統計: ファンタジーにおけるドラゴンの流行色
このエントリーを含むはてなブックマーク
ときどきファンタジー系の出版物に関するしょうもないトレンドリサーチをしてくれている Orbitが、またへんな調査結果を出してました。「今年のファンタジー小説の表紙に描かれたドラゴンの体色の中でもっとも多いのは何色か」を調べた図、というものです。 The Chart of Fantasy Art Part 3: Dragons うん。毎度ご苦労さまといわざるをえない。
a0030177_23225388.jpg
示されたデータを信ずるなら、1位は緑、2位はオレンジ、3位が青と黒。以下、黄色(金?)>白>赤>灰色(銀?)>その他(茶?)、といった感じ。1位はまあ妥当のような気もする。自然界におけるトカゲの色でもおそらく緑はメジャーな色だろうし。でもオレンジ2位とかなあ。わりと強そうなイメージのある赤竜が白竜より少ないというのもちょっと意外でした。 ちなみに、このサンプルされた竜のうち、15%は人間を乗せていたり人間に友好的な態度を見せているんだって。ほんとどうでもいいデータですが。
この調査、もし日本でやったらどうなるだろう。やるほども数がないかな。
あと、他にはない珍しい色の竜ってなんかあったっけ。「万色にして無色」のタキシスとかでしょうか。

─────
「パプリカ」「千年女優」などの作品を手がけたアニメ監督の今敏さん死去
癌ですと。やんぬるかな……。虚構の多重連鎖を見せる表現のあざやかさ、失見当識的な幻惑感が筒井康隆好きとしてはツボ直撃で、千年女優などくり返し見たものでした。なんとしても惜しい。

[画像] カラー写真でみる100年前のロシア - The Big Picture - Boston.com
セルゲイ・プロクジン=ゴルスキーの仕事。鮮明な写真から当時の人々の生活の様子がありありとうかがえます。ゴルスキーさんほんまGJやで

【本人降臨?】漫画家やってるけど質問ある?|VIPPER速報
高遠るい氏ご本人らしい。好きな漫画家が魔夜峰央とは意外、でもないのかな。確かに、ギャグシーンで猫目のチビキャラになる表現とかけっこうパタリロ的かも。

「俺の屍を越えてゆけ」の続編企画が提出中、ソニー内部でも賛同する動き
これは期待。子づくり三昧の日々よもう一度。

荒山先生トークショー再び ~やっぱり荒山先生は荒山先生だ~
荒山徹トークセッション「百済・新羅 石田三成を巡る時空」(その一)
ああ、最早何も言うまい
語るべき言葉、ここにあらず
話すべき相手、ここにおらず
徹、ただ前を向き、ただ斜め上を目指す
ただ前を向き、ただあらぬ方を目指す

Viz Haikasoru Imprint - Japanese SF 刊行予定リスト更新
マルドゥックスクランブルに書影画像が。あと、グッドラック雪風、ロケガ、荻原規子の勾玉シリーズ白鳥異伝?が新たに追加。だんだん伸びてきたこのリストを眺めてると、ハードSFからファンタジーまでゆるいSFのくくりでわりとなんでも扱うようでいて、ニューウェーブっぽいのだけは避けられてるような気がする。飛浩隆マダー

テッド・チャン “The lifecycle of software objects” @ val it: α → α = fun
これと「息吹」、「商人と錬金術師の門」、「予期される未来」にエッセイを一、二本たせば、邦訳作品集がまた一冊つくれるのではなかろうか。
[PR]
by umi_urimasu | 2010-08-23 23:54 | まぞむ | Comments(2)
Commented by aomeumi at 2010-09-06 13:27
ポルトガル・青目
はじめまして、ランキングから来ました。本を読みたいと思って日本の本屋に入ると、その膨大な数に怖じ気づき、ただただ疲れ果て、結局何も買わずに逃げかえることになります。
ここに来たら、ちょっと偏った(いい意味で)本が揃っている小さな本屋さんに入ったようなホッとした気分です。リストには知らない作家が多く、興味深いことです。ありがとうございました。
ちなみに、私の名前も・・・umiです。
Commented by umi_urimasu at 2010-09-06 23:53
ご来訪ありがとうございます。偏りの方向を同じくする人々が面白い本に出会うきっかけにでもなればと思って、ときどき読書感想文を追加したりしています。SFや伝奇やファンタジーに興味がおありでしたら、またどうぞ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 中世の料理と風呂について: 司... ロシアの伝説に残るユートピアと... >>