「王狼たちの戦旗」Ⅳ ジョージ・R・R・マーティン
a0030177_20391265.jpgぴぎいぃぃぃっ!
と、超音波域で悲鳴をあげてしまった。何なんだこの凄まじすぎる展開。ジョージ・R・R・マーティンが「そういう」物語作家だということは重々承知していながら、やはり心のどこかで「さすがにそこまではしねーだろ、いくらなんでも」なんていう甘えを捨てきれずにいた僕を、この巻はふたたび絶望のどん底に叩き落してくれました。冷酷! 残忍! オレの精神テンションは今、「七王国の玉座Ⅴ」のあの時代に戻っているッ! 北の政所さま涙目!

で、涙に暮れながら第五分冊を開くとあら不思議、目次欄にあの人の名が……。これはいったいどういう意味なのでしょうか。いくつもの可能性が考えられるので、その場にたどりつくまではなんとも言えないのですが。ていうかそこにたどりつく前に僕の応援する策士ティリオンの命が現在進行形でヤバいのですが。待て待て待て待てマーティン! それやったらあんたほんとに悪魔だよ! ど、どんだけえー!

未邦訳の続編を原書で読んでしまう人が続出するのもむべなるかなです。引きの強さが異常すぎる。「剣嵐の大地」は〈氷と炎の歌〉シリーズ中最高傑作という評判だし、冗談ではなく明日はわが身かもしれません。あなおそろし。

もう少しいろいろ書こうかと思ってたのですが、そんなことより実物を読むほうが数千倍面白い。というわけでとりあえずだだっと五冊めを終わらせてきます。ホーダー。

George R. R. Martin's Official Website
アイコンが七王国の各家のエンブレムになってる。無駄にかっこいいな。
ワールドコン2007への参加は結局キャンセルされたらしい。残念……。

─────
[ニコニコ] ドナルド大暴れ コンビニ店員とバトル youtubeはこっち

おっぱい論
「ローマ人はロリコン」まで読んだ
[PR]
by umi_urimasu | 2007-08-29 20:12 | 本(others)


<< 「王狼たちの戦旗」Ⅴ ジョージ... ファンタジー今昔ものがたり 1... >>