「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男
こっ、これがしゅきなのおおおっ!
と呂律が危うくなるほどの勢いでむさぼり読んでいるところの一品。おのれーおもしろい。まさにこれ、こういうものをイヤってほど読みたいんだ俺は。

第二次大戦末期、日本軍の敗北によりキスカ島に取り残された四頭の軍用犬。彼らは子をなし、やがて世界中にその血脈の枝を広げていった。そして現代、極東の地。ソ連崩壊の混乱のさなか、激化の一途を辿るロシアとチェチェンのマフィア抗争の影に、謎の老暗殺者「大主教」の姿があった。彼の正体は何者なのか。その真意は何処にあるのか。
そして血で血を洗う人間の戦後史に、有史以来人の友たる犬たちはいったい何を思うのか──?

といった感じで、今はまだほんの序盤ってところです。本のボリュームからすると「アラビアの夜の種族」よりはあっさりした作品になりそうですが、その分適度にサスペンス要素を混ぜたりしてあるあたりがなかなかクレバーな感じではないかと。少なくとも「アラビアの夜の種族」より間口は広そう。
また、作品冒頭に「ボリス・エリツィンに捧げる。おれはあんたの秘密を知っている。」という意味深な一文があったりすることから、「夜の種族」同様に作品ぐるみの大仕掛けを張っている可能性も考えられます。あいかわらず油断できん。そしてそれがいい。
というわけで期待を込めてつづく。


────
[映画] デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム
凄っ! 元が子供向けのおもちゃ宣伝アニメなので話が単純なのはわかるけど、演出がもう神すぎる。監督は細田守。なるほど、アニメ版の「時をかける少女」があれほどまでに期待されているのはこういうわけか。
ちなみによーつべに動画があったりしてしまうのですが、これはけしからんことですね。うむ。じつにけしからん。
http://www.youtube.com/watch?v=Schc_zlH4sw


[映画] 筒井康隆「日本以外全部沈没」映画化
やっぱ時期的に日本沈没のついでにどうぞってこと?と思ったらそのまんまだった。
最近はどういうわけか筒井作品の映像化がよく行われています。パプリカがアニメでOKなら、旅のラゴスとか夢の木坂分岐点あたりもいずれアニメ映画になったりしないかな。


[映画] ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男
1969年に謎の死を遂げたローリング・ストーンズの初代ギタリストの波乱の半生を、なんだかんだと脚色をまじえて描いた映画。「STONED」トレーラー
「謎の死の真相」って、もうあからさまに怪しい扱いでむしろ笑えます。娯楽映画って無責任なもんだなあ。こうして適度に無責任なものが許されるってのはとてもありがたいことなんだろうとも思いますけど。


ああ、映画といえば。ウルトラヴァイオレット見させてけれ〜……。
[PR]
by umi_urimasu | 2006-06-30 01:12 | 本(others)


<< 「ベルカ、吠えないのか?」2 売られぬSFのバラッド >>