ドラゴンランス邦訳
いつのまにかどしどし刊行されていたドラゴンランスの新作邦訳。そしていつのまにか付いていた「全世界5000万部」という大層な叩き文句。ご、5000万! いやはや。
レオルクスの顎髭にかけて、ごせんまん!

「戦記」「伝説」「英雄伝」あたりから先の物語については、以下のように分冊でこれまで都合7巻が出版されているみたいです。

・「夏の炎の竜」(上・中・下巻)
・「魂の戦争」
   第一部「墜ちた太陽の竜」(上・中・下巻)
   第二部「喪われた星の竜」

著者はもちろんワイス&ヒックマン。僕が戦記や伝説を愛読していた頃からもう10何年と経つし、アスキーの新訳版では誤訳が修正されて著者自身の大量の注釈も付いているそうで、いっそまるごとそろえ直そうかという気もしてきました。しかし、今から品薄な本を探し集めるのは少々億劫でもあるし。うーん。

他にアメリカン・ファンタジーで気になるのはジョージ・R・R・マーティンの「七王国の玉座」。内容はランスよりもややヘヴィな、謀略三昧の歴史ものだとか。あるいはこっちのほうが今の僕の好みには合うかもしれません。今が旬な感じで入手もしやすそうなので、ひょっとしたらランスより優先するかも。



[ネタ] 架空の書物・文献一覧
タイトル見て一瞬これはっと思ったけど、大半はアニメや漫画に出てくる小ネタでした。皆川博子も古川日出男もカレル・チャペックも載ってない。ボルヘスやレムへのリンクは張ってあるのになあ。

[アニメ] OVA「マルドゥック・スクランブル」製作中止
トップ絵もしょんぼりな感じ。その代わりと言っちゃなんですが、「空の境界」は正式にアニメ化決定の模様。むむむ。

[本] 「重力ピエロ」伊坂幸太郎
読書中。異常に読みやすいなぁ。
[PR]
by umi_urimasu | 2006-12-29 19:18 | 本(others) | Comments(2)
Commented by 海燕 at 2006-12-30 14:49 x
 『氷と炎の歌』は大傑作です。たぶん、この手の群像劇では世界でいちばんおもしろい。『ドラゴンランス』があくまでアメリカ風なのに対し、こちらはほとんどシェイクスピア劇のおもむき。めちゃくちゃ過酷でめちゃくちゃおもしろい。

 しかし、これからこの作品を読みはじめるとなると、文庫50冊ぶんくらいは続くことを覚悟してもらう必要があります(笑)。50冊じゃ終わらないかもしれません。当初の予定だともう完結しているはずなんですよね。覚悟が決まったらこちらへどうぞ。
Commented by umi_urimasu at 2006-12-31 17:51
凄い勢いでおすすめされました。ここまで言われては読む以外の選択肢はありえません。長さに関してはどこまで付き合っていけるかわからないけど、試しに七王国にトライしてみようかと思います。

>覚悟が決まったらこちらへどうぞ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 「重力ピエロ」伊坂幸太郎 映画「パプリカ」 >>