「スプーク・カントリー」をなでなでしたい
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_2149668.jpgここ数日、ウィリアム・ギブスンの新作「スプーク・カントリー」を読んでいます。ものすごくちんたら読んでます。なんというか劇的な要素に乏しい小説で、ディテールはすごく堪能できるんだけどストーリーを追う意欲がさっぱりわかないのです。別につまらないわけではないんですが。

これはたとえば、端正な美術工芸品(壺とか碗とか)を愛好家がなでなですりすりする心境に近いのかもしれません。いかにもギブスンらしいサイバーポエムな言い回しや、秘密めいたやっかいごとの匂いをはなつ断片群(まさにフッテージ)はそこに在るだけで美しく、そしてそれらを愛でるのに性急さはあまり必要ない。いつ中断してもいいし、いつ再開してもいい。映画や音楽ならそれで興奮がさめてしまうこともあるけれど、壺や茶わんの鑑賞にタイムリミットはないんだからかまわないではないか。という感じで読んでは休み、読んでは休み、とかやってます。そら進まんわ。

しかし、ギブスンをここまで読みあぐねた経験はこれが初めてですね。最近のギブスン作品は昔のと比べてあまりにも読み心地がちがいすぎる。スプロールシリーズの頃って、もっとすごくベタな感じの、サービスサービスな作風じゃなかったっけ。と思って、久しぶりに初期の本を引っぱり出してきてみました。やっぱりそうだ。ニューロマンサーは暗黒街喧嘩伝説だし、カウント・ゼロでは1ページ目からいきなりPOV人物が爆死&蘇生するし、モナリザ・オーヴァドライブではヤクザのお嬢さま、巨大ロボット、ヴードゥー・アイドル、超擬験シンデレラが入り乱れてる。そう、存分にエンタメしている。
これがヴァーチャルライト、あいどる、フューチャーマチックではだいぶおとなしくなり、派手なイベントや過剰にドラマチックな色づけをされたキャラクターがいなくなる。さらにパターン・レコグニションやスプーク・カントリーになると、もはやドラマ性そのものが希薄で、ほとんどただの現代文化メモみたいになってくる。別々に読んでたから実感がなかったけど、じつはけっこう大きく作風が変わってたってことでしょうか。

最近の作品はドラマが地味な代わりに作品世界の解像度はめちゃくちゃ上がっていて、これはこれで刺激的です。でも好みでいったらやっぱり昔のエンドルフィン多めなやつの方がさ。なんかこの、男の子のロマンがさ。などと少年時代を懐かしみつつ古い本たちをぱらぱらめくっているうちにいつしか夜も更けていた。そして今夜もスプーク・カントリーは進まない。

余談。
そういえば僕、一度リアル千葉市を訪れたことがあります。ありふれた街並とモノレールの高架が合体した奇妙な景色が、なんかサイバーパンク的だな~と感心したおぼえがあります。カプセルホテルにも泊まったよ。

─────
スプーク・カントリーにもARネタが出てきて自分にタイムリーな記事。
現実世界をiPhoneでタグ化するSekai Camera
まだまだしょぼい。でも10年後が楽しみな技術。いつか電脳メガネをかけて街を歩いてポップアップの山に埋もれる体験をしてみたい……というのはさておいて、実際には車のドライバー用の危険察知・事故予防とかに役立てられることを期待しています。

荒山徹の「柳生陰陽剣」と山風版「八犬傳」をついに入手しました。読みたすぎる。でも読むなら全力で読みたい三冊なのでパワー出すタイミングをはかっとく。

ここだけ全員、突然気持ち悪い日記を書き出す女
コピペじゃないとしたら凄い才能

右上のメニューにメールフォームを設置してみました。どうぞお気軽にご利用ください。

今川泰宏監督によるマジンガー新作「真マジンガー 衝撃!Z編」テレビ放送決定
マジンガーよく知らないけど今川作品ということで期待。GロボやGガンみたいに賑やかなやつプリーズ

対談 京極夏彦×平山夢明 『愛と「キクチ」』 ロングヴァージョン
愛がうざいので気のすむまで愛叩きをしてやろうという趣旨の……結果的にそんな趣旨の対談。ギャグ多め

製作費28万円、「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚を描く自主制作映画の予告編
アラゴルンのゴクリ探索の旅を題材にしたものだそうですが、PJ映画のテイストを笑っちゃうほど忠実に再現しています。ネットでフリー配布予定。あっぱれな振り込めない詐欺だ。

[ニコニコ] タクティクスオウガ風に アイドルマスター 「団結」
これは神ドットすぎる……僕にマイリスしろというのか

伊藤計劃さんのブログがしばらく更新されないので心配になってきた。大事なければいいんですが
[PR]
by umi_urimasu | 2009-02-24 22:41 | 本(SF・ミステリ)


<< わずか6語の超短編SFいろいろ 「ニューロマンサー」に出てくる... >>