「サウンドトラック」(下) 古川日出男
a0030177_22475954.jpg舞城王太郎に「ピンチランナー調書」みたいな話を書かせたら、あるいはこういう小説になるのかもしれないなあ。とふと思ったんですが、たとえとして適切かどうか自信はありません。古川日出男の小説を、「誰それの作風に似てる」という言い方で説明するのはとても難しいのです。
たとえば、やたら攻撃的な文体を使うスタイルに町田康や舞城王太郎に通じるものを見いだすことは、まあ可能かもしれない。でも文体そのものはまったく似ていないし、それ以外でも共通点は特にない。村上春樹が原点だともいわれるけれど、作品自体はやっぱり村上春樹とは似ても似つかない。饒舌のルーツをボルヘスやマルケスあたりに求めてもいいけれど、古川日出男のポップな部分はそういう枠にも収まらない。
「サウンドトラック」の中で、ヒツジコのもとに生まれも育ちもさまざまなダンス少女たちが結集して西荻窪独立戦争を起こすにいたる流れなどには、ポップというか、ある種ライトノベル的な思春期的全能感までもが表現されていたりします。こうなるともはや何でもありと言ったほうがいい。なかなか手におえない代物なのです。

どこかに適切な「たとえ」を使った古川日出男評をしている人はいないものでしょうか。「古川日出男みたいな小説をもっと読みたい」という欲望のはけ口を求めて、こういった「似たもの探し」をしようとしている人は、僕だけではなかろうと思うんですが。

古川氏はこのところ、かなりのハイペースで作品を発表しつづけています。さらに文章を書くだけでなく朗読ギグなんていう活動もしているようです。なんとアクティブな。のんびり読んでたらたぶん永遠に追いつけません。この生産力が頼もしい。
皆川博子と古川日出男と飛浩隆とイーガンとジョージ・R・R・マーティンがいれば、族長の初夏はあと十年は戦える!


─────
円城塔「Self-Reference Engine」と伊藤計劃「虐殺器官」を買ってきました。楽しみだー。ベスターの「ゴーレム100」は見つからずじまいでしたが。しょぼん。

ひぐらしのなく頃に 実写映画版キャスト
やっぱりアイドル映画でパンピー相手にひと儲け的思惑の産物なのかなあ?

[動画] Clip: Atomic Bomb
[動画] Atomic/Hydrogen/HE Bomb Compilation
核爆弾の爆発映像集。やばい怖すぎる。クラゲのようなグロテスクな美しさがあって、なんかもういろいろ耐えがたい。ヘタなホラー映画よりこっちのほうが素で怖いかも。

リメイク版「椿三十郎」 ft. 織田裕二
二の句がつげない凄まじさ。黒澤版とはまったく別の映画なんだし、気にしなければそれでいいんでしょうけどね。

若手イケメンで「風魔の小次郎」実写化
もう何が実写化されても驚かない。
[PR]
by umi_urimasu | 2007-08-17 22:51 | 本(others)


<< 「王狼たちの戦旗」III ジョ... 「サウンドトラック」(上) 古... >>