うテレビアニメに出くわしました。ちなみにこの場面だけが異常というわけではなく、基本的にいつもこういうノリの作品らしいです

[ニコニコ] 菓動戦士PUNDAM~逆襲のシャア
アンパンマンをガンダムで吹き替え。これはすごい。恐ろしいほど合ってる
[PR]
by umi_urimasu | 2009-03-25 21:53 | 本(SF・ミステリ)


<< 日本のゲーマーが三人称視点を好... PS2「ワンダと巨像」 >>