「年間日本SF傑作選 超弦領域」/他
このエントリーを含むはてなブックマーク
最近読んだ本など。

a0030177_20555742.jpg「年間日本SF傑作選 超弦領域」 大森望・日下三蔵編
科学、幻想、ホラー、忍法帖、短歌、漫画、伝記など、いろんなジャンルが節操なくつめこまれたゴタまぜ感の強いアンソロジー。知らない作家・作品との思いがけない出会いが期待できるという意味では、こういう本が定期的に出るのはとてもありがたいです。でも収録作からお気に入りをピックアップしてみると伊藤計劃、円上塔、津原泰水、小川一水と、普段の自分の好みの範囲内から結局一歩も出てなくてしょぼん。


a0030177_20561151.jpg「徳川家康 トクチョンカガン」(上・下) 荒山徹
荒山徹による「影武者徳川家康」の本歌取り。先達の偉業を手あたりしだいにファックしまくるこの愛深き蛮行がいつまで許されるかわかりませんが、いちファンとしては彼のやりたいようにやってほしいと思うばかりです。ただし、今回はすでに細部まで隙なく組み立てられた先行作品があるためか、読む側からしてみるとどうも窮屈な感じでした。隆慶解釈へのカウンターとして、どうしても妥当性とかを比べてしまう。すると純粋にホラ話として楽しみにくくなる。いっそのこと影武者はじつは十人ぐらいいたとか、二郎三郎その人が朝鮮妖術師だったとか、大坂城にゴモラが出現とか、比べようがないほどむちゃくちゃな話にしてくれた方が僕にとってはよかったかもしれない。まあそれだといつもの荒山徹と何も変わらんけど。


a0030177_20564222.jpg「からん」 木村紺
最近の注目漫画。第1巻の冒頭で人物を大量に登場させ、誰が何者なのかわざと把握しきれなくしてしまうことで、入学卒業シーズンの学校に特有のあわただしさ、誰もがとぎすまそうとする人の第一印象に対する鋭敏さ、みたいなものまであらわしていそうなのを見て、「こやつできる!」とにらみました。スポーツ漫画としての足場を固めていきつつも、そこにはたらく女子校的な政治力学をほの見える程度に見せるさじ加減も絶妙。絵もうまいし、京都弁のセリフまわしも新鮮です。大切に追いかけていきたい作品。

─────
オンライン書店ビーケーワン:竹島御免状
新刊は久しぶりに朝鮮妖術×裏柳生で荒山先生大暴れだそうでござる。期待大。

「ペルディード・ストリート・ステーション」 チャイナ・ミエヴィル
ダークスチームパンクファンタジーアドベンチャー?よくわからんがそそられる。そのうちトライしてみる

海外版『人喰いの大鷲トリコ』発売日予想?
今年の11月ごろではないかという説が。発売を急ぐよりも十分に時間をかけて完成度を高めてくれるほうが嬉しいけど、一日も早くやりたいという気持ちも強い。待ち遠しいなあ

ハーラン・エリスンに「ドゥームズデイ・ブック」の宣伝文を頼んだらこんな返事が来たんだけどどうしたらいいの
「オレの意図とちがう意味に変更したら先祖もろともブチ殺してやる」といいつつ、ものすごく微妙なスペリング。(resistable は大昔の用法で、現代英語では普通 resistible を使うらしい)。これは悩むわ。引用がらみの裁判沙汰については数々の伝説をもつエリスンならではのネタでした。

[画像] 魔法使い出没注意
ガンダルフ印の道路標識。この道路はほかでもない、闇の森を通るその道なのです。

[ニコニコ] 【MMD】F.S.S.3D化計画 その3 ~踊る破裂の人形~
みんな大好きバングドール

氷と炎の歌 TVドラマシリーズ制作公式決定
めでたい
[PR]
by umi_urimasu | 2010-02-25 21:17 | 本(SF・ミステリ) | Comments(2)
Commented by hakuta at 2010-02-27 12:07 x
「からん」については僕も大いに同意してます。
一度だけアフタヌーンKC見て、一番面白かったので「これは単行本買わなきゃ」と思ってました。ところがあまり話題になりませんね。文化系がブームだから過小評価されてるなと思うけど、納得いかんと思ってます。
Commented by umi_urimasu at 2010-02-27 22:31
ぱっと見、内容が地味だったり、ストーリー進行がやや遅めだったりというところで、気の早い読者をつかみそびれてるのかもしれないですね。僕自身はそういうローテンポなところも含めたあの雰囲気が好きなので、そのせいでヒットしないならもう仕方ない、それでもかまわないと思っていますが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 荒山徹作品の再現コラ画像 「ブラッド・メリディアン」 コ... >>