映画 「第9地区」
このエントリーを含むはてなブックマーク
a0030177_17122516.jpgネットで評判になってて、SF系のブログでも注目度が高そうで、「じゃあわしもわしも」と見に行ってしまいました。あーなるほど。これはえげつないな。人種差別と格差社会を皮肉ったブラックな風刺SFなのですが、風刺対象を笑うんじゃなくて、あたかも美徳であるかのように描ききるといういやらしいタイプです。オーウェルとかスターシップ・トゥルーパーズ的ないやらしさですね。これは疲れるわ。反差別をうたうストーリーなのに描写が差別意識まるだしで、胸糞わるい話のくせにどこまでもいい話のふりしてる。無自覚な差別主義者のウザすぎる主人公が家族思いの友情ヒーロー扱いされてて、「ここはオレにまかせてお前だけでも生き延びろ!」と感動で押し流そうとしてくる。じつに意地がわるいです。超げんなりできます。(「げんなりできる」は一応褒め言葉的な意味で)
たぶん、みんなでよってたかってツッコミ入れながら見るほうが精神衛生上よさそうです。

【ネタバレ】「第9地区」をようやく観ました/ヨハネスブルグからの不敵な挑戦状 - 万来堂日記2nd
げんなりできるポイントを広く細かく拾ってまとめてくれている記事。

風刺SFとしては非常にいやらしい、もとい、よくできた作品ではないかと思います。ただ、「特定の社会問題に対する風刺のための寓話」としてみごとにブレがない反面、おそるおそる未知のなにものかに触れるようなSF的な驚きとかいったものは皆無であって、そうした要素をわずかでも期待して見にいった僕としては忍耐が報われない映画でもありました。この映画のエイリアンって姿形がエビなだけで、中身はただの人間だもんな。

─────
バチガルピ・ショートインタビュー - 送信完了。:読書系小日記
フィクションをほとんど読まないというのはちょっと意外かも。好きな短篇作家はテッド・チャンとケリー・リンク。

[ニコニコ] 【アイマス】『アイドルinエルシア』 【D&D】
すいませんTRPGナメてました……。遮蔽とか間合いとか、位置取りがものすごく重視される戦闘をやってるらしい。TRPGときいて思い浮かぶイメージと全然ちがってた。あとホブゴブリン軍団がかっこよすぎて惚れた。

チャールズ・ストロスさん日本で足止め中
なぜか秋葉原の格安ホテルに泊まることにしたという。せっかくだからアキバ見物でもいかが

手塚治虫文化賞大賞は「へうげもの」
祝。これからの柳生描写にも期待しております。また柳生の里いきたいな

[画像] ミナス・ティリス by Rizo
うほっいい城砦都市。でも普通に人が生活する場所としては、あまりに不便で非現実的な気がしてきた。最上部の白の塔の高さは地上300メートルぐらい。東京タワーとほぼ同じ。心臓破りの町だ。

[画像] Magic the Gathering ラヴニカ by Richard Wright
コメント欄で教えてもらいました。グラッツェ。こんなふうな架空都市が3Dモデルデータ化されて、VR環境上でぶらぶら散策できるように……なる日がくるといいなあ

「天地明察」にとりかかる。殺戮も陵辱もないきれいな冲方作品を読むのは初めて。まぶしい。目が、目が~
[PR]
by umi_urimasu | 2010-04-17 16:36 | 映画 | Comments(4)
Commented by daen0_0 at 2010-04-24 11:09 x
架空の都市はロマン。僕が好きなのはマジック・ザ・ギャザリングというカードゲームの、ラヴニカという惑星全土が都市で覆われた世界です。
http://mtg.takaratomy.co.jp/product/info/20050908/
http://mtg.takaratomy.co.jp/product/info/20050901/index.html
Commented by umi_urimasu at 2010-04-24 23:04
ありがとうございます。きれいですー。Richard Wrightという人の絵なのですね。
Commented by 葛餅 at 2010-04-26 02:16 x
お久しぶりにコメントさせて頂きます。
もうかれこれ6年、御ブログのファンで、非常にたくさんの個人的スマッシュヒットな出会いを頂いております。

3Dで精緻な古城や廃墟を散策したり、自分なりの角度とアングルとピントで写真を撮ったりできて、
四季の変化があり、天候も緻密な計算のもとに描写されるソフトが欲しいなぁあと、自分も5年ほどじりじりしています。

それを妹にこぼしたところ、
「その開発費で、同じようなことを切望している一握りの人々を実際の名遺跡にゆったりつれていけそうだよね…^^」
なんて言われてしまいました。 一理あって、切ない…

Commented by umi_urimasu at 2010-04-26 13:14
葛餅さん
> かれこれ6年
びっくりです。ありがとうございます。

> 3Dソフト
純粋な鑑賞用となると、仮に技術的なハードルがクリアされたとしてもあまり人気が出なさそうですね。ゲームの分野なら、オブリビオン程度のグラフィックでわりあい自由な行動ができるMMORPGやMYST的なものは近々出てくるかもしれません。

> 「その開発費で、同じようなことを切望している一握りの人々を実際の名遺跡に

実際の遺跡もよいものですが、現実には存在しない世界への願望はまた別腹かなと思います。中つ国やイーハトーブは、空想を愛する人の心の中にこそあるものですしね。
あと、九龍城砦などのように、いくらお金を積んでもリアルではもう行けない場所もあって、そうした貴重な建築や遺跡は失われる前に3Dデータ化しておけたらよかったのにと思います。もったいないことです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 「天地明察」 冲方丁 映画 「シャーロック・ホームズ」 >>