SFを読むようになったきっかけは?
時節柄、こういう話題はライトノベルでやったほうが広がると思うけどまあそこはそれ。あっちの方とかで。

僕の場合、SFに転んだ最大のきっかけはたぶんこれじゃないかと思うのは、小学生のころの「2001年宇宙の旅」でした。まんまだぜドララー。まあいいではないか。人それぞれさ。
厳密には初めてではなかったと思うけど、地球からの遠さや孤独感、人為を超えた巨大なスケールの現象に対する畏怖など、小説で宇宙の凄みみたいなものを味わった最初期の記憶はやっぱりこの作品に結びついているようです。さすがはクラーク先生ってとこか。「幼年期の終わり」もたぶん初読はそのころ。
ジュール・ヴェルヌやウェルズ、アシモフ、ブラウン、ハインラインあたりも軽くあたっているものの、クラークに比べるとかなり記憶があやふやな感じです。ま、このへんは再読した回数とも関係あると思いますが。

児童書などは読んだとしてもタイトルも内容もすっかり忘れてしまった作品が多いなか、なぜかいつまでもタイトルを忘れられないのがロシアSF文学の始祖・ベリヤーエフの「ドウエル教授の首」。これは当時の僕にとってはホラー以外の何ものでもありませんでした。今ではなんていうか、かけるべき言葉も思いつかないありさまなんですがね。
ライトノベル化する児童文学 (ゆーずー無碍たる日記)では古典のなんちゃってラノベ化現象には言及してないみたいだけど(追記:言及記事ありました)、これはその生きた実例。涙をふきなよ、岩崎書店さん……もういいよ、あんたはよくやったよ……。

あと、人類滅亡・災厄SFの古典としてネビル・シュートの「渚にて」とジョン・ウィンダム「トリフィド時代」をあげとこっと。僕の滅亡SF大好き病の罹病原因はたぶんまちがいなくこの二作。火の鳥とかAKIRAとか、破滅後の再生まで視野に入れた作品も悪くはないですが、やっぱりこういうのは完膚なきまでに滅亡するからいいんですよ。もうこれっきりっていうあの寂しさがさ。
何を力説しとるんだ。ところで「百億の昼と千億の夜」は滅亡ものだったっけか。ラスト忘れたんでわからない。
SF板該当スレのまとめ:人類滅亡を扱ったSF作品あたりを見ると、その数に今さらながら驚かされます。みんな好きだな滅亡SF。

記憶もおぼろげなこれら懐かしの作品群を今読み返したら、僕はいったいどんなふうに感じるのだろうか。これはなかなか誘惑的だ。でも買うとまたぞろ積み本の山が高くなる。なのでやっぱり見合わせる。
[PR]
by umi_urimasu | 2007-06-13 01:02 | 本(SF・ミステリ)


<< 「太陽の塔」森見登美彦 ただ読みオンライン漫画 >>