漫画業界は「先生」から「さん」の時代へ
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_21144367.jpg漫画雑誌のページの余白には大抵、「○○先生に励ましのおたよりを」という感想募集の文句が書かれています。ところがコミックビームという雑誌では、ここの作家の呼び方が他誌とは少しちがってましてですね。ほとんどすべての雑誌が「先生」という敬称を用いている中で、ビームだけは「○○さん」というスタイルで統一されているんです。森薫は「森薫さん」、志村貴子は「志村さん」。あの竹本泉ですら「竹本さん」です。

これには作家という特殊な存在に対し、読者が親しみをもって応援しやすいようにという配慮の意味があるのかもしれません。でも実際には、呼称をちょっと変えたところで送られてくる感想が劇的に増えたりといった実利的な効果は少なそうに思えます。だとすると、業界のスタンダードから外れ、メリットもない呼称をビームがあえて使っているのはなぜだろう。単なる「人と違うことしたがり」のアピールとしてはあまりにも地味すぎる。

僕はこれを、「作家と読者の立場を上下関係でとらえたくない」というエディター側の思いのあらわれなんじゃないか、というふうに受け取っています。営業上の損得と関係のない、作り手としてのポリシーだというわけですね。

日本で「先生」という呼び方が使われるときには普通、何かを教わる目上の人への儀礼的な尊敬という意味合いが含まれます。ただし、学問的なヒエラルキーとは無関係な人でも知的権威階級(?)っぽい相手を先生と呼ぶケースはあって、たとえば医師や国会議員や税理士を「先生」付けで呼んだりするのがその例です。出版界における「先生」も、たぶんこれらと同じ社会的慣習の範疇に含まれるものとみていいでしょう。この意味で使われる「先生」とはつまり、この人は偉いんだよ、おまえら読者より上なんだよ、無条件で敬えよ、というタグなわけです。

けれども僕は最近、この種の権威づけが現在の漫画界にまるでそぐわなくなってきているような気がしています。というのも、市場の巨大化、ネットの発達、同人と商業の接近などによって漫画家のすそ野が急激に広がり、プロとアマとただの読者の間にあった壁が崩れかけているように見えるからです。商業誌と同人誌のかけもちが激増したり、素人のWebコミックがプロをしのぐ注目を集めたり、雑誌からWeb上へと交流の場がシフトしたり。
こうした時代の変化にともない、若い漫画家と読者たちは、どちらからともなく互いの立場をきわめて近しいものと考えるようになってきたのではないでしょうか。そして雑誌の制作サイドもそれに応じて、今までの作家=上、読者=下というヒエラルキーを捨て、両者をより親密で対等な存在として扱おうとし始めているんじゃないでしょうか。

もちろん、時流に合わないからといって大した害もない現行ルールをいきなり廃止する意義もあまりないので、大多数の漫画雑誌はいまだに「先生」という呼び方を守りつづけています。しかしいずれは、形骸化した権威のタグなどもう要らんという作家たちが第一線を占めるときがくるかもしれない。その流れにいちはやく気づき、古い因習からの脱却を(欄外でこっそりと)はかり始めたコミックビームの奥ゆかしい先見性を、僕はほんのり好感をもって眺めているのです。もしかしたら、ジャンプやサンデーやマガジンもそのうち「○○さん」表記に変わっていくのかなあなどと想像しながら。

ちなみに上のリンク先のビーム公式サイト内の文章にも(ファンの書き込みは別として)「先生」はひとつもなく、敬称は全部「さん」のようでした。やつらけっこう徹底的っぽいぞ。

(追記)
なんかあちこちの個人ニュースサイトにとりあげてもらえたみたいです。ワンダフル。

(追記2)
コミックビーム編集者へのインタビューとか読むとリアルでも「さん」で通している模様。めっぽう熱い人たちらしい。この熱意が本当なら、ビームの「さん」は時代性がどうとかそんな理由じゃなくて、純粋に編集者本人の作家に対する信頼や同志意識のあらわれと考えたほうがよさそうです。しかし熱いなあ。

─────
[ニコニコ] アイドルマスター 「団結」 IM@S ALLSTARS  youtube版
[ニコニコ] 塊アイドル (二番煎じ)
恐るべきはちんこうP一族
[ニコニコ] アイドルマスターでキャプテン翼
これは伸びる。

[ニコニコ] 【MAD】地球へ… 「ジョミーのためなら死ねる」  youtube版
「地球へ…」が無性に見たくなる良作。「ネギとか!」のためにもニコニコ推奨です
[PR]
by umi_urimasu | 2007-10-24 22:20 | アニメ・マンガ | Comments(2)
Commented by tonbori-dr at 2007-10-24 23:17
あまり関係ないですが、以前FSSの永野護は『先生といわれるのはヤ。』みたいな事をいってたなと思い出しましたが(なのでいつのまにか漫画家を先生と言うことに慣らされている当時のおいらはちょっと戸惑ってFSSの公式サイトに感想を送った際にクリス(永野の愛称)とかマモさんとか書いたような記憶があります。
Commented by umi_urimasu at 2007-10-25 00:11
>永野護
まあ本人が呼ばれたいと公言している呼び方があるならそのように呼んであげるのが一番でしょう。クリスはどうかなあと思いますが。
そんなにイエスが好きかと。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 荒木飛呂彦の文体について NHK「日本SFの50年」 >>