「クビシメロマンチスト」西尾維新
a0030177_2392094.jpg天才育成機関出身という経歴と病的な現実逃避癖をもつ謎のイケメン大学生、それが人呼んで"戯言遣い"のいーちゃんである。ある時は青い天才少女だの赤い人類最強だのを脇にはべらせ、ある時は学食で丼いっぱいキムチを食いまくり、またある時は少年殺人鬼と拳で哲学を語りあい。そして彼に近づくクラスメイトたちは、日を追って無惨な絞殺死体と化してゆく。
だがそれがどうした? ぬるい偽善はたくさんだ、死ぬなら勝手に死んでくれ。

愚かな恋をなんとする、請負人もあてにはならぬ、闇に裁いて戯れ言る──戯言遣いが、殺人犯を。

うぐぅ。警察にまかせろよ、そういうことは。


西尾維新という人は、語呂合わせや宛て字の要領で作った誤字、誤用、造語をやたらに使う作家です。それはもう、ときに見苦しいほどたくさん使う。効果のほどはちょっと微妙ですが。造語の方はともかく、あからさまな誤用には陳腐な印象しか受けませんし。
けれどその文体は、一見うっとうしいだけのようでいて、ミステリにとっては意外にも効果的だったりするらしい。

推理小説では、真相を読者の目から隠すためにいろいろな手管が使われます。鍵となる情報をわざと省略したり時系列を倒置したりなどの正道っぽい手の他に、文意そのものをわかりづらくしたり、重要な情報を無意味な文章の中に紛れ込ませる方法もある。西尾維新がよくやるのはこれですよね。
「クビキリサイクル」ではそういったあやふやな文章に単なるレトリック以上の機能はなかったんですが、この「クビシメロマンチスト」では、より本質的にミステリの役に立つように使われています。たとえば、会話やモノローグの意味合いがまるごと二重化されていて、あとからようやく裏の意味に気づくようになっている所がいくつかある。真相を知っていれば確かに不自然さの質が違うことに気づきますが、初読時に見破るのは無理でした。
でもこれはわからなくても仕方がないでしょう。普段からめちゃくちゃ不自然な言い回しばかり使っていて、通常の文体そのものがカムフラージュになっているも同然なんだから。

つまりこれは、あの仰々しいオタ文体が「常態」であるからこそ使える技だったのかと。
クビシメロマンチストを読んで思ったわけよ。


せいいっぱいポジティブに書いてみました。
でも我ながら今いち褒めてない。

────
検索すると「キャラが立っている」という感想がたくさんヒットしますが、これはいかがなものか。僕にはどの人物も表層的なギャルゲー記号の寄せ集めに見えますよ。人類最強・哀川潤がいかに常識を越えた最強の存在か、とかいう描写が必死に繰り返されるのを読んでるといたたまれなくなって来るし。
そんなとこまで奈須きのこに似なくてもいいのに。

────
西尾維新は戯言シリーズ完結時のインタビュー「僕にとっては、世界=物語で、身近で閉じた世界が物語そのもの。『セカイ系』と言うが、逆に、そうでない問題って小説になるの? と聞きたいくらい」と述べています。
どう受け取ったらいいのか当惑させるコメントです。「私は高校生か大学生の萌えオタ日常小説しか書けませんよ」と宣言してるに等しいような気がするんだけど。それとも、ベオウルフや平家物語や三国志は彼にとって物語じゃないんだろうか。
やや疑いまじりの視線と共に、「クビツリハイスクール」の巻へつづくー。
[PR]
by umi_urimasu | 2005-12-21 23:15 | 本(SF・ミステリ) | Comments(20)
Commented by みか at 2010-07-24 10:12 x
グッドな感想ですね
私もキャラが立ってないと思います。会話が面白いので成り立っている感じだと思います。
Commented by umi_urimasu at 2010-07-24 20:57
ありがたきお言葉ではありますが、今みると自分としてはよくもこれほど適当な文章を堂々と書き散らしていたものよと恥じ入るばかりです。キャラって何をどうすれば立ったことになるんだろうな。
Commented by 神無月 さしくみ at 2011-04-06 23:54 x
私はとても下手ではありますけど少し小説を書いています。
西尾維新先生の本はとても重要な資料として楽しく読んでいます。
Commented by umi_urimasu at 2011-04-07 23:46
書き手側の視点から小説を読めるひとには羨望をかんじますね。読み専の自分には想像のつかない世界なので。
Commented by 神無月 さしくみ at 2011-04-08 00:49 x
そんな事無いですよ。
たった13歳の私でも書けるんですから。
一度書いたらいいと思います。
Commented by umi_urimasu at 2011-04-08 08:30
そこまでのモチベーションはないです。退職などして超暇になったら書く気になるかもしれません。
Commented by 神無月 さしくみ at 2011-04-09 01:16 x
そうですか。
そういえば、私が西尾維新先生の本でひとつ思うことは、
ストーリーはまあ、いいのですが、それよりも文章がきれいだと思います。
私が書く本は、初めはきれいだと思うけど少したつと、曇ってくるんです。
うーん、どうすればずっときれいなのか知りたいです。
Commented by umi_urimasu at 2011-04-09 08:40
技術的なことはわかりませんが、たとえばプロの作家が書いた小説作法の本をあさってヒントを探してみるとか。
Commented by 神無月 さしくみ at 2011-04-10 00:51 x
そうですよね。
それをふまえて西尾維新先生の本を読んでみます。
クビキリサイクルのラストの所、実はかなみが赤音だと知っていたりします。
小説の基本なので。
Commented by umi_urimasu at 2011-04-10 18:34
身になる読書ができるといいですね。

申し訳ないですが戯言シリーズは内容をすっかり忘れました。もう何年も昔のことなので。
Commented by 神無月 さしくみ at 2011-04-11 00:36 x
そうですか・・・。
それより、いつも私が質問していたのですが、少しネタが無くなったので話題ふって下さい。
Commented by かなを at 2011-04-11 00:39 x
あのぅ・・・。
初めましてなのですが、うちからふってもいいですか?
Commented by 神無月さしくみ at 2011-04-11 00:44 x
どうぞどうぞ!
でも、umi_urimasuさんもコメント入れて下さいね!
Commented by かなを at 2011-04-11 00:50 x
えぇと、なら今オススメの本を教えて下さい。
Commented by umi_urimasu at 2011-04-11 23:00
毎晩一、二行ずつ話が進むいまどき稀有な流れ。。。感慨深い。
最近のマイブームはスティーヴンキングです。
Commented by 神無月さしくみ at 2011-04-12 00:48 x
いいですよね!
ちなみに私は新保裕一先生の本です。 知っているかはわからないですが。

Commented by かなを at 2011-04-12 00:58 x
・・・。
連鎖でしたっけ? でもうち、読んだ事無いからわからないです。
えぇと、うちはベタに宮部みゆきさんですかね。
Commented by umi_urimasu at 2011-04-12 23:14
新保× 真保○ でしょうか? 未読です。宮部みゆきは初期の作品をいくつか読んだのみです。現代日本もののミステリやアクションサスペンス的な分野にはあまり手を出したことがありませんでした。
Commented by 神無月さしくみ at 2011-04-13 00:55 x
あ・・・。
まちがいだと気付きませんでした。
というより、真保先生はマイナーなんですかね・・・。
Commented by かなを at 2011-04-13 01:00 x
そんな事無いと思いますよ。
えぇと、それは人それぞれの好みですよ。 偶然あまり読んでいない人が多いだけですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 劇場版Zガンダム 星を継ぐ者 ジブリ版「ゲド戦記」ぷー >>