「あなたの人生の物語」テッド・チャン
a0030177_22374281.jpgはっはっは。正直者のあなたにはきれいなイーガン、もとい、テッド・チャンをあげましょう。

グレッグ・イーガンと並んで現代SFの最高峰ともいわれるテッド・チャンの初邦訳集にして全作品集。1990年から2002年までの12年間に彼が発表した小説は、ここに収録された8篇で全部だそうです。そしてそのほとんどがヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞、スタージョン賞ほか多数の賞を単独または重複受賞。作品数よりもノミネートされた賞の数の方がはるかに多いってなあどういうことだ。もちろん賞がすべてとは言いませんが、それも程度問題ではないのかと。
で、中身を読んで二度びっくりさ。

人間の意識のあり方、あるいはその変わり方をテーマにした作品の多さから推して、チャンの視点もイーガンにごく近いところにあるのは確かなようです。ただし当然ながら、チャンとイーガンでは作風もアプローチのし方も結論もそれぞれに独特で、安易に類似品としてくくれるものではありません。だからこそ、誰に聞いても「両方読んどけ」と言われるわけだが。

おおざっぱにいえば、イーガンの問いは「自己とは何か」であり、チャンの問いは「世界とは何か」ではないかなあと思っています。たとえばイーガン作品では、人間の脳をデジタル化したり精神だけをコピーしたり、「人間の個体をいじって実験してみた」的なアイデアがよく使われます。対してチャンの作品に多いのは、異なる言語を話す人は同じ世界でも異なる見方で見るだろうとか、自分数学者なんだけど1=2を証明しちゃった、もうやってらんないとか、「考え方を変えてみたら世界の方が違って見えた」という種類のアイデア。すっきり分けられる問いではないかもしれませんが、二人の立ち位置の違いは感じられる。ハードのイーガンに対するソフトのチャンとでも言いましょうか。あるいは力のイーガン、技のチャンと言いましょうか。

小説のスタイルでいえば、チャンの作品には派手なアイデアや超展開といった要素は薄くて、地味ながら堅実、そして物語上の構成美にこだわる傾向が強いように思えます。イーガンは立てた命題の答えを追求するために曲芸的な論理の飛躍も辞さず、奇抜なアイデアにひっぱられて物語が少々乱暴になってもおかまいなしという、いわば剛力無双タイプ。一方、チャンはあくまでエレガントに、人間を改造したりしないで注意深くオチまでもっていく技巧派タイプ。
ま、そういう意味での「きれいなイーガン」ということで。

純粋にテクニックに関しては、やはりチャンの方がイーガンより巧いように思えました。表題作「あなたの人生の物語」などの構成を見るかぎりでは。しかし、個人的にはイーガンの方が好みです。笑えるし。

個々の収録作品について書くと長くなるので、ちょっと一息。


────
吉報1。アニメ版デモンベインはエセルドレーダのCVも原作ゲーム版と同じ人が(アルと二役で)担当されるのだとか。アニメFateが少々へちょい出来なので、その分こちらに期待がかかります。ファンの期待を裏切らない内容であることを祈る。

吉報2。
エルリックサーガ、復刊。訳者は井辻朱美氏で統一され、未訳分三作も今回の復刊を期に新規出版されるとのこと。もし挿絵が付くならやはり天野喜孝氏に。無理かなあ。
[PR]
by umi_urimasu | 2006-02-04 00:03 | 本(SF・ミステリ) | Comments(5)
Commented by 摩周 at 2006-04-20 01:15 x
私も拝読しました。「あなたの人生の物語」。
話そのものより、作者の天賦の才に感動しました。

ちょっと...というか、かなり話がそれますが、
「理解」(Understand) 
「地獄とは神の不在なり」(Hell Is the Absence of God)
は、日本語の直感には働きかけないような気がします。

前者はいうまでもなく、「『理解』という言葉」が破壊の源になっているとは思えません。それでは文脈が通りません。そうではなく、敵の攻撃が「理解せよ」なら、敵の攻撃として最適だと思います。

後者は、文法が変です。というのは、Godの前には必ずtheが付くのです。従って、本来は「Hell is absence of the God」です。
すなわち、「Hell」=「○○の『不在』」が重要であって「『神』の○○」ではないのです。
もし私がタイトルを訳すなら、三人の境遇と奇跡なきこの世とかけて、「地獄とは奇跡なき信仰なり」と付けるでしょうが、族長さんはどのように思いますか?
Commented by umi_urimasu at 2006-04-20 22:31
>摩周 さん

そこまで考えたこともありませんでした。もしかして原書で読まれてますか?

僕自身は、日本語として不自然でないかぎり、訳の厳密なニュアンスにはあまりこだわってないつもりです。性格がおおざっぱなもので。原意を正確に表しきれない場合があっても、翻訳小説である以上は仕方がないやとあきらめてます。
もちろん、内容を完全に曲解した悪訳誤訳に対しては警戒すると思いますけど。

>後者は、文法が変
そうなんですか?
Godは固有名詞としても使われるようなので、これでも間違いじゃない気がしますよ。
Hell Is the Absence of Godという言い回しはどうやら、キリスト教の宗教書などで神と地獄の定義を論じるときによく使われる決まり文句的なフレーズみたいだし。


僕がむしろ不満を感じたのは、たとえばグレッグ・イーガン作品の邦題の付けられ方ですね。

quarentine -> 宇宙消失
distress -> 万物理論

イーガンのディアスポラが「宇宙脱出」とかにならなくて、ほんとによかった。
Commented by 摩周 at 2006-04-29 17:37 x
私のたわごとに付き合っていただいてありがとうございます。

>そこまで考えたこともありませんでした。もしかして原書で読まれてますか?

いえ、実は元タイトルをググって調べました。


>僕自身は、日本語として不自然でないかぎり、訳の厳密なニュアンスにはあまりこだわってないつもりです。性格がおおざっぱなもので。原意を正確に表しきれない場合があっても、翻訳小説である以上は仕方がないやとあきらめてます。

そうですねぇ。今まで読んだ訳本っていうのは、もっと流暢に意訳してもいいんじゃないかなーというのばかりだったので。。。
確かに全体的にみれば他の訳本より読みやすかったです。

これ以上を望むなら原書を読むしか・・かな。
仕事上これからドイツ語を学まねばならなくなったので
時間がねええええぇぇぇ・・・。

Commented by 摩周 at 2006-04-29 17:40 x
>>後者は、文法が変
>そうなんですか?
>Godは固有名詞としても使われるようなので、これでも間違いじゃない気がしますよ。

これは私の勇み足でした。
決まり文句では特にtheはつかないんですね。
the Sunとかthe Moonとかと混同してました。

・・・ということは、やはりタイトルは訳のままなんですよね。
そしたら、私の行間の捉え方が違ってるのかな?
脳を再構築してきます(^^;


>僕がむしろ不満を感じたのは、たとえばグレッグ・イーガン作品の邦題の付けられ方ですね。
>
>quarentine -> 宇宙消失
>distress -> 万物理論

実は読んでないんです。
映画は特に見ないタチで、昔、友人に
「ブレードランナーって『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』に似てるね」
って言って恥をかいたことがあります(w

ではでは。
Commented by umi_urimasu at 2006-04-29 23:59
テッドチャンがお好みに合うようでしたらイーガンはおすすめです。
長編なら「宇宙消失」、短編集なら「祈りの海」が手始めとしてはいいように思います。

>ブレードランナー
むしろ、その順番が逆だった時の方が恥かしいのでは。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 「あなたの人生の物語」2 「エマ」森薫 >>