ユニークな西洋甲冑の画像集
このエントリーを含むはてなブックマーク
西洋中世のヨロイカブトというと、ゲームや漫画ではよく見かけても実物についてはまったく何も知らず、興味をもったことすらなかったのですが、ふと目にとまった画像を見ていたらこれがたいへん美しいものだと気がつきました。探してみると、世界には実にさまざまなタイプの甲冑があるようです。中にはとても戦争の道具とは信じられない美麗なものや、なんだこれ?と首をひねってしまう珍妙なものも。以下はそういう甲冑画像のリンク集です。

a0030177_10262026.jpgThe horned helmet of Henry VIII
ねじれた角に道化じみた丸メガネ。
漫画「へうげもの」にも登場した悪魔のような兜
a0030177_1031491.jpgCreepy Helmet
北欧系らしい、ウロコのある海竜のような兜
a0030177_10341680.jpgHelmet and horns
大きな角?+ヒレ?のついた兜
a0030177_10343477.jpgSea Conch Shell Helmet, Circa 1618
これでも兜?ホラ貝型。よくわからないセンスです
a0030177_1035759.jpgSir Giles Capel's tournament helm 1510
気品がただようオサレ兜。シンプルで美しいです
a0030177_10353321.jpg16th century fluted armet
16世紀のものですが、見ようによってはむしろ未来的かも
a0030177_10354985.jpgKnight and Tournament
まるい。とにかくまるい。
a0030177_10361850.jpgArmors for Man and Horse
甲冑はオーソドックスですが、頭の飾りで激しく自己主張
a0030177_103638100.jpgRaedwald's Helm
紀元600年ごろ。そんな大昔にもこれほど精緻な兜があった。
a0030177_1037342.jpg16th century armet helmet from the man-at-arms' harness
頬から突き出てる釘みたいなやつが気になります。
a0030177_1752933.jpgGarniture armor for Field and Tilt Italian about 1570
彫り模様がきれい




Closed Burgonet for use in the field
目がギョロリ、口がフヒヒ、不気味な兜
Grotesque Helmet
これは素で怖い。邪悪な表情
Casque a figure
こちらはなんだかショボーンな表情
Armor of Henry VIII of England
腹まわりがふとましいメタボリックアーマー
Armor of Emperor Ferdinand I
精緻な模様が美しいセレブの鎧。しかしこれは…なぜそこがそうなのか
Armor (detail)
そこをアップで。
Half-armour for the Stechzeug
まるで郵便ポストかサベージか
Armor of Henry II of France
16世紀フランス、ヘンリー二世の甲冑。これは少々彫りすぎでは……
Knight's Armour 14th century
ローマがおれにもっと輝けと囁いている的なたたずまい
Armor of George Clifford, Third Earl of Cumberland
全身これ金まみれ
Cumberland Garniture - Helmet
とてつもなく目立つ。実戦用じゃなかったのかも
Armor of George Clifford, Third Earl of Cumberland
足の先まで金仕上げ
Helmet
燃える炎をかたどったファッショナブルな日本の兜。
Helmet in the Shape of a Sea Conch
貝殻を模したうずまき兜。
日本の武具は肌になじむやわらかみがあるような気がします。
Armet Helmet 16th century
鳥の頭をかたどった兜。
Chickenhead
鳥兜その2
Sallet in the Shape of a Lion's Head
ライオンの頭をかたどった大胆な兜。
すんごい目立ちたがりな人が使っていたのかも。
Bascinet Helmet
とんがり頭にとんがり口
Close Helmet German (Augsburg), about 1550
草の紋様が美しい。
Cabasset Italian Milan 1575 CE
金めっきの装飾つき兜。ローマの伝承か何かを彫ったものらしい
Armor of Henry Herbert, Second Earl of Pembroke
なんとも豪快なまびさし。
Armor of Henry Herbert Second Earl of Pembroke 1575-1580
アップ。
Morion
見事な曲線
16th century armet helmet from the man-at-arms' harness
表面が波板状になってる。
Horse helmet
馬用のヘルメット
War hat with bevor Spain, Italy, and Germany, 1470-1550
FSSのアシュラテンプルみたい
Suit of Armour 16the century
全身波板仕上げ。
Close Helmet for Tilt one of the princes of Radziwill 1573
なんとなくキャシャーン風味
Child-sized Suit of Armor
子供用の鎧。頭と胴体のサイズ比からして、かなり小さい子用?
Burgonet
一面に彫り込みがびっしり。よく見るとまがまがしげな物体も
Tournament Helm
量産型エヴァ風味。
ちなみにこれ、足元がまったく見えないと思うんですが…
The most awesome helmet to wear into battle
髪の毛や耳まで人の頭の形に。
なんでこんなものをつくったか、製作者を2分ほど問い詰めたい兜
ca. 1450 'composite Kastenbrust armour'
西洋鎧というのはじつは足元もすごい。
Maximilian armour with mask visor
うつろな目とむき出した歯が不気味です
Helmet
ひげづらが浮き出した人面兜。ものすごく不機嫌そう
Painted Helmet
つまり↑の廉価版的みたいなものなのか。キングクリムゾン風味
Mortuary Helmet
製作者を2分ほど問い詰めたいフェイスカバー
Ceremonial armor
笑顔だとしてもそうは見えません
Jousting Harness
重量感にあふれたごっつあんです鎧。
Bronze Helmet
ギリシャ時代の青銅兜。頭でかすぎです
Jousting Armor (Rennzeug)
Jousting Armor (Rennzeug)
これでどうやって外を見るのか不思議でなりません。
ca. 1450 'armour of Friedrich Kurfurst von der Pfalz'
桃とか栗とかそういう感じ
とりあえず今はこんなところ。甲冑や中世関係の画像はこれからも暇をみて探していこうと思います。面白いものを見つけたらそのつど追加していこうかと。氷と炎の歌のおかげでいろんなネタが派生するようになったなあ。

(追記)誤って気づかずに「つづきを読む」以降を削除してしまっていたので復元しました。たまたま元記事のバックアップを怠っていたので危ないところでした……。yahooにキャッシュが残っていて助かった。ふひぃ

─────
[画像] 今にも押しつぶされそうな街…スペインのセテニル
空の代わりに岩が頭上に張り出している奇観の街

大学キャンパス全体が突然無人島にワープしたら理系しか役に立たない
漂流大学…小説や漫画の題材にいいかも

[画像] 廃墟探索記:ハムスター速報 2ろぐ
いろいろたまらん。全力で保存。

PDF注意→ 山尾悠子 最新書き下ろし小説「歪んだ真珠」(仮)
国書刊行会、2008年春夏新刊案内に記載あり。アナウンスされたのは今年4月7日。こういうのは信じて待つしかないのかな。
[PR]
by umi_urimasu | 2008-10-11 12:15 | まぞむ | Comments(2)
Commented by 鯛足烏賊 at 2008-10-26 23:26 x
基本的に受け口型の冑は槍試合用の冑のようです。
つまり競技用ですね。折れたランスの木片が顔に飛び込まないように、下方からの防御を強化してあるとされています。
目立つのも当然で、戦場で着るものではなく、競技場で目立ち、相手を威嚇するためのものらしいですから。
Commented by umi_urimasu at 2008-10-27 00:19
そういう理由だったとは。どうもありがとうございます。肩のあたりに上向きに開いたでっぱりが付いている鎧も、なんのための構造なのか不思議でしたが、それなら納得がいきそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< SFに登場するユニークな宇宙船10選 「フリーランチの時代」小川一水 >>